エギのアップ写真

LQダーターは2024年リリースのスライディングダートを得意とするエギ!

FISHING JAPAN 編集部

フィールドでアオリイカの反応を観察していると、エギが幅広いダートアクションを繰り出すたびに、急接近を試みるケースがあることが分かります。

2024年DUELからリリースされる、LQダーターなら、特徴的なスライディングダートを駆使して誘えるのではないでしょうか。

そのスペックについて、詳しくご紹介します。

LQダーターとは

LQダーターとは、2024年DUELから新発売となる、エキングゲーム用のエギのことです。

設定されているサイズは、3.5号のみで、ウエイトは18gになっています。

キャストして着水してからの沈下スピードは、1m沈むのに約3.3秒かかります。

LQダーターの水中アクションに注目してください。

これまでのエギとは一線を画した、急角度で左右に繰り出される、スライディングダートを得意としています。

これにより、アオリイカはエギの存在に気づきやすく、また興味を持って接近する行動につながっていくでしょう。

実際にフィールドに出て、アオリイカを観察した経験がありますが、とにかく積極的に行動しようとする生き物です。

水面に何か落ちてきたら、ピューッ!と素早く泳いできて、自分の視野に対象物を収めようとします。

勢い余って近づき過ぎたら、手を伸ばしてパンチ!することも。

もしそれが、エビなどの甲殻類や、アジなどの小魚であれば、迷いなく抱き付いてボリボリとかじり始めるのではないでしょうか。

LQダーターがスライディングダートすることで、幅広い距離を左右に移動し続けます。

一瞬で自分の目の前から消え去るわけですから、何とか視野に収めておこうと、アオリイカは追従の動きを見せるでしょう。

それを何度も繰り返しているうちに、アオリイカは間合いを詰め過ぎてしまい、最終的にLQダーターを抱いてしまうはずです。

またLQダーターには、3Dレンズとインナーシートを搭載しています。

インナーシートに当たった光が反射して、3Dレンズを通って生命感溢れるナチュラルな光に切り換わります。

これが、アオリイカを惹き付けるのに役立つでしょう。

トリックフックやネオンフラッシュを搭載しているLQダーター!

LQダーターには、DUELオリジナルのパタパタフィンが、側面から1対伸びています。

水流や潮流があれば、左右に開いてパタパタとアクションし、それが有効な波動となってアオリイカに伝わるでしょう。

波動に気づいたアオリイカは、捕食対象の存在を認識して、LQダーターの後追いをするはずです。

トリックフックを装備していますから、針が適度に伸びて、根掛かりによるエギを失うトラブルを防いでくれます。

そのフック軸は、アピール度の高いケイムラ発色仕様に作られています。

またひと目で判別しやすいボディカラー表示が、トリックフックの付け根部分に表示されています。

LQダーターのカラーバリエーションには、ネオンフラッシュ適用のカラーが含まれていて、曇天時や濁り潮といった紫外線が届きにくい状況でも、しっかりカラー発光してアピールをおこないます。

さすがはDUEL、名機アオリーQを開発したメーカーらしい緻密で独創的なエギを、またもや世に出すことになります。

合計9種類のカラーバリエーションがラインナップ!

LQダーターには、全部で9種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●LFM深場グリーンカラー

●LYYR闇夜ローズカラー

●SBTPお月見パープルカラー

●KVMOまずめオレンジカラー

●KVSBすみ潮ブルーカラー

●KVVP日中ピンクカラー

●NLMにごりライムカラー

●NRDRどんよりレッドカラー

●NRBW藻場ブラウンカラー

個性的でよく目立つ配色が多く、釣り場でも視認性が高いでしょう。

当然アオリイカからもよく見えているはずで、エギに引き寄せるのに効果があるはずです。

LQダーターをキャストして操作するのにおすすめのスピニングタックルを選んでみた!

LQダーターをロングキャストしてロッドワークを繰り出すのに向いている、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、8ft以上の長さを持ったスピニングロッドが合うでしょう。

リールは、2500番から3000番程度のスピニングリールを用意すれば、しっかり飛距離を伸ばせるはずです。

スプールに巻くPEラインは、0.6号前後の極細タイプで試してみてください。

あまりに太いラインだと、風や潮流の影響を受けやすくなり、イメージ通りにLQダーターを操りにくくなるかもしれません。

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86MH・N

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86MH・N

最安値価格
¥15,656(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,898

楽天市場へ ¥18,022

Yahoo!へ ¥15,656

ダイワからリリースされているエギングゲーム専用のスピニングロッド・エメラルダスMXシリーズの中から、86MHをチョイスしてみました。

全長は2.59mと、とても扱いやすい長さのブランクスに仕上げられています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は134cmにまで縮まります。

ウエイトは105gですから、とても軽くてシャクリやすいでしょう。

ブランクスの先径/元径は、1.6/12.4mmと細め。

適合するエギサイズは、3.0号から4.5号までなので、LQダーターならじゅうぶん操れます。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96.0%に設計されています。

実際に手に取ってみると、バットからベリーにかけて、強い張りを持ったブランクスだと感じました。

これなら2kgクラスの大型アオリイカが掛かっても、安心してやり取りを楽しめるでしょう。

グリップは細身で握りやすく、シャクリなどのロッドワークを繰り出しやすく作られています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロングキャストも考慮すれば、しっかりと張りの備わったブランクスのスピニングロッドを選びたいところ。

このエメラルダスMXなら、納得のいく使用感を得られるでしょう。

ダイワ(DAIWA) エギング用リール 23エメラルダス(EMERALDAS) RX FC LT2500S

ダイワ(DAIWA) エギング用リール 23エメラルダス(EMERALDAS) RX FC LT2500S

最安値価格
¥23,116(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,948

楽天市場へ ¥23,166

Yahoo!へ ¥23,116

ダイワから発売されているエギングゲーム専用のスピニングリール・エメラルダスRXシリーズの中から、2500番サイズのノーマルギア仕様を選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1巻きにつき72cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは175gと軽め。

ボールベアリングは7個搭載されていて、ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルアームの長さは、50mmです。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすい印象を持ちました。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転の追従性もスムーズです。

ドラグの利きも俊敏で、これほどのライン送りをしてくれるなら、ライトラインでも大型アオリイカと対峙できるでしょう。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に抑えられているのが嬉しいです。

ダイワのエメラルダスシリーズは、外観コスメに統一感があるので、ロッドとリールで揃えたくなります。

エギングゲームに対しての基本性能はバッチリで、さまざまなシチュエーションで活用しやすいと感じるでしょう。

LQダーターの気になる発売日はいつ?

LQダーターの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、オープン価格です。

スライディングダートというアクションがあれば、これまでなかなか反応してくれなかったアオリイカも、とらえられるかもしれません。

エギのカンナはとても鋭くて危険なので、取り扱いにはじゅうぶん注意しましょう。

新製品の関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

エギ(餌木)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング