新しいボビン巻きタイプのフロロカーボンライン

ジャストロンフロロは2020年新発売のコスパ優秀なボビン巻きフロロカーボンライン!

FISHING JAPAN 編集部

ジャストロンフロロは、2020年ダイワから新発売となるフロロカーボンラインです。

大きなボビン巻きタイプですから、釣りで使う際にじゅうぶんな量のラインを確保できますよ。

例えば、ベイトリールを使っていてバックラッシュトラブルに遭ったときに、その場でラインを巻き替えることが可能です。

ジャストロンといえば、これまでナイロンラインのラインナップだけでしたから、フロロカーボンラインが加わって喜んでいるアングラーは多いでしょう。

ジャストロンフロロとは

ジャストロンフロロは、汎用ボビン巻きタイプのフロロカーボンラインです。

巻き糸量は、なんと300メートル(3.5号・4号・5号のみ240メートル巻き)。

これだけあれば、ベイトリールなら何度も巻き替えが可能です。

釣り場へ常に持参しておけば、バックラッシュトラブルに見舞われても安心ですね。

すぐに巻き替えて、釣りを再開できるでしょう。

ジャストロンフロロの素材はフロロカーボン

このラインの素材は、フロロカーボン100パーセントです。

ナイロンと異なるのはその比重で、1.78もあります。

ということは、そのまま水に浸けると、ゆっくりとボトムへ向かって沈んでいくことに。

仕掛けやルアーを深い水深に送り込みたいアングラーなら、ナイロンラインよりもフロロカーボンラインを使いたくなるでしょう。

ラバージグやテキサスリグとのマッチングは良好ですね。

トップウォータールアーの移動距離を抑えたいケースでも、このラインを使えば効果的にアクションできますよ。

糸グセがつきにくいしなやかな設計

ジャストロンフロロは、糸グセがつきにくいしなやかな設計のラインです。

本来フロロカーボンを素材に使うと、ゴワゴワして型がつきやすいもの。

それをスプールに馴染むような特性に仕上げたのが、ジャストロンフロロなのです。

しなやかなラインは、キャストの際にスムーズに放出されるので、トラブルが発生しにくいでしょう。

リール用の道糸やショックリーダーなどさまざまな用途に活用OK

このラインには、0.6号から5号まで用意されています。

リールスプールに巻いてもかまいませんし、ハリスとして使ってもいいでしょう。

ショックリーダーとしてもPEラインと結ぶことができますから、その用途は多岐に渡っていると言っても過言ではありません。

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 6号 イエロー

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 6号 イエロー

参考価格:¥849

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 ブルー

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 3号 ブルー

参考価格:¥626

Amazonへ

ジャストロンフロロは、2020年の2月に発売予定です。

フロロカーボンラインのボビン巻きといえば、クレハシーガーやサンラインなどの製品が思い浮かびますが、これからはダイワのジャストロンフロロを使うアングラーが増えるでしょう。

釣り場で巻き替えたラインは、必ず持ち帰るようにして、現場にそのまま放置することのないように心がけてください。

「ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

「ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング