魚のアップ写真

コバンザメってどんな魚なの?生態やかわいいイラスト・実食動画もチェック

FISHING JAPAN 編集部

まるで空を飛ぶ怪獣ギャオスのような頭が個性的な、海に泳ぐ魚・コバンザメです。

サメと名前に付いているから、がっつり噛み付いてくる狂暴な印象を持つかもしれませんが、どうやら別種の魚らしいですよ。

あつ森でもかわいいと人気で、海を眺めて背びれの飛び出た魚影を見つけたら、竿を出してみましょう。

そんなコバンザメの実際の生態や特徴について、詳しくご紹介します。

サメでないとしたら、どんなふうに生きているのか興味が湧いてきますよね。

コバンザメとは

コバンザメとは、スズキ目コバンザメ科の魚のことです。

サメじゃない!といわれても、結構フォルムがサメ寄りですよね。

世界の熱帯・亜熱帯エリアに広く分布しているので、よく知られている存在のようです。

泳いでいる深さは、20メートルから50メートルくらいまで。

大型の海洋生物、例えばウミガメや巨大魚・船などにくっ付いて生活しているのが特徴です。

イラストで描かれるとこんな感じ、かなりかわいい雰囲気に仕上がっています。

片利共生スタイルのコバンザメ

コバンザメが成長すると、最大で1メートルを超える程度の体長になりますが、よく見かけるのは70センチくらいのものでしょうか。

頭部の背中側に小判のような形をした吸盤があって、これを使って大型のサメやウミガメ・カジキ・クジラなどに吸い付きます。

そしてそれら海洋生物が食べたエサのおこぼれを、横からかすめ取って生きているわけです。

また海洋生物に付いている寄生虫や排泄物を捕食しているケースもありますよ。

こういうコバンザメの生活スタイルを、片利共生と呼びます。

「なぜ片利なの?」

読んで字のごとく、片方にだけメリットのある共生スタイルだからです。

コバンザメはおこぼれを食べて生きていけますが、ウミガメはコバンザメから何ももらっていませんからね。

「えっ、でも体に付いた寄生虫を取ってもらっているじゃん!」

なるほど、もしかするとウミガメは、とてもありがたい存在だとコバンザメのことを思っているかもしれませんね。

サンゴ礁エリアを好むコバンザメ

コバンザメは、サンゴ礁エリアに棲み付いているケースも見られます。

その場合は共生スタイルではなく、単独で泳いでいることもあるとのこと。

サンゴ礁の周囲にいるエビや小魚を捕食する習性を持っていて、水質をキレイに保ってくれる役割を果たしていますよ。

海の掃除屋さんということになれば、評価は一気に上がるでしょう。

実際にサンゴ礁の多い国々では、コバンザメを重宝に感じていることもあるのだとか。

これで食べて美味しければ、いうことなしですね。

コバンザメを食べてみよう!どんな味?

コバンザメを食べている動画を見つけました。

丁寧に包丁を入れながらさばいていて、とても分かりやすく作業しているのが印象的です。

食べる習慣がひんぱんに発生すれば、もっと身近な存在になるのは間違いなさそうですね。

でも魚屋さんに足を運んでも、コバンザメが並んでいるのは見たことがありません。

この動画のように、さばき方や料理の方法が分かれば、食べることにチャレンジする人が増えてくるでしょう。

そうなると魚屋さんも、コバンザメを仕入れざるを得ない展開に。

ぜひどんな味なのか、自分でさばいて食べてみたいですね。

コバンザメをさばいて美味しそうに食べている動画はこちら!

コバンザメの産卵時期

コバンザメの産卵時期は、夏に始まり秋の間におこなわれているようです。

外洋性の魚ですから、日頃は外海を泳いでいるので姿を見かけません。

ところが産卵時期を迎えると、ショアからかなり近いエリアにまで接岸してくる習性を持っています。

もしコバンザメを釣るつもりなら、この接岸のタイミングを逃す手はないでしょう。

でも、どんなタックルや餌を使えばいいのでしょうか?

後ほどじっくり考えてみましょう。

コバンザメの吸盤

コバンザメ最大の特徴といえば、頭部の背中側に付いている吸盤の存在です。

よくこんな機能を持ったものが、身体の表面に現われたな!と思ってしまいますよね。

海洋生物の体に強力に吸い着いて、カンタンには離れてしまわない構造になっていますよ。

吸盤には複数のスリットが入っていて、吸い着くと後ろ向きに倒れるようになっています。

それが吸着を生む構造ですから、外したければ前方にスライドさせれば、ポロリと取れます。

スキューバダイビングなどで足や太ももに吸い付かれても、前ずらしで取ってみてくださいね。

コバンザメを釣るのにおすすめのタックルはこちら!

それでは、コバンザメを釣るためのおすすめタックルをご紹介しましょう。

沖縄や九州地方の防波堤から、餌を付けて投げ釣りスタイルで釣っているケースがあります。

餌は、小魚やエビ・ゴカイなどの虫系で対応できますよ。

タチウオ釣りの餌でよく用いる、キビナゴなどを転用してみてはいかがでしょう。

シマノ(SHIMANO) 振出 ロッド エギング スピニング フリーゲーム S86ML-4

シマノ(SHIMANO) 振出 ロッド エギング スピニング フリーゲーム S86ML-4

参考価格:¥9,356

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノの振出式ルアーロッド・フリーゲームです。

長さ8.6フィートで自重140グラムと、ライトタックル寄りなスペックですから、気軽に釣りを楽しむことができます。

キャストできるのは35グラムまで、10号程度のオモリや天秤仕掛けで投げ釣りを展開してみると、コバンザメに届くかもしれませんよ。

仕舞寸法は74.1センチと短めですから、常にクルマに積んでおいて、釣りができるように準備しておきたいものです。

大物狙いやより遠投を試みたいときは、もう少し長めのフリーゲームを選んでください。

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド コルトスナイパー MHパワー ショアジギング S1000MH 10フィート

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド コルトスナイパー MHパワー ショアジギング S1000MH 10フィート

参考価格:¥29,535

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ショアジギング用の2ピースロッドです。

MHパワーですから、大型のコバンザメが掛かってもじゅうぶんにやり取りできるでしょう。

キャスト可能なウエイトは、80グラムまで。

これなら遠投の利くジェット天秤も活用できますね。

自重297グラムと300グラムを下回る扱いやすさですから、しっかりとフッキングもこなすことが可能です。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 4000

シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック 4000

参考価格:¥19,670

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノのストラディック4000番なら、4号ラインを150メートルも巻けるので、遠投することもコバンザメの引きにも耐えることができるでしょう。

もっと太いラインを使いたいなら、リールの番手を上げてみてください。

自重280グラムでギア比5.3対1、扱いやすい設定なのでキャストを繰り返しながら、広範囲にポイントを探ってみるのが効果的でしょう。

早く巻き上げたい場合は、ギア比の高い機種を選んでアプローチしたいですね。

ハヤブサ(Hayabusa) P166 ライトショット 立つ天秤スマッシュ  #2 10号

ハヤブサ(Hayabusa) P166 ライトショット 立つ天秤スマッシュ #2 10号

参考価格:¥435

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

重さ10号の天秤です。

これにハリスとフック、そして餌を付けてキャストしてみましょう。

ハヤブサの立つ天秤なら、ボトムに落としても根掛かりしにくく、リトリーブを開始すると一気に浮き上がってくれますよ。

ハリスは太目でフックも大き目がいいでしょう。

ノマセ仕掛けのイメージで、カンタンに折れたり曲がったりしないフックを選びたいものです。

金龍 ヘッター付Hライン 青物ノマセ ホワイト 6号

金龍 ヘッター付Hライン 青物ノマセ ホワイト 6号

参考価格:¥566

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

金龍からリリースされている、のませ専用のフックです。

漁師さんが使っている太軸タイプのアジ鈎の形をしたフックで、大物の青物狙い用です。

小魚などの活餌をしっかり保持しながら、貫通性の高さや太軸の強度を備えていますよ。

バラシが少ないと定評なので、コバンザメ釣りにもじゅうぶん対応できるでしょう。

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(極太) 青イソメ

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(極太) 青イソメ

参考価格:¥554

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣り場近くで、生餌が手に入らない場合を想定して、このパワーイソメも持参しておきましょう。

虫系の餌も捕食するコバンザメですから、このワームも食べてくれる可能性があります。

アジングタックルなどで、餌となる小魚を先に釣る!という手段もあるのですが、うまく釣れなかったときは、ワームなどのルアーで代用できる備えをしておくのも大切です。

フックにふさ掛けにして、ボリューム感を出すようにしておくと、アピール度が増して食い付いてくれるかもしれませんね。

コバンザメを釣って食べてみよう!

コバンザメの生態や特徴・実食動画や、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

なかなかコバンザメを釣る機会には恵まれませんが、もし沖縄や九州地方へ出向くならチャレンジしてみても面白いかもしれませんね。

携帯しやすい投げ釣りタックルを持参して、地元で有効な餌を調達したら、いざフルキャスト!

大物が掛かっても取り込みできるように、ランディングネットは必ず持参するようにしましょう。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング