魚のアップ写真

渓流釣りってどうすればいいの?初心者におすすめの装備や竿を徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

河川を上流に向かっていくと、景色が一変します。

鳥の声や風の涼しげに流れる様子が伝わってきて、自然の真っただ中に踏み入ったことを認識できますよ。

そんな環境で楽しめるのが、渓流釣りです。

餌釣りやルアー・フライ・テンカラを用いた釣りを展開しながら、ヤマメやアマゴ・イワナなどの美しい渓流魚に触れてみませんか。

ここでは、渓流釣りの楽しみ方や初心者におすすめの専用竿・仕掛け・装備などの道具をご紹介します。

ルールやマナーもしっかり理解してから、渓流域へ足を踏み入れるようにしましょう。

渓流釣りとは

渓流釣りとは、河川の上流域で釣りを楽しむスタイルのことです。

餌を用いて延べ竿で仕掛けを流すミャク釣りや、ルアー・フライ・テンカラをキャストする釣りなど、アングラーの嗜好に合わせてさまざまな釣り方が用意されていますよ。

初心者に向いているのは、シンプルな道具構成のミャク釣りでしょう。

延べ竿にはリールが要りませんから、持ち込む道具類を減らすことができます。

ただし、仕掛けの投入範囲が延べ竿の長さと同等の距離に限られてきますから、そこに不満を感じてきたら、ルアーやフライの釣り方に手を伸ばしてみていいのではないでしょうか。

テンカラ釣りは、日本古来の釣り方で、餌の代わりに専用の毛バリを用います。

専用の道糸を用意する必要も出てきますから、興味が湧いてきた人はチャレンジすべきでしょう。

渓流釣りで狙う対象魚

渓流釣りで狙う対象魚は、ヤマメやアマゴ・イワナになります。

ヤマメは東日本、アマゴは西日本の渓流域に生息し、渓流釣りファンの憧れの的になっていますよ。

源流域に近づくと、イワナにも出会えるようになります。

積極的に食い付いてきて、荒々しいファイトを見せてくれるので、イワナを専門に狙っている人が多いことで知られています。

ただし、初心者の人がいきなり源流域に立ち入って釣りを始めるのは、おすすめできません。

ハチやヘビ・イノシシ・クマなどの危険生物に遭遇するかもしれませんし、源流域の複雑で険しい地形が、釣りそのものを難しいものにしてしまうからです。

そこでおすすめしたいのが、河川上流域に設置された管理釣り場です。

放流されたイワナやヤマメ・アマゴなどを安全の釣ることができるので、ぜひ活用してみてください。

渓流釣りのルールやマナー

渓流釣りのルールで知っておかなければならないのは、禁漁期間が設定されていることです。

「えっ、自然界に棲んでいる生き物なのに、釣っちゃいけないの?」

自然界に棲んでいるからこそ、乱獲につながる行為は厳に慎まなければなりません。

アングラーが気ままに獲り尽くしていい資源など存在しないのです。

魚の数には限りがありますから、積極的に保護しながら渓流釣りを楽しむことが求められていますよ。

自分だけがそのルールに則らない!というのでは、渓流釣りをする資格はないと断言していいでしょう。

主たる禁漁期間は秋から冬にかけてです。

春の解禁日は、釣り場によって異なる可能性があるので、実際に向かう渓流域を管理している漁協や自治体に確認するようにしましょう。

その際に遊漁券を買い求めることも忘れないでください。

また渓流釣りをする際のマナーとして、ゴミを放置しないことを守りましょう。

汚れて環境が失われたら、釣り自体が成立しなくなります。

もし釣り場でゴミを見つけたら、手に取って持ち帰ることも心がけるようにしましょう。

渓流釣りにおすすめの装備・竿・道具はこちら!

渓流釣りで使うのに便利な、おすすめの装備や竿・道具類を取り上げてみましょう。

通常の釣りでは使わないものが含まれますから、知らない人・詳しくない人は要チェックです。

初心者の人は、河川の管理釣り場で使える道具から選ぶようにしたいですね。

シマノ(SHIMANO) ウェーダー アドバンスウェーダー(カットピンフェルトソール) FF-045S ブルー LL

シマノ(SHIMANO) ウェーダー アドバンスウェーダー(カットピンフェルトソール) FF-045S ブルー LL

参考価格:¥15,323

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノからリリースされている、オールラウンドに使えるウェーダーです。

カットピンフェルトのソールになっているので、フェルトのみのほうが歩きやすい人やラジアルソールを好む人は、別タイプのウェーダーを購入するようにしてください。

胸までカバーしてくれているので、水の浸入をしっかり防いでくれますよ。

インナーにも気を使っておくと、水流による冷えにも対応することができるでしょう。

ヘビなどの危険生物に遭遇しても、ウェーダーがあれば防御できます。

ただし、そういう危険生物を見かけたら、そっとしておいてあげるのがイチバンです。

駆除しようとするほうが危険であると認識してください。

シマノ(SHIMANO) ウェーダー マックスデュラウェーダー (中丸ヒップタイプ) FF-056S グレー L

シマノ(SHIMANO) ウェーダー マックスデュラウェーダー (中丸ヒップタイプ) FF-056S グレー L

参考価格:¥9,548

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

渓流釣りなら、これくらいのショートサイズのウェーダーも快適に過ごせますよ。

あまり深場には入らないようにして、ゆっくり歩を進めるような使い方をしてください。

表地のタスランナイロンのPVC防水加工生地は、摩耗の強いことで知られています。

岩やブッシュなどに擦っても安心ですよね。

内側の生地は、メッシュ仕様になっていて、ドライ感のある履き心地を約束してくれるでしょう。

使用後のメンテナンスがやりやすいのも、おすすめのポイントです。

阪神素地 FX-260 ウエットシューズ(中割れ) L ブラック

阪神素地 FX-260 ウエットシューズ(中割れ) L ブラック

参考価格:¥8,446

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

鮎釣り用の鮎タビとして使われるケースが多いですが、水に積極的に入っていくつもりなら、こちらのウェットシューズが活躍してくれるでしょう。

靴底に入った水を抜いてくれるシステムを搭載していて、とても歩きやすいのが特徴です。

ファスナーは内側に付いていますし、砂が入り込まない構造になっていますよ。

土踏まず部分のシャンクが、歩行の際の疲れを緩和してくれるのがいいですね。

ダイワ ダイワ・フィッシングベスト オリーブ M

ダイワ ダイワ・フィッシングベスト オリーブ M

参考価格:¥7,408

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

さまざまな釣り方に対応できるように、豊富なポケットが装備されたダイワのフィッシングベストです。

軽いので着心地がよく、タックルボックスやバッグの内容物を減らしたい人に適しているでしょう。

ポケットに必要なものを厳選して収納しておけば、渓流域のアップダウンを長時間歩いても疲れにくいですよ。

フロントバックル仕様なので、着脱がとてもカンタンにおこなえます。

生地には撥水加工が施されていますから、水飛沫がかかっても気にせずに釣りをおこなえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) 天平 ZA 硬調 53

シマノ(SHIMANO) 天平 ZA 硬調 53

参考価格:¥14,784

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

渓流釣りを餌を用いたミャク釣りから始める人は多いでしょう。

その際に気になるのが、竿の長さ。

渓流によっては、長く伸ばしたいケースもあれば、長過ぎると邪魔になるケースも。

そんなときに3段階に長さを変えて使えるのが、シマノの延べ竿・天平ZAです。

価格的にも高額ではありませんし、さまざまな硬さが豊富にラインナップされていますから、初心者の人に適したスペックといえそうです。

もちろんエキスパートアングラーの使用にもじゅうぶん耐えられるので、幅広く活用してもらえる逸品としておすすめします。

オーナー(OWNER) 山女魚アマゴ仕掛 4.5-7.5 R-3060

オーナー(OWNER) 山女魚アマゴ仕掛 4.5-7.5 R-3060

参考価格:¥280

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

延べ竿は用意したものの、フックを結べないとか仕掛けの作り方が分からないとか、まだまだ問題は山積しています。

そんな人のために、オーナーからリリースされているのが、道糸も含めた渓流釣り用仕掛けです。

これなら取り出して延べ竿に装着するだけで、渓流釣りを始めることができますよ。

パッケージに書かれている竿の長さを確認して、自分が所有している竿の長さとマッチするものを買い揃えてください。

複数セット購入しておくと、釣り場でトラブルがあってもすぐに結び換えて対応することができますよ。

Kogeegoo 救急セット ファーストエイド 救急バッグ 126点 21種類 ポイズンリムーバー 防災セット 登山 アウトドア 旅行 出張 ホーム用 携帯用救急箱 救急キット

Kogeegoo 救急セット ファーストエイド 救急バッグ 126点 21種類 ポイズンリムーバー 防災セット 登山 アウトドア 旅行 出張 ホーム用 携帯用救急箱 救急キット

参考価格:¥2,150

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

渓流釣りでは、数多くのトラブルが待ち構えていると考えてください。

救急セットを用意しておけば、擦り傷などの応急処置に対応できるでしょう。

またハチなどに刺された場合も、ポイズンリムーバーがあれば毒を吸い出すことも可能です。

あくまでも応急処置をおこなうためのアイテムですから、ケガをした場合は専門医に診てもらうことも忘れないようにしたいですね。

このセットと併せて、ゴミ袋も釣り場へ持参するようにしましょう。

自分が作り出したゴミはもちろん、川べりで見つけたペットボトルやたばこの吸い殻など、拾えるゴミは回収するように心がけたいですね。

渓流釣りの知識を習得してヤマメやアマゴを釣り上げよう!

渓流釣りに必要な知識や特徴、おすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

初心者の人に必要なのは、直接アドバイスしてくれる先輩アングラーでしょう。

渓流釣りのコミュニティや釣りグループに積極的に参加することで、そういったつながりができるはずです。

管理釣り場のスタッフさんに、いろいろ尋ねてみるのもいいかもしれませんね。

独学だと危険回避がおろそかになる可能性があるので、まずは人とのコミュニケーションを深めることが、渓流釣りの第一歩といえるかもしれません。

渓流の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング