ロッドと釣り人の写真

ヘチ竿を使って大型チヌを釣りたい!特徴や使い方・おすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

足場の高い防波堤に行ったら、足元を覗いてみてください。

すると大型の黒く太ったチヌが、壁にへばり付いたカラス貝やカニを食べる光景を目にすることができます。

このチヌを釣るために開発されたのが、ヘチ竿です。

ヘチ釣りはアクションこそ地味ですがよく釣れるので、ぜひ一度ヘチ竿を持ってこの独特な釣りを体験していただきたいのですが、ヘチ竿には多種多様なタイプのものがあるため、初心者の方は特にどれを選べば良いか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、ヘチ竿を選ぶうえで重要なポイントを解説し、初心者から上級者まで納得して使える、編集部おすすめのヘチ竿をご紹介します。

人気釣具メーカーからおすすめのヘチ竿をピックアップしていますので、ぜひ購入時の参考にしてくださいね!

ヘチ竿の基礎知識

ヘチ竿とは、チヌ(=クロダイ)のヘチ釣りで用いるロッドのことです。

ヘチとは海に設置されている防波堤や護岸の際、もしくは壁のことで、そのような壁際にピッタリ張り付いているチヌを釣り上げるスタイルを、ヘチ釣りと言います。

様々な魚が泳いでいる中からチヌだけを釣り上げるには、独特の誘いと食わせのテクニックが求められます。

ヘチ竿の専用仕掛け

ヘチ竿に装着する専用の仕掛けを見てみましょう。

まずはよく刺さるチヌ針、それからオモリ(=ガン玉)を用意します。

チヌ針には、餌となるカラス貝やカニを付けてください。

この餌は釣り場で現地調達できるのが特徴で、熊手のような道具を用いて防波堤の壁を擦りながら採取します。

釣り餌として使う分だけ採って、あとは海へ帰してあげましょう。

カニはネット袋に魚の切り身を入れてロープをつなぎ、海中へ投げ入れておくと採取できます。

ネット袋の網目をやや細かいものにしておくと、カニの足が引っ掛かって確保しやすくなります。

ヘチ竿を使った基本の釣り方

ヘチ竿を使った釣り方の基本は、自らの足を使って歩くことです。

仕掛けを防波堤から壁に沿って落とし込んでは、アタリが無ければ移動を繰り返します。

どんどん移動していくことが手返しを高めることになり、釣れるチヌの数が増えるきっかけになるでしょう。

ヘチ竿でロングキャストをする必要はありません。

軽くアンダーハンドキャストをおこなって、仕掛けを落とし込むようにしましょう。

リールは、ギア比1対1のタイコリールがアプローチしやすくおすすめです。

この組み合わせで使うと、仕掛けが表層にあるときからチヌが食い付いてくる確率が高くなります。

手元にビビッと変化を感じたら、しっかりとヘチ竿を振り上げてフッキングしてください。

その際、壁沿いに振り上げるのではなく、壁から沖向きに引き離すようにアワセると、チヌにラインを擦られて破断されてしまうのを防げるでしょう。

美しい弧を描いて大きな負荷に耐えるヘチ竿は、とても力強くかつ頼もしく見えますね。

ヘチ竿で前打ちや落とし込みは実践できるの?

ヘチ竿とそっくりのロッドアイテムとして、前打ち竿と落とし込み竿が存在します。

ハッキリと区別する必要はないようにも感じるのですが、それぞれの発祥について触れておきましょう。

まずヘチ竿は、関東エリア発祥のヘチ釣りで用いられるものです。

3mほどのコンパクトな竿で、目印のない状態の仕掛けにして、糸フケがどう変わるかを見定めるアプローチをおこないます。

一方前打ち竿は、名古屋エリア発祥の釣り方で用いられます。

竿の全長は5mと長めで、ケーソンなどの人工ストラクチャーに付いたチヌを誘います。

落とし込み竿に関しても名古屋エリアが発祥の釣り方ですが、こちらは3~4mの竿を使います。

落とし込み竿が他の竿と違うのは、ラインに目印を付けることです。

これは仕掛けをしっかり落とし込みつつ、落とすスピードに変化をつけてアタリを呼び込むためです。

ヘチ釣りの注意点とコツは?

ヘチ竿を用いて、実際にチヌを狙ってみました。

足場の高い釣り場なので、あまりにも前傾して立つと非常に危険です。

ライフジャケットは必ず着用し、少し顔を覗かせる程度で壁や水中の確認をしてください。

その際、足音を立てるのは厳禁です。

なぜなら、チヌが一気に沈んで口を使わなくなってしまうからです。

水面に人影を落とさないように配慮しながら、丁寧に仕掛けを打っては歩きながら移動する、を繰り返してください。

するとボトムまで落とす前に、何らかの変化がラインに表れます。

糸フケが出ている状態にしておけば、チヌの食いも深くなるでしょう。

ヘチ竿を用いて実際に大型チヌを狙う様子は動画でチェック!

釣り具メーカー・がまかつの公式YouTubeチャンネル『gamakatsumovie』では、ヘチ竿を使って防波堤からチヌを狙う様子を視聴することができます。

動画内では、チヌが潜むポイントや釣り方のコツを分かりやすく解説しています。

実際に使用したタックルについても紹介されているので、ヘチ竿を使ったチヌ釣りに挑戦してみたい方も必見です!

ヘチ竿を選ぶときのポイント

さて、実際にヘチ竿を選んでいきたいところですが、レパートリーが多く、何を基準に選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこでまずは、ヘチ竿を選ぶうえでチェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

ヘチ竿の長さ

ヘチ竿の長さは、1.8m程度のものから3.5mを超えるものまで幅広いラインナップがあります。

汎用性が高く標準的に使えるのは、全長2.5~3m程度のヘチ竿です。

これを基準にすると、取り回しやすさを重視する方には短めのショートロッドが、風の影響を受けずアタリの取りやすさを求める方には長めのロングロッドがおすすめです。

また、チヌ釣りを楽しみたい釣り場の足場の高さに合わせて長さを選ぶのも良いでしょう。

ヘチ竿の硬さ

硬さに関しても、釣りをおこなうポイントに合わせて選びましょう。

柔らかい竿はハリスが切れにくい特徴があり、障害物が少ない釣り場に適しています。

一方、硬めの竿はフッキング後にチヌを素早く浮かせられるため、入り組んだポイントでの使用におすすめです。

ヘチ竿の軽さ

ヘチ竿を持ったまま移動することを考えると、竿の自重も確認しておく必要があります。

あまりにも重いものを選んでしまうと、疲れを感じてしまい釣りに集中できません。

リールを装着することも想定し、重くても180g程度に留めておくと安心です。

おすすめのヘチ竿をピックアップ!

ここからは、ヘチ竿(前打ち竿、落とし込み竿も含む)の中から、実釣で使ってみたいおすすめのロッドをピックアップしてご紹介します。

先に述べたヘチ竿を選ぶうえでチェックしたいポイントを踏まえ、Amazonで評価やレビューが高いものを中心にまとめています。

今回はダイワやシマノをはじめとした人気釣具メーカーから厳選しました。

ぜひ自分に合ったヘチ竿選びの参考にしてくださいね!

多点ガイドで視認性抜群

プロックス (PROX) CX攻技ヘチ CXSHT27 TE 270

プロックス (PROX) CX攻技ヘチ CXSHT27 TE 270

最安値価格
¥8,489(楽天市場)

Amazonへ ¥10,648

楽天市場へ ¥8,489

Yahoo!へ ¥8,999

プロックスからリリースされている、防波堤用のヘチ竿です。

ガイドが多く設置されているのでスムーズな曲がりを実現し、難なくチヌを浮かせることができます。

穂先はホワイト塗装にオレンジ糸巻きを採用しており、視認性が高いので暗い時間帯での使用にも最適です。

【全長】2.7m
【自重】133g

操作性に優れた落とし込み竿

プロックス 落とし込みヘチ OTH27 270

プロックス 落とし込みヘチ OTH27 270

最安値価格
¥9,529(Yahoo!)

Amazonへ ¥9,818

楽天市場へ ¥9,890

Yahoo!へ ¥9,529

同じくプロックス製の落とし込み竿です。

ソリッドティップは高感度かつ視認性も良く、操作性に優れています。

また、スタンディングの釣りではお腹に竿尻を当てることでロッドの安定性を保持するため、接触部分に痛みを感じやすくなります。

それを解消すべく、こちらの落とし込み竿には木製の竿尻当てが付いているので、大型のチヌを釣り上げたいときにも重宝します。

【全長】約2.7m
【自重】196g

2段階切り替え可能

宇崎日新 ロッド プロステージ ナンバー2WAY攻堤ヘチ 2724

宇崎日新 ロッド プロステージ ナンバー2WAY攻堤ヘチ 2724

最安値価格
¥13,147(amazon)

Amazonへ ¥13,147

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

宇崎日新からリリースされている、チヌ釣り用のヘチ竿です。

全長が2段階に切り換え可能なので、釣り場のシチュエーションに応じて使い分けてみましょう。

片手でも振り回しやすい自重とコンパクトな仕舞寸法のおかげで、持ち運びにも最適です。

グリップ部分には滑り止め防止処理が施されているので、濡れた手で触っても安定感があります。

穂先は視認性の高いカラーで配色されており、チヌが食い上げたときでも曲がりに変化が出てアワセやすいでしょう。

【全長】2.7-2.4m
【自重】125g

機能性に優れたコスパ優秀ヘチ竿

宇崎日新 インヴィクタ ヘチ 2402 M

宇崎日新 インヴィクタ ヘチ 2402 M

最安値価格
¥23,914(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,925

楽天市場へ ¥26,180

Yahoo!へ ¥23,914

同じく宇崎日新製の、機能性に優れたヘチ竿です。

視認性の高いカラー穂先やステンレス製のヒジ当て、滑りの良いSICガイドを搭載しています。

また、ベタつき防止処理塗装が施されており、スムーズに仕掛けを投入することができます。

この塗装のおかげで、雨の日や湿気の多い日に道糸が竿にへばりつく心配がありません。

【全長】2.4m
【自重】125g

持ち運びやすいモバイルヘチ竿

宇崎日新 モバイルフォース ヘチ 2555

宇崎日新 モバイルフォース ヘチ 2555

最安値価格
¥26,862(amazon)

Amazonへ ¥26,862

楽天市場へ ¥28,655

Yahoo!へ 取扱なし

5本継で仕舞寸法57㎝の、携行性に優れたモバイルヘチ竿です。

細身かつ軽量に作られているにもかかわらず、感度やホールド性に優れています。

ブランクスに施されたベタつき防止処理塗装により、安定した操作性を叶えます。

【全長】2.55m
【自重】150g

強いブランクスパワーが魅力

がまかつ がまチヌ へちさぐり銀参郎 MH2.4

がまかつ がまチヌ へちさぐり銀参郎 MH2.4

最安値価格
¥50,335(楽天市場)

Amazonへ ¥51,230

楽天市場へ ¥50,335

Yahoo!へ 取扱なし

こちらはがまかつ製の、とても扱いやすいヘチ竿です。

全長は取り回ししやすい長さに、自重は安定したロッドワークを繰り出しやすいウエイトになっています。

軽量で大型なヒジ当てが装備されていて、実用性は極めて高い印象です。

ヒジ当てが付いていることのメリットとしては、やり取りの際にヒジがロッドからズレてしまうのを防げることや、フッキング時にエネルギーを針先に集中させられることが挙げられます。

実際に手にしてみるとブランクスのパワーがかなり強く、掛けたチヌを水面まで浮かせる際も主導権を奪われることなくやり取りできます。

【全長】2.4m
【自重】135g

デザイン性の高さに定評あり

黒鯛工房 THE ヘチ リミテッド 硬調 黒285T

黒鯛工房 THE ヘチ リミテッド 硬調 黒285T

最安値価格
¥33,000(楽天市場)

Amazonへ ¥35,200

楽天市場へ ¥33,000

Yahoo!へ ¥33,000

黒鯛工房のヘチ竿は、デザイン性の高さに定評があります。

高感度なチタン穂先や濡れても滑りにくいグリップを搭載しており、アタリが取りやすいのが魅力です。

使いやすさとデザイン性の両方を求める方におすすめのヘチ竿です。

【全長】2.85m
【自重】164g

完成度の高いハイスペックモデル

黒鯛工房 黒鯛師 THEヘチセレクションXT V-スペック305

黒鯛工房 黒鯛師 THEヘチセレクションXT V-スペック305

最安値価格
¥32,560(amazon)

Amazonへ ¥32,560

楽天市場へ ¥32,560

Yahoo!へ 取扱なし

同じく黒鯛工房からリリースされているこちらのヘチ竿は、初代モデルから幾度もリニューアルされてきた人気のシリーズです。

高感度で折れにくいチタン穂先はもちろん、高強度なカーボン素材を採用しているので、微細なアタリも分かりやすく掛かったチヌを逃しません。

軽量なアルミ製のヒジ当てやロッドベルトが付いているのも、嬉しいポイントです。

【全長】3.05m
【自重】142g

コスパ優秀な入門ヘチ竿

プロマリン CB 銀竜ヘチ 300

プロマリン CB 銀竜ヘチ 300

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

コスパ優秀なロッドを取り揃えるプロマリンからも、専用のヘチ竿がリリースされています。

全長は長めにデザインされているので、人影を落としたくない釣り場で重宝します。

アタリが取りやすい高感度な作りになっており、入門用ヘチ竿としてもおすすめです。

【全長】3.0m
【自重】161g

安定感抜群のパワーモデル

ダイワ(DAIWA) チヌ(クロダイ)ロッド ブラックジャックスナイパーヘチ・V XH-270MK・V 釣り竿

ダイワ(DAIWA) チヌ(クロダイ)ロッド ブラックジャックスナイパーヘチ・V XH-270MK・V 釣り竿

最安値価格
¥26,257(楽天市場)

Amazonへ ¥26,781

楽天市場へ ¥26,257

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワからリリースされている、操作性とパワーを兼ね備えたヘチ竿です。

こちらのモデルは9:1の超先調子タイプになっており、チヌを一気に浮かせたいときに最適です。

スクリューシートにはホールド性やグリップ力の高い素材を使用しており、ブレを感じることなく安定感のあるやり取りを実践できます。

【全長】2.7m
【自重】156g

ヘチ竿を駆使して大型チヌを仕留めよう!

今回はヘチ竿の特徴や選び方、おすすめモデルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヘチ竿を使ったチヌ釣りは足場の高い場所でおこなうので、安全に配慮して楽しむことが大切です。

特別な準備は必要なく、基本のタックルを揃えるだけで手軽に始められるからこそ、ヘチ竿選びにはこだわりたいものです。

今回ご紹介した選び方やおすすめのヘチ竿を参考にして、自分にぴったりの1本に出会ってくださいね!

チヌの関連記事はこちら!

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング