ルアー 写真

大型クロソイも釣れちゃう!?ストローを使った究極のハンドメイドエビルアーがすごすぎる!

FISHING JAPAN 編集部

岩場にいるカサゴやソイ、メバルなどの根魚を狙う時に、効果を発揮するエビ系ワーム。

各メーカーでも、エビやカニに似せたワームがたくさん発売されていますよね。

多くの釣り人が市販のものから最良のものを選び、釣りに出かけていますが、今回ご紹介したいのは、手作りのエビルアーです。

自分で真心を込めて手作りしたルアーで魚が釣れると、それ以上の喜びはないはずです。

かなりクオリティーが高く、よく釣れているルアーなので、釣り人の皆さんもチャレンジする価値ありますよ!

目次

  • ストローで作られたエビルアー
  • 大型クロソイも釣れています!
  • エビルアーの作り方は?
  • セッティングやカラーは?

ストローで作られたエビルアー

このルアーで使われているのは、ストローと針金のみです。

とてもシンプルですが、その一方作り方はとても複雑・・・

お金はかかりませんが、時間は少しかかるので、あまり失くしたくないルアーです。

ただその苦労に見合うだけの釣果は、非常に期待ができます!

とてもリアルなエビにそっくりな見た目で、魚を食わせますよ!

大型クロソイも釣れています!

このルアーを作成したぼう太郎さんは、実際の釣行でも使用しています。

その釣行動画では、見事40cmのクロソイを釣り上げることに成功し、このエビルアーの凄さを証明しました。

他にも目がよく、警戒心が強いとされるメバルやムラソイも釣れています。

本動画は、釣り人の関心を多く集め、現時点で視聴回数14万回を突破しています。(2018年7月2日現在)

使い方は、ちょんちょんとアクションさせながら海底を引いていきます。

実釣動画をご覧ください!

エビルアーの作り方は?

用意するのは、ストローとハサミ、針金、接着剤です。

まずストローの曲がる部分より下を潰して、輪になっているストローの形状を平べったくします。

そして下から曲がる部分に目がけてストローを半分に切ります。

切った片方は四等分になるように、さらに折り目のついた部分を半分に切ります。

もう一方は2等分のままで、長さだけ短くします。

4等分になったストローを、2等分のストローに結びつけ、エビの頭を作ります。

ちょうどいい大きさになるまで、この作業を繰り返し行います。

2頭分の余ったストローをさらに4等分に切り、細かく切って触覚を作ります。

それに加え、結びつけて頭を作ったストローの余りで、エビのハサミとアシを作ります。

ハサミの部分はストローに折り目をつけて、関節を作ります。

触覚や手足の部分は、かなり細かな作業になるので、ぼう太郎の動画を参考にしてみてください。

最後に尻尾を作り、ペンで目玉を書いて完成です!

作成動画をご覧ください!

セッティングやカラーは?

アイの長さを見るため、一度エビのお腹から針金を通します。

ペンチで針金を曲げてアイを作り、針金の長さを短くします。

反対側もペンチで曲げて、アイができたらフックとブレードを取り付けます。

それをエビのおしりから通して、接着剤でとれないように補強します。

そして、シンカーをつければ完成です!

慣れるまでは、作るのにかなり苦労しそうですが、練習あるのみです!

ストローには様々なカラーがあるので、カラーラインナップも豊富にできそうですね。

特に薄めのカラーのほうが、よりエビの見た目に近づいて、よく釣れるそうですよ!

釣り人の皆さんも、ぜひエビルアーを作って、楽しい釣りに出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング