ルアーのアップ写真

青天井は2023年NEWリリースの巨大ブレード付きトップウォータールアー!

FISHING JAPAN 編集部

巨大なコロラドブレードがお腹側に付いている、新しいトップウォータールアーが2023年ティムコから登場します。

その名は、青天井(あおてんじょう)。

いったいどんな仕上がりになっているのか、その使い方も含めて詳しくご紹介しましょう。

バスはもちろん、ナマズやライギョにもバッチリ効きそうなフォルムです。

青天井とは

青天井とは、2023年ティムコからリリースされるトップウォータールアーのことです。

全長は65mmと、とてもコンパクトに設計されています。

これなら大小さまざまなサイズのフィッシュイーターたちを、バイトに持ち込めるでしょう。

ウエイトは、18g程度もあるので、通常のベイトタックルでキャストできてしまいます。

フローティング仕様でリップらしきパーツは付いていませんから、水面で操って誘いをかけるタイプのルアーです。

フックは、5番サイズのトレブルフックが、左右の側面と最後尾に合計3つ装備されています。

横方向からの甘噛みバイトでも、フッキングに持ち込みやすい設定といえるでしょう。

最後尾のトレブルフック横には、3gの鉛製円錐状ウエイトがぶら下がっています。

ウエイトパーツがボディの外側に後付けというのは、なかなか大胆で面白い着想です。

自分で外すことができるので、異なるアクションやアプローチも楽しめるでしょう。

そして何より注目したいのが、お腹側に付いている巨大なコロラドブレードです。

ルアーの進行方向に対して垂直にぶら下がっていて、広範囲で水流をとらえる仕組みになっています。

ブレードは左右にアクションし、トレブルフックと干渉するでしょう。

その擦れる金属音とボディのロールアクション、加えてフラッシング効果が、バスを効率よく誘うようになっています。

ボティサイズがコンパクトなので、最後尾のトレブルフックにも干渉するかもしれません。

こうなると、かなり複雑でイレギュラーな音が常に響き渡ることになり、バスの威嚇対象にも捕食対象にもなり得るでしょう。

青天井の使い方はどうすればいいの?

青天井の有効な使い方は、シャローレンジを広範囲に探ることが挙げられます。

潜行しようとしないトップウォータールアーなので、かなり浅い場所でも難なく泳がせることができるでしょう。

逆に深場に隣接している垂直岩盤エリアでも、岩盤をなぞるようにトレースすると、突き上げバイトを拾えるかもしれません。

スローにリトリーブしてもしっかりとした波動や干渉音が響くのであれば、釣れる確率は一気に高まるはずです。

風の強いシチュエーションなら、風下エリアを攪拌するのに使ってみるのも、とても有効でしょう。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

青天井には、全部で6種類のカラーバリエーションが用意されています。

●マットブラックカラー

●セクシーピンクカラー

●シャートダズラーカラー

●レッドブラウンタイガーカラー

●ワカサギウララカラー

●オリーブシャッドカラー

ソリッドな配色から膨張色まで揃っているので、自分の好みに合わせてカラーを選べます。

水面で誘うルアーですから、シルエットがくっきり出るタイプのほうが、バスに見つけてもらいやすいでしょう。

青天井をロングキャストしてリトリーブするのにおすすめのロッドを選んでみた!

青天井をロングキャストして水面をスローリトリーブするのに向いている、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

Mパワー以上のブランクスのベイトロッドなら、さまざまなシチュエーションで使いやすいはずです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ ベイト 1610M トラディショナルバーサタイル ショアから大型バスボートまで

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ ベイト 1610M トラディショナルバーサタイル ショアから大型バスボートまで

最安値価格
¥29,800(amazon)

Amazonへ ¥29,800

楽天市場へ ¥33,495

Yahoo!へ ¥35,822

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・ポイズンアドレナシリーズの中から、Mパワーブランクスモデルを選んでみました。

全長は2.08mとやや長めなので、振り切るとかなりの飛距離を叩き出せるでしょう。

1ピース仕様で、先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

グリップの長さは240mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、100.0%になっています。

実際に手に取って振ってみると、とても張りがあって振り抜きやすく感じました。

ロッドティップに負荷がかかると、しなやかにベリーまで曲がり込んでくれます。

これならバックスイングをしっかり取って、前方に押し出すようなキャストを実践しやすいでしょう。

実売価格は2万円から3万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

青天井をキャストして着水させたら、ラインスラックを取って、ややたるませ気味にリトリーブを続けてください。

青天井の気になる発売日はいつ?

青天井の気になる発売日は、2023年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,530円です。

水温が上がってきたら、トップウォータールアーへの反応が良くなります。

カバーや地形変化など、さまざまなポイントへ向かって、青天井をフルキャストしてみましょう。

側面のトレブルフックにカバーが引っ掛かる可能性がありますから、上手く操作してすり抜けてください。

2023年新製品関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング