釣り人のアップ写真

ベースバックパック20Lで源流・渓流域のトラウトゲームを満喫したい!2022年新ソフトバッグ

FISHING JAPAN 編集部

源流や渓流エリアでイワナ・ヤマメ・アマゴをターゲットにしたトラウトゲームを展開するには、さまざまなタックルや水・食べ物・雨具などを持ち込まなければなりません。

2022年シマノから新発売となるベースバックパック20Lなら、手軽に背負って多くのアイテムを釣り場に持ち込むことができるでしょう。

その特徴や使い方、おすすめの渓流トラウトゲーム用タックルをご紹介します。

ベースバックパック20Lとは

ベースバックパック20Lとは、2022年にシマノからリリースされる、縫製タイプのソフトバッグのことです。

背中に背負って持ち歩くことができるので、両手がフリーの状態で釣り場を移動可能です。

当然ロッドを振り、リールハンドルを回せますから、効率よく釣りを楽しめるでしょう。

サイズ設定は、外寸が14×33×49cmで、内容量は約20Lも確保されています。

これほど大きな容量なら、ルアーやルアーケース・フック・スナップ・スプリットリング・ショックリーダーライン・巻き換え用のPEライン・レインウエア・水などの飲み物・食べ物・ゴミ袋などを、数多く入れることができるでしょう。

ただし、あまり重くなってしまうと、歩くだけで疲れてしまうので、釣行前に自宅で一度詰めてみて、そこから量を絞り込んでいくのがベターです。

例えば、動画撮影用のカメラは、周辺部品がやたらと多くなりがち。

あれもこれもと持ち込むようにすると、軽快に釣りをしている様子を撮影できなくなってしまいます。

静止画や動画は、スマホでも撮影できますから、必要最小限に抑えることを重視したほうがいいでしょう。

ベースバックパック20Lの表面には、撥水加工が施された生地を配置しています。

生地の素材は、ポリエステルです。

小降りの雨はもちろん、源流・渓流から浴びた水飛沫に濡れても、中に染み入ってしまう展開にはほぼなりません。

濡らしたくないものを保管するのに便利でしょう。

またメインポケットの天面・上面にファスナーが装着されているので、カンタンに開けて中身を取り出すことができます。

ミノーや鉄板系バイブレーションルアーなどを素早く取り出してラインに結び、手ごわいイワナやヤマメをバイトに持ち込んでください。

肩にかかるベルト部分には、モールシステムが採用されています。

ここにサコッシュやポーチを取り付ければ、カンタンなタックル収納スペースを作り出せるのです。

トータルウエイトも抑えられますから、肩・腰にかかる負担も抑えられるでしょう。

側面部分にロッドを取り付けることのできるベースバックパック20L!

ベースバックパック20Lの側面部分に注目してください。

ロッドのグリップ部分を差し込める、ロッドホルダー用のポケットが設けられています。

移動の際にロッドを束ねてここに差しておくと、邪魔にならずに源流・渓流の岸を歩くことができるでしょう。

両手がフリー状態になるので、転倒などの歩行トラブルを未然に防ぐことにもなりそうです。

リールはロッドから取り外して、ベースバックパック20Lの中に収納しておくようにしましょう。

ベースバックパック20Lのカラーは1種類!

ベースバックパック20Lには、1種類のカラーがラインナップされています。

●グレーカラー

とてもシンプルでベーシックな色合いですから、さまざまな服装のカラーにマッチさせやすいでしょう。

自然の中でも目立ちにくく、魚に刺激を与えてしまうような展開にはなりにくいかもしれません。

それでも歩く際の姿勢は、常に低くして、魚から見つけられないよう配慮したいものです。

ランディングネットをぶら下げておくと、魚が掛かったときに対処しやすいでしょう。

ベースバックパック20Lのデモンストレーション動画はこちら

渓流トラウトゲームを楽しめるおすすめタックルを選んでみた!

源流・渓流トラウトゲームを楽しむのに適した、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

ブランクスの短いスピニングロッドにすれば、キャストしやすくさまざまな種類のルアーを操れます。

6ft以下の長さぐらいが、振りやすくフッキングやランディングも決まりやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) トラウトロッド カーディフNX 2021 S48UL-4 トラウト釣り

シマノ(SHIMANO) トラウトロッド カーディフNX 2021 S48UL-4 トラウト釣り

最安値価格
¥21,483(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,596

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥21,483

シマノのカーディフシリーズの中から、マルチピースで持ち運びの便利なスピニングロッドを選んでみました。

全長は1.42mと短めで、継数は4本。

仕舞寸法は、なんと39.8cmにまで縮まるようになっています。

自重は69gと軽めで、先径は1.5mmと細め。

適合するルアーウェイトは、1gから7gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまで、PEラインなら0.2号から0.6号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92.8%です。

実際に手に取って継いでみると、4ピースモデルとは思えないしなやかさと、絶妙な張りがブランクスに同居しています。

フラットサイドのシンキングミノーを急な流れの中に通しても、そのアクションから発生する振動が手元にしっかり伝わってきます。

バックスイング時のしなりもじゅうぶんで、意図したピンポイントにしっかりルアーを届けることが可能です。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

ガイドバランスも絶妙で、大きな弧を描くような展開になってもじっくり粘れるのが嬉しいです。

釣行後は継目部分にゴミなどが入らないように、水洗い+拭き取りメンテナンスを丁寧におこなってください。

作業後は暗がりに保管して乾燥させておくと、次回の釣行でもすぐに取り出して使えるでしょう。

各ガイドが繊細な作りなので、ロッドケースから取り出す際は慎重に扱うようにしたいものです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000SHG 渓流トラウト ライトソルト全般

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000SHG 渓流トラウト ライトソルト全般

最安値価格
¥24,178(楽天市場)

Amazonへ ¥24,201

楽天市場へ ¥24,178

シマノのヴァンフォードシリーズから、小型で扱いやすいC2000番のハイギアモデルをピックアップします。

ギア比は6.1対1ですから、ハンドル1回転につき82cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kgです。

自重は150gとかなり軽めで、一日中ハンドルを回していても、さほど疲れを感じることはないでしょう。

ハンドルの長さは45mmで、スプール寸法は直径が43mmでストロークが13.5mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを100m、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に釣り場へ持ち込んで使ってみると、ハンドルは軽やかに回りますし、ローター回転の立ち上がりも俊敏な印象です。

魚からの負荷が掛かってからも、ドラグを駆使しながら巻き取りを維持しやすいのは嬉しいです。

ハイギア設定のほうが、ラインスラックを回収しやすく、次のキャストに移りやすいのでおすすめです。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

C2000番サイズは、渓流トラウトゲームはもちろん、エリアトラウト・ライトソルトウォーターゲームにも転用可能なので、1台持っておくととても便利です。

ベースバックパック20Lの気になる発売日はいつ?

ベースバックパック20Lの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、13,900円です。

バックパックは、アウトドアブランドメーカーからも数多くリリースされていますが、釣具メーカーであるシマノが作ったものなら、釣りに幅広く活用できるでしょう。

他の収納アイテムと組み合わせて、自分なりの使いやすいセッティングを作り上げてください。

2022年モデルの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング