魚のアップ写真

グレってどんな魚なの?特徴や釣り方・食べ方を詳しくチェック!

FISHING JAPAN 編集部

磯釣りをメインに釣りを楽しんでいるアングラーなら、グレをメインターゲットにしているケースが多いのではないでしょうか。

つぶらな瞳に青黒く輝く体色、可愛いイメージがあるものの、ひとたび食い付けば強烈な引きでロッドをひん曲げてくれます。

ここでは、磯釣りの対象魚・グレについてご紹介しましょう。

「名前はメジナじゃないの?」

西日本では口太グレ・尾長グレの名前で、広く知れ渡っています。

ロッドやウキにまで、グレの名称が冠されているものが販売されているぐらいですから、馴染み深い呼び名といえるでしょう。

グレとは

グレとは、スズキ目メジナ科の海水魚のことです。

小さ目の若魚なら、防波堤周りでたくさん浮いていることがありますが、サイズが大きくなってくると本格的な磯場で狙う対象となります。

磯釣りでフカセ釣りを展開している人を見かけたら、まずはグレ狙いと考えていいでしょう。

グレと人気を二分するチヌも、磯場で狙うことがありますが、ロッドの長さやアプローチ方法に違いがあります。

ここでは、グレについてクローズアップしてみましょう。

グレの生息域は、北海道から東北エリア・本州沿岸・瀬戸内海・九州と、かなり広いエリアになっています。

各地でさまざまな釣り方が編み出されていますが、基本的にはウキを用いたフカセ釣りスタイルになりますね。

グレの産卵時期は、冬の終わりごろから夏にかけて。

結構長い期間に渡って産卵が絡みますから、釣り方もそれに合わせる必要があるでしょう。

雑食性なので、甲殻類からハバノリのような藻まで、積極的に食べてきますよ。

その地域に則した餌に切り換えていくことで、釣果アップを図ることができます。

産卵を控えた春には脂が乗り、食べて美味しい時期といえそうですね。

水温が上がってくると、やや磯臭いニオイが身から漂います。

特に気にせず食べるのですが、苦手な人はこの時期のグレを口にしないですね。

グレをさばく際に、腹骨の周囲にニオイの強い箇所があります。

そこを腹骨を削ぎ取るのと同じようにして、きっちり切り取っておくと食べやすいですよ。

グレの白子や卵巣はとても美味しいので、ぜひ料理にして食べてみてくださいね。

グレの釣り方をチェック!

グレの釣り方は、なんといっても磯釣りによるフカセ釣りスタイルでしょう。

専用の振り出し式ロッドに、レバーブレーキ付きのスピニングリールを使うのが主流になっています。

紀伊半島では、ベイトリール(昔は赤ABUの5000番)に2号から3号程度のラインを巻いて、ハリと餌だけを結んで潮に流す、完全フカセ釣りがおこなわれてきました。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、磯場から釣り師が立ち退いた夕刻ごろに釣りをスタート。

沖へ向かってどんどんラインを流していく釣りスタイルで、オモリやウキなどが付いていない分、ナチュラルな誘いができているのかもしれません。

長いグラス素材の磯竿を用いるので、この釣りスタイルを実践している人は、遠くからでも見つけることができますよ。

道糸がハリスになっているわけですから、仕掛け自体はシンプルそのもの。

なおかつベイトリールなので、ドラグを利かせながらのやり取りにはなり得ません。

じっくり時間をかけてグレを引き寄せ、ランディングできたときの嬉しさは格別ですね。

また口太グレに関しては、ルアーを果敢に追いかける習性を持つことが分かってきました。

ミノーやバイブレーションなどをキャストしてロックフィッシュを狙っていると、いきなり強烈なバイトでロッドが曲げられることが。

正体は丸々太った口太グレで、がっつり食い付いてくることがあります。

磯場はもちろん、磯に使い河口域でも釣れたりするので、新しいグレの釣り方が構築できるかもしれませんね。

グレの食べ方は刺身・塩焼きがおすすめ!

グレの食べ方は、刺身や塩焼き・煮付け・汁物などに調理するのがおすすめです。

さばき方は、基本的な三枚おろしでOK。

しっかりとウロコ取り器でウロコを外してから、包丁を入れるようにしましょう。

お腹が太って硬く張っているものは、内蔵脂肪が膨らんで脂が乗っている証拠です。

丁寧に包丁を入れながら、調理を進めていきましょう。

グレを丁寧にさばいて料理している動画はこちら

グレ釣りに使いたいおすすめタックルを選んでみた!

それではグレ釣りに使ってみたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

磯場に限らず、防波堤でも使えるようなロッドとリールがあれば、初心者の人もグレ釣りを習得しやすいですよね。

長過ぎず重過ぎず、扱いやすいものなら、こちらはいかがでしょうか。

ダイワ 21 波濤 1.25-53・N

ダイワ 21 波濤 1.25-53・N

最安値価格
¥21,000(amazon)

Amazonへ ¥21,000

楽天市場へ ¥23,100

Yahoo!へ ¥22,110

ダイワから発売中のベーシックな磯竿です。

波濤シリーズは、昔から馴染みの深いダイワの磯釣りアイテムで、磯場・防波堤などのさまざまなシチュエーションで活躍してくれますよ。

全長は5.30メートルと、グレ釣りをするには申し分ない長さが与えられています。

継数は5本で、仕舞寸法は117センチにまで縮まりますから、荷物の多い磯釣りスタイルでも楽に運べるでしょう。

自重は202グラムとやや軽め、先径/元径は0.7/23.8ミリと繊細な仕様になっています。

錘負荷は1号から4号まで、適合するハリスは1.2号から2.5号までですね。

ブランクのカーボン素材含有率は、99パーセントに設定されています。

実際に手にしてみると、シャープで振り抜けがよく、ブレの収束も早めで扱いやすい印象です。

グリップ周りの肉厚は抑えられているので、軽く握って保持できるのがいいですね。

メガトップの穂先は繊細で曲がりが柔軟、グレの乗りを安定したものにしてくれるでしょう。

穂先周りのガイドが、Fuji製のカーボン樹脂フレームになっていますから、軽さの要因となって釣りそのものを支えてくれています。

ラインの絡まりも少ない印象で、長時間操るのに集中力が途切れにくいのも嬉しいメリットです。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

グレ釣り専用というだけで、とても高価なものが多いですから、ダイワのロッドでこの価格帯ならコスパ優秀といえるでしょう。

ブランクにガイド合わせマークが付いているので、ガイドのセッティングをスピーディーにおこなえますよ。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 シグナス 3000H-LBD (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 シグナス 3000H-LBD (2019モデル)

最安値価格
¥21,480(amazon)

Amazonへ ¥21,480

楽天市場へ ¥23,430

Yahoo!へ ¥22,000

ダイワからリリースされている、磯釣り用レバーブレーキリールです。

とても低価格に設定されているので、グレ釣りを今から始めたい初心者の人にしっかり響くでしょう。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転で93センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は285グラムで、重過ぎず軽過ぎずといったところでしょうか。

最大ドラグ力は8キロ、最大ブレーキ力は14キロになっています。

ラインキャパは、ナイロンラインなら4号を150メートル巻けます。

ブレーキレバーには、BITURBO専用アルミタイプが装着されていますよ。

実際に手に取ってみると、レバーブレーキの操作がシンプルで、指先でレバーを引けばOFFになり、押せばONに切り替わります。

ラインを送り出したり、しっかり止めたりといった操作とストッパー機能を、レバー操作ですぐに対応できるのがいいですね。

操作に慣れやすいので、実釣でも使いこなすのに時間がかかりません。

ベーシックなレバーブレーキリールの機能が搭載されていることで、グレ釣りがより一層楽しくなるはずです。

実売価格は2万円台と、とても安い価格に収まっていますよ。

ロッドと一緒にリールも購入したい人に、訴求力の高いアイテムとなっています。

グレ釣りをマスターして大物をゲットしてみよう!

グレの特徴や釣り方。食べ方、おすすめのタックルを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

磯釣りの専門知識は、幅広くて奥の深いものですから、まずは対象魚をよく知ることから始めてみましょう。

そして釣り場へ出向くときには、ベーシックなタックルを携えてスタートを切るのが、無理なくグレ釣りを続ける秘訣かもしれません。

それから磯釣りの先輩はとても重要で、釣り方や磯場でのルール・マナーなども、しっかりレクチャーしてもらうようにしましょう。

磯釣りの関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング