リールのアップ写真

シマノのスピニングリール特集!おすすめアイテムの実力チェック

FISHING JAPAN 編集部

多くのアングラーの間で高い支持を誇っているのが、シマノのスピニングリールです。

ステラを手に取ってみれば、その質感・剛性感に圧倒されますし、ヴァンキッシュに至っては、その軽さ=扱いやすさに驚かされます。

ここでは、実際にシマノのスピニングリールをフィールドで使ってみた感想について、詳しくご紹介しましょう。

シマノのスピニングリールを実釣インプレ①ステラC2500S

シマノのスピニングリールの中で、ハイエンドスペックと称されているのが、ステラシリーズです。

先に2500SHGを入手してフィールドで使っていましたが、ようやく違う番手も購入できるようになってきたので、こちらのC2500Sも手に入れてみました。

ギア比5.1対1なので、ハンドルの巻き心地はとても軽やかでしっとりしています。

多少の負荷が掛かっても、そのままハンドルを回し続けられる安定感のようなものが、しっかりと備わっている感じでしょうか。

ラインキャパは、PEラインの0.6号を200m巻けるので、いわゆる2500番と同じ。

スプールサイズに対して、ボディサイズがコンパクトに設計されていますから、ウエイトはなんと175gしかありません。

となると、ラインを多めに放出するドリフト釣法で潮目を狙うような、ライトソルトウォーターゲームなどに積極的に使えそうです。

C2000番サイズでは、ラインが少し足りないかな?と感じていた人は、この番手を手に取ってみるのも面白いでしょう。

ステラシリーズには、常に先進の技術が盛り込まれます。

実際に使ってみて、スゴイ!と感じたのは、アンチツイストフィンです。

ラインローラーの下辺り、ちょうどラインを拾い始めるところに、薄い樹脂フィンパーツが付いています。

これが糸ヨレしかかったラインに触れると、スプールに巻くころには発生していたループが、キレイになくなっているのです。

当然スプールからラインがはみ出しているような状態は一掃され、キャストの際には常に安定したライン放出ができるようになっています。

スピニングリールと糸ヨレトラブルは、切り離せないデメリットだと諦めていたのですが、このアンチツイストフィンの登場で、スピニングリールを用いた釣りが変わるでしょう。

新しいヴァンキッシュシリーズにも搭載されることになったこのパーツ、他機種にもどんどん広がって欲しいものです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 ステラ C2500S ステラ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 ステラ C2500S ステラ

最安値価格
¥9,229(Yahoo!)

Amazonへ ¥78,157

楽天市場へ ¥78,157

Yahoo!へ ¥9,229

シマノのスピニングリールを実釣インプレ②ストラディックSW4000XG

シマノのSW系スピニングリールの中から、ストラディックSWの4000番サイズを選んでみました。

エクストラハイギア仕様なので、ロングキャストしてもテンポよく回収して、次のキャストに移れます。

ハンドル1回転につき、101cmものラインを巻き取れるのは、かなり大きな強みとなるでしょう。

巻き心地はとても滑らかなので、リトリーブを続けるのがツライ!という展開にはなりにくい印象です。

ラウンドタイプのハンドルノブは握りやすく、青物が掛かって走られても、しっかり対処できます。

PEラインの2号を240mもストックできますから、重めのメタルジグや鉄板系バイブレーションルアーなどを駆使して、防波堤・サーフ・磯場などからアプローチしてみてください。

ドラグの利きも良好なので、時間をかけた魚とのやり取りにも向いています。

実売価格が2万円台と、とてもコスパ優秀なのも魅力のひとつでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000XG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000XG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

最安値価格
¥22,000(楽天市場)

Amazonへ ¥24,000

楽天市場へ ¥22,000

シマノのスピニングリールを実釣インプレ③ツインパワーC3000MHG

シマノのスピニングリールらしい剛性・耐久性を体感しながら、滑らかな使用感も得られるのが、ツインパワーシリーズです。

シーバスゲームをメインに、海・河川でのキャスティングゲームを実践するなら、このC3000番サイズは外せないでしょう。

ウエイトは215gと軽く、長時間の釣行でもあまり疲れを感じることはありませんでした。

最大ドラグ力は9.0kgとじゅうぶんで、ラインキャパはPEラインなら、1.2号を150m巻けます。

実際に70cm以上のシーバスを複数本掛けても、スムーズに足元まで引き寄せることができました。

ドラグレスポンスは良好で、ボディがたわんでしまってハンドルを回しにくい!という展開は、一度もありませんでした。

長く手元に置いて、じっくり使い続けられるスピニングリールを探しているなら、このツインパワーシリーズを選択肢に加えてみてください。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー C3000MHG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー C3000MHG バーサタイル

最安値価格
¥46,847(amazon)

Amazonへ ¥46,847

楽天市場へ ¥54,488

シマノのスピニングリールを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

シマノのスピニングリールを装着してフィールドで使ってみたくなる、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

ワールドシャウラシリーズなら、バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームにも幅広く活用することができます。

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 18 ワールドシャウラ 2653R-3 スピニングモデル (SiCリングガイド)

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 18 ワールドシャウラ 2653R-3 スピニングモデル (SiCリングガイド)

最安値価格
¥67,551(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥67,936

Yahoo!へ ¥67,551

シマノのルアーキャスティングゲーム用スピニングロッド・ワールドシャウラシリーズの中から、比較的ショートレングスなタイプを選んでみました。

全長は1.98mに抑えられているので、さまざまなシチュエーションで振り切りやすいでしょう。

継数は3本で、仕舞寸法は130.0cmになっています。

ウエイトは120gと軽めで、先径は2.2mmと太め。

適合するルアーウェイトは、10gから30gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから20lbまで。

PEラインなら、最大で2.5号まで使うことができます。

グリップの長さは231mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、99.9%です。

実際に手に取ってみると、張りがじゅうぶん備わっていて、手元感度は高めな印象です。

淡水の鯉が掛かっても、強い引きをしっかり受け止めながら、水面まで浮かせることができました。

3ピース構造で仕舞寸法が130cmに収まっているので、航空機に積み込んで離島遠征などにも活用しやすいでしょう。

実売価格は6万円台と、ハイエンドスペックに見合った価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100M シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S100M シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥14,784(楽天市場)

Amazonへ ¥15,250

楽天市場へ ¥14,784

Yahoo!へ ¥14,784

コスパ優秀なスピニングロッドとして人気が高いのが、シマノのムーンショットシリーズです。

全長が3.05mもあるので、軽く振り抜くだけで飛距離を伸ばすことができるでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は156.0cmになります。

ウエイトは166gと軽めで、先径は1.8mm。

適合するルアーウエイトは、8gから42gまで。

これならライトショアジギングゲームもシーバスゲームも、バッチリ楽しめそうです。

適合するPEラインは、0.8号から2.0号までになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.8%です。

実際にフィールドで使ってみると、継目は安定していて、チカラを込めたフルキャストを繰り出しても、問題なく飛距離を伸ばすことができます。

ガイドにはラインが絡まりにくく、手返しのいい連続キャストをおこなえるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても購入しやすい価格帯に収まっています。

シマノのスピニングリールを駆使して釣りを楽しもう!

シマノのスピニングリールの実釣インプレや、マッチしそうなおすすめロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

コンパクトなボディサイズからビッグサイズまで、対象魚や釣り方に合わせて選べるようになっています。

そのどれもが一定以上の質感を保持しているので、シマノユーザーの所有満足度は高いでしょう。

実際に魚を掛けたときの安心感は、他メーカーの追従を許さないのではないでしょうか。

さまざまなタイプのスピニングリールを駆使しながら、未だ見ぬビッグフィッシュを追いかけてみてください。

2023年新製品関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング