ビンチョウマグロを抱える釣り人の写真

釣りガールもキンメダイ爆釣!ライトキンメで上手に釣り上げるコツはコレだった!タックルや食べ方まで大公開!

FISHING JAPAN 編集部

高級魚であるキンメダイは、一年中狙うことの出来る釣り物ではありますが、特に初夏にかけてのこの時期は大型が狙えるチャンスを迎えます。

そんなキンメダイを愛知県の大山沖に釣りに行ってきました。

迫力のある釣行風景や使用したタックルについて合わせてご紹介します。

大山沖のポイントでキンメダイを狙う!

今回の釣行も同行者は、CLUB SANGO、ORCA NAGOYAでDJをされているDJ TOMOYAさんとDJ NANAさん、プロカメラマンのTANAさんの釣り好き最強メンバーです。

当日は5時の出船に向けて、4時半に乗り場に集合しました。

出船してからポイントまでは、約2時間程で到着。左舷に全員並びになり、NANAさん、TANAさんは5本針、TOMOYAさんは8本針で釣りをスタートしました。

ライトキンメでは、実は朝イチにアタリが最も多く出るとされています。

今回もその例にもれず、1投目からTOMOYAさんにアタリが出ました。

そのまま追い食いをさせてからゆっくりと電動で巻き上げます。

巻き上げ速度は船長が指示してくれましたよ。

数分かけて巻き上げると赤くて美しい魚体が登場!なんと本命キンメダイの6点掛けでした。

さらにその後、TANAさん、NANAさんにもアタリが出て本命キンメダイを全員釣り上げる事に成功しました。

キンメダイの他にもクロムツ、クロシビカマス等食べて美味しい高級魚が釣れるのがこの釣りの魅力だと改めて感じました。

ライトキンメのコツとしては、カケアガリを流す釣りなので常に底を取りながらキープする事。

また、キンメダイの口は切れやすいのでゆっくり巻き上げる事。

そして繊細なアタリをキャッチする為に柔らかいロッドを使用する事が重要です。

使用したタックル、仕掛けはこちら

今回の釣行で、TOMOYAさんとTANAさんはアカムツ竿を流用しましたが、とてもライトキンメに適していました。

その他の使用タックルと仕掛けもご紹介します。

■TOMOYAさん

ロッド:DAIWA アカムツX M-210(7:3調子)

リール:DAIWA LEOBRITZ S500J

ライン:PE3号600m

ダイワ(DAIWA) アカムツX M-210 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アカムツX M-210 釣り竿

参考価格:¥14,740

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワ(Daiwa) 電動リール レオブリッツ S500J

ダイワ(Daiwa) 電動リール レオブリッツ S500J

参考価格:¥36,427

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

■TANAさん

ロッド:アルファタックル 海人 アカムツ225(7:3調子)

リール:DAIWA LEOBRITZ S500J

ライン:PE3号600m

アルファタックル 海人 アカムツ 225

アルファタックル 海人 アカムツ 225

参考価格:¥18,051

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワ(Daiwa) 電動リール レオブリッツ S500J

ダイワ(Daiwa) 電動リール レオブリッツ S500J

参考価格:¥36,427

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

■NANAさん

ロッド:DAIWA DEEPZONE X 120-270(7:3調子)

リール:DAIWA シーボーグ LTD 500J

ライン:PE3号600m

ダイワ  ロッド ディープゾーン 120-270

ダイワ ロッド ディープゾーン 120-270

参考価格:¥21,780

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワ リール シーボーグ LTD 500J

ダイワ リール シーボーグ LTD 500J

参考価格:¥138,397

Amazonへ

■仕掛け

オモリ:250号

仕掛け:深海用胴突き五目5~8本針 ハリス8~10号

エサ:イカ短冊、サバ短冊

リチウムイオンバッテリーの重要性を実感!

船で電源を貸してもらえることもありますが、MYバッテリーを持つことで、船の電圧に左右されずに安定した巻き上げを行うことができるので釣果が安定しやすいです。

今回の釣行では、TANAさんとNANAさんは11.6Ah、TOMOYAさんは6.6Ahのリチウムイオンバッテリーを使用しました。

11.6Ahのリチウムイオンバッテリーは、1メモリ減少ですみました。まだまだ余力がありますね。

リチウムイオンバッテリーの写真

11.6Ahのリチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリーの写真

6.6Ahのリチウムイオンバッテリー

一方、TOMOYAさんが使用した6.6Ahのリチウムイオンバッテリーは、2メモリの消費で終わりました。

やはり、11.6Ahのリチウムイオンバッテリーよりは消費が早い印象ですが、今回行ったライトな釣りでは、6.6Ahでも十分バッテリーが持つということが分かりました。

さらに水深のあるポイントであったり、電動でゴリゴリしゃくるタイプの釣りでは、11.6Ahを選ぶことをオススメします。

ぜひバッテリーを検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

購入はこちら

BMO JAPAN(ビーエムオージャパン) リチウムイオンバッテリー11.6Ah本体のみ BM-L116

BMO JAPAN(ビーエムオージャパン) リチウムイオンバッテリー11.6Ah本体のみ BM-L116

参考価格:¥40,300

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

BMO JAPAN(ビーエムオージャパン) リチウムイオンバッテリー6.6Ah(チャージャーセット) 10Z0009

BMO JAPAN(ビーエムオージャパン) リチウムイオンバッテリー6.6Ah(チャージャーセット) 10Z0009

参考価格:¥24,188

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣れたキンメは美味しくいただきましょう

TOMOYAさん作

釣れたキンメダイを、今回は帰ってきてから美味しく調理しましたよ。

この時期のキンメダイは、脂が乗っているのでしゃぶしゃぶにするといい出汁が出ますし、あっさり食べることが出来ます。

そして2品目はキンメの漬け丼に。卵黄を割って魚にからめて食べれば絶品であること間違いなしです。

居酒屋「アイムクレイジー釣人」作

今回はキンメがたくさん釣れたので、行き着け居酒屋「アイムクレイジー釣人」でも調理をして頂きました。

まず1品目はキンメダイといえばの煮付けです。

2品目は少し珍しい、キンメのアクアパッツァです。

キンメをイタリアンの食材に使うという冒険料理でしたが、意外にとっても合うんですよ。

3品目は、シンプルにお造りに。

せっかく釣れた新鮮なキンメをお刺身でいただかない手はないですよね。

半分は炙りで、香ばしくいただきました。

今回お世話になった坂崎丸さん

今回の釣行では、坂崎丸さんにお世話になりました。

愛知の坂崎丸さんは、季節折々の魚をターゲットに様々な釣りが乗り合いで楽しめる釣船さんです。

6月は、マダイやイサキ、スルメイカなどが人気の釣り物です。

経験豊富な船長にアドバイスしてもらえるので、好釣果も期待できますよ。

同行メンバーをご紹介

DJ TOMOYAさん

TOMOYAさんは、CLUB SANGO、ORCA NAGOYAでDJとして活躍されています。

釣りにもかなり精通されており、季節折々の釣り物に挑戦しています。

釣れた魚を使った料理が得意!

TOMOYAさんは、料理が得意でご自身のSNSにも美味しそうな写真や魚を捌いている動画もたくさんUPされていますのでぜひチェックしてみてください。

DJ NANAさん

TOMOYAさんと同じく、CLUB SANGO、ORCA NAGOYAでDJをされているNANAさん。

DAIWA公認アングラーとして釣りはもちろんのこと、様々な分野でご活躍されています!

InstagramなどSNSでは、素敵な写真のシェアがたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

TANAさん

フォトグラファーとしてご活躍されているTANAさん。

オフの日は、弾丸で釣りに出かける大の釣り好きです。

TANAさんが過去に釣り上げた14キロのタルイカはインパクト大でした!

関連記事はこちら

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

BMOジャパン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング