初心者でもタチウオが釣れる!昼よりも夜が好釣果って知ってた?夜タチウオの「引き釣り」「ウキ釣り」「沖釣り」のコツ・仕掛けを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

これからタチウオ釣りをやってみたいという方!

まずは「夜釣り」から始めてみませんか?

タチウオは夜行性で、夜明け前や日没前後に活性が上がり、警戒心が弱まります。

そのため、昼よりも夜の方が釣りやすいという特長があるんです。

そこで今回は、数あるタチウオ釣りの中でも、初心者の方におすすめしたい「夜釣り」について、詳しくご紹介します。

タチウオの夜釣りに関する釣り方・コツ・仕掛けなど、知っておきたい情報が満載です。

初心者の方のみならず、日頃からタチウオ釣りを楽しまれている方にも必見の内容となっていますよ!

目次

  • 夜の太刀魚(タチウオ)の釣り方
  • 【太刀魚(タチウオ)の引き釣り】薄暮どきは引き釣りがベスト
  • 【太刀魚(タチウオ)の引き釣り】ベストの時合いを逃すな
  • 【太刀魚(タチウオ)の引き釣り】取り込みは一気に抜き上げる
  • 【太刀魚(タチウオ)のウキ釣り】ウキ釣りはのんびり派に軍配
  • 【太刀魚(タチウオ)のウキ釣り】ウキの光り滲んだら合わせる
  • 【太刀魚(タチウオ)の沖釣り】納涼気分で楽しむ夜の沖釣り
  • 【太刀魚(タチウオ)の沖釣り】上へ上へと探っていくのが基本

夜の太刀魚(タチウオ)の釣り方

タチウオを夜に釣る場合、釣り場は「陸っぱり」と「沖」に分かれます。

特に、陸っぱりの釣り方としては、「引き釣り」と「ウキ釣り」があります。

それでは早速、陸っぱりでの「引き釣り」と「ウキ釣り」、船上で行う「沖釣り」を順番に見ていきましょう。

【太刀魚(タチウオ)の引き釣り】薄暮どきは引き釣りがベスト

タチウオの引き釣りは、シマノの太刀魚ゲッターや防波堤用のテンヤを使います。

竿は引き釣り専用のものがないので、適当な価格帯のシーバスロッドがお勧めです。

長さは3m前後で、硬さはMクラスぐらいがいいでしょう。

シマノのディアルーナXRシリーズやダイワのモアザンエキスパート87LMLなどがお勧めです。 

リールは3000番クラスのスピニングリールで十分です。

スズキやチヌ釣りのようにレバーブレーキを使ってやり取りする釣りではないので、ごくスタンダードなスピニングリールで構いません。

3、4号のナイロン糸が最低150m巻けるものがいいですね。

キビナゴのエサを使うときは、エサが簡単につけられるタチウオゲッターが使いやすですよ。

ドジョウエサの場合は、防波堤用の小型テンヤにドジョウを縛り付けて下さい。

生きたドジョウを使うのでエサづけが少し面倒ですが、1匹つけると簡単には取られないので、何匹かのタチウオを釣ることが出来ます。

【太刀魚(タチウオ)の引き釣り】ベストの時合いを逃すな

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY