クーラーボックスのアップ写真

トランク大将Ⅲの発売日が気になる!2021年ダイワからリリース予定の人気クーラーボックス

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのビッグサイズなクーラーボックスといえば、トランク大将シリーズですよね。

既存モデルのトランク大将Ⅱをベースにして、細部をリニューアルしたのが、このトランク大将Ⅲ。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

「青物をそのまま放り込めるクーラーボックスって、なかなか無いんだよなぁ、、」

その通り!内寸サイズが70センチを超えるトランク大将Ⅲなら、安心して青物釣りを楽しめますよね!

トランク大将Ⅲとは

トランク大将Ⅲとは、2021年新発売となるダイワのクーラーボックスのことです。

内容量は50リットルで、注目の内寸サイズは、285×730×230ミリ。

最も長い魚で、73センチまでならすっぽり収納することが可能です。

近海に回遊する青物やマダイ・タチウオ・ヒラメ・マゴチ・ロックフィッシュ・イサキなど、さまざまな魚種をそのまま放り込めますよね。

高い保冷力を誇る、3面真空モデルを最上位機種として、4種類の保冷力から選ぶことができるようになっています。

①TSS 5000X・・・3面真空パネル+ウレタン

②SU 5000X・・・1面真空パネル+ウレタン

③GU 5000X・・・ウレタン

④S 5000X・・・スチロール

釣り場までの距離が遠ければ、保冷力の高い断熱材の入ったトランク大将Ⅲが必要になってきますね。

設置されている各部へ目を移すと、握りやすいサイドハンドルが標準で付いています。

それから底部にはキャスターが装備されていて、持ち上げなくても運べるのが嬉しいですね。

保冷材や氷と一緒に、釣り上げた魚を満載するわけですから、かなりの重量になるはず。

元々の乾燥重量が10.5キロから9キロあるので、この状態を持ち上げるとなると、とても大変です。

女性や子供ではまずムリ。

そこで頼りになるのが、キャスターなんですよね。

キャスターとは逆の位置に装着されているサイドハンドルは握りやすく、てこの原理で持ち上げるのもラクラク。

釣り場からクルマまで、結構離れているケースが多いので、このスペックは助かりますよ。

トランク大将Ⅲにも付いている人気のふんばるマン!

トランク大将Ⅲには、大口径の水栓が付いています。

氷が解けて水になってしまったら、その場で放出したいですよね。

その水抜きは、カンタンにおこなうことができます。

また底部には、大型のふんばるマンが設置されていて、ボートデッキ上でも滑らずに踏ん張ってくれますよ。

常に濡れているボートデッキは、波でよく揺れて滑りやすいので、このスペックはありがたいですね。

トランク大将Ⅲの上フタに注目!

トランク大将の上フタは、取り外しが可能になっています。

洗浄メンテナンスの際に、とても便利ですよね。

しかも左右へ両開きするようにも切り換えができますよ。

大型の魚投入口も付いているので、保冷状態をキープしたまま魚を収納できるのがいいですね。

この上フタは、運搬する際に誤って開いてしまわないように、サイドロックできっちり固定することが可能です。

トランク大将Ⅲ以外にも充実しているダイワのクーラーボックスシリーズ!おすすめアイテムはこちら

トランク大将Ⅲ以外にも、さまざまなサイズのクーラーボックスをリリースしているダイワ。

扱いやすいものや、持ち運び便利なものが、豊富に揃っていますよ。

中でも流行りのライトソルトウォーターゲームを楽しむなら、このモデルがイチ押しです。

クールラインキャリーII S 1500

クールラインキャリーII S 1500

最安値価格
¥15,080(amazon)

Amazonへ ¥15,080

楽天市場へ ¥15,086

Yahoo!へ ¥15,080

ダイワから発売中の、コンパクトに収まるキャリーハンドル付きクーラーボックスです。

2021年に入ってリニューアルされ、とても扱いやすくなっていますよ。

このキャリーハンドルのおかげで、さまざまな釣り場ポイントへ移動するのがとても楽です。

また大型の静音キャスターが底面に付いているので、中身が重くなっても運びやすいですよ。

横幅は、電車の改札も通れるサイズになっていますから、電車による釣行も積極的におこなえます。

背面の小物入れには、500ミリリットルのペットボトルが丸々入ります。

背面ハンガーもありますし、CPラゲッジネットが取り付けできるフック溝も付いています。

両開きタイプの上フタは、取り外して洗浄することも可能です。

真空パネル1面+ウレタン・ウレタン・スチロールの中から、断熱材の種類を選べるのも嬉しいですね。

こちらのモデルは、Sタイプなので、断熱材はスチロールです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

アジングやメバリングを楽しんで、釣った魚を持ち帰るのに重宝するでしょう。

トランク大将Ⅲの気になる発売日はいつ?

トランク大将Ⅲの気になる発売日は、2021年の7月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、29,500円から53,400円に設定されています。

保冷力の高いほうが、価格も高くなっているので、購入の際には必ず確認してください。

カラーバリエーションは、保冷力ごとに切り換えられています。

TSSがパールカラー、SUがガンメタカラー、GUがレッドカラー、Sがブルーカラーですね。

保冷材も新たに開発されたものは、とてもコンパクトになっていますから、収納量を圧迫せずにクーラーボックスを扱えるでしょう。

クーラーボックスの関連記事はこちら

クーラーボックス」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング