タコのアップ写真

タコ釣りの時期っていつごろがいいの?釣り方やおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

タコ釣りが盛んにおこなわれるようになってきました。

船釣りはもちろん、防波堤や湾内といったショアからのタコ釣りも人気が高まっていますよ。

大阪湾の各港を巡ってみても、太いロッドにタコエギをぶら下げている人を、よく見かけるようになりました。

ここでは、タコ釣りのおこなう時期や釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

「タコって年中釣れるんじゃないの?」

確かにいつでも掛かってくるのですが、ショアから釣りやすいのは新子が動き始める季節ですね。

タコ釣りの時期っていつなの?

タコ釣りに適している時期を知るには、タコの習性を把握することから始めましょう。

タコは、春に産卵をおこないます。

産んだ卵を親ダコは守っていて、それが孵化すると一生を終えてしまいますよ。

新子のタコは、積極的に捕食を繰り返して、どんどん大きく成長していきます。

この時期が夏ごろなので、タコの数釣りをおこないたければ夏がおすすめ!ということになります。

当然秋から冬になると、タコのサイズはめっちゃ大きなものに。

大型タコを釣りたい人は、冬に狙ってみるのがいいでしょう。

ただし、タコは捕食対象に合わせて移動してしまいますから、防波堤や湾内などで手軽に釣れるケースは稀に。

「えっ、釣りにくいよりも釣れやすいほうがありがたいな!」

それなら、夏の時期にタコ釣りを実践するのがベターです。

タコの釣り方は、専用のエギ=タコエギを用意して、それを支えられるロッド・リール・ラインを揃えましょう。

アオリイカのエギングゲームで使うエギよりも、大きくなりますし、カンナも大型でハリ先も長め。

タコがエギを抱いてきたら、ラインに動きが出てロッドティップが曲がります。

目で見て分かる変化なので、フッキング動作には移行しやすいでしょう。

掛かったら、とても重く感じます。

まるで水を含んだコンビニ袋が引っ掛かったような、ずっしり感。

それがそのうちに動き出すのですから、通常の魚釣りとは明らかに異なりますね。

早めにタコを浮かせておかないと、ボトムや防波堤の壁にへばり付いてしまいます。

そうなると、なかなか外れてくれないので、取り込みが厄介なことに。

足には吸盤が無数に付いていますから、それらで吸い着いて離されまい!と抵抗するわけです。

ロッドは硬めで剛性のあるもの、リールは両軸リール、ラインは強度のある太目のPEラインが不可欠ですよ。

グイグイ引っ張り続けて、何とかタコを引き離すように努めましょう。

タコの習性を知って釣りに活かそう!

タコの習性で知っておきたいのは、真水を嫌うということ。

海水に棲むタコが真水に触れる機会といえば、雨降りの直後ですね。

独特の濁りが入るので、そういう釣り場やシチュエーションでは、タコ釣りをおこなわないようにしましょう。

粘っても、タコ自体が移動してしまっていて、そこに居ない確率が高いでしょう。

河口域などの真水の影響を受けやすい釣り場も、タコ釣りには向いていないと判断してください。

ただし、この習性を知っているアングラーが結構いるので、小雨でも釣り場の人口密度は下がります。

人が少なければタコが釣れる確率は上がるので、チャレンジしてみる価値はありそうですね。

水の濁りに対して、よく目立つカラーのタコエギを選んでみてください。

タコ釣りに使うエギに工夫を凝らしてみよう!

タコ釣りのエギに餌を装着すると、もっと釣れるようになります。

具体的には、テンヤ仕掛けのように、タコエギの背中部分にサバなどの魚の切り身をスーパーで購入して、ワイヤーで縛り付けてしまうのです。

ニオイに引き寄せられたタコは、タコエギもろともしっかり抱き付いてきますよ。

しかも一旦抱き付くと、なかなか離れなくなります。

効率よくタコを釣るために、エギ+餌のハイブリッドなアプローチを試してみてください。

実際に工夫を凝らしてタコを釣っている動画を見つけましたので、チェックしてみましょう。

タコ釣りを楽しんでいる動画はこちら

ショアからのタコ釣りにマッチしたおすすめタックルをピックアップ!

それではショアからのタコ釣りに使ってみたい、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、専用ロッドから。

硬くてパワーのあるもので、操作性が高ければバッチリですよね。

両軸リールを装着できるリールシート・グリップになっているものを選びました。

メジャークラフト タコロッド ベイト 3代目 クロステージ タコロッド CRX-B662H/TACO 6.6フィート 釣り竿

メジャークラフト タコロッド ベイト 3代目 クロステージ タコロッド CRX-B662H/TACO 6.6フィート 釣り竿

最安値価格
¥9,864(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,645

楽天市場へ ¥10,384

Yahoo!へ ¥9,864

メジャークラフトからリリースされている、ショアからのタコ釣り用ベイトロッドです。

防波堤などで、バーチカルなアプローチに使える設計になっていますよ。

全長6.6フィートとやや短めですから、足元をこまめに探るのに向いています。

適合するタコエギのウエイトは、最大で56グラムです。

適合するPEラインは、最大で5号まで。

ブランクスは、ファーストアクションに仕上がっていますよ。

実際に試してみると、持ち重り感がさほどなく、操作性は高いものになっている印象ですね。

タコエギを真下に落とし込んで、ゆらゆらと誘いをかけてみてください。

タコが足を伸ばしてきても、すぐにはフッキングせず、しっかり抱き込むまで待ちましょう。

このロッドなら、防波堤の壁に吸着されても、あとで引き剥がせるパワーが備わっています。

実売価格は1万円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

軽くキャスティングして広範囲を探ることも可能ですし、防波堤以外にも砂浜の波打ち際でも、タコを誘えるので活用したいですね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021 300XGLH RIGHT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021 300XGLH RIGHT バス釣り

最安値価格
¥24,937(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,287

楽天市場へ ¥25,330

Yahoo!へ ¥24,937

シマノから新発売となった、太いラインを豊富に巻くことができるベイトリールです。

ギア比が7.9対1ですから、ハンドル1回転で107センチもラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は8.0キロと高めで、自重は315グラムもあります。

スプール寸法は、直径が43ミリで幅22ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら5号を140メートル巻けますよ。

実際に手にしてみると、質実剛健な印象のリールですね。

スプールサイズはかなり大きくて、ラインキャパもじゅうぶんありますから、タコ釣り用の太糸を使いやすいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

キャスティングにも適していますから、タコエギを沖合いへ投げて、地形変化をなぞる釣り方にも活用できそうです。

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ(タコ) タコやん3.5号 E1339-DLPT ピンクタイガー タコ釣り

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ(タコ) タコやん3.5号 E1339-DLPT ピンクタイガー タコ釣り

最安値価格
¥740(Yahoo!)

Amazonへ ¥892

Yahoo!へ ¥740

ヨーヅリブランドから出ている、タコ釣り専用のエギです。

ボディ自体には浮力が与えられていて、ボトムに着くのはシンカーウエイトのみ。

これなら複雑な地形でも、根掛かりを抑えられますよね。

サイズは3.5号でウエイトは42グラム、ウエイトのみなら30グラムになっています。

ボディカラーは塗り仕様なので、タコの吸盤がよく吸い着いてくれますよ。

またラトルが内蔵されていますから、音でタコを引き寄せることも可能です。

お腹周りから伸びているシリコンラバーも、誘いの要素に満ちていますよね。

実売価格は800円前後と、とても安い価格帯に収まっています。

異なるカラーを揃えておいて、タコの反応のいいものを見つけてみましょう。

ピンク系やチャート系といった膨張色なら、タコを集めることが可能です。

夜釣りならグロー系カラーが効果的ですが、このタコエギには標準で装備されています。

タコ釣りの時期や習性を把握してビッグサイズをゲットしよう!

タコ釣りの時期や習性・釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

タコエギの最後尾に付いているカンナを見てください。

かなり長めで鋭くなっていますから、取り扱いにはじゅうぶん注意しましょう。

海へキャストする際は、自分の周囲に誰もいないことを確かめてからにしたいですね。

タコのアタリは明確なので、いつでもフッキングできるように心づもりをしてください。

ラインの出が止まったり、ピンと張り詰めたら、タコがエギを抱き始めているサインかもしれませんよ。

タコの関連記事はこちら

エギ(餌木)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング