ロッド 写真

ポイズンアドレナのユーザーインプレ特集!フルカーボンモノコックグリップの評価をチェック

FISHING JAPAN 編集部

ポイズンアドレナは、シマノが製作している人気バスロッドです。

2018年のJBトップ50年間優勝者である早野剛史プロは、このロッドシリーズを駆使してタイトルを獲りました。

そのハイスペックな性能を、ユーザーはどのように感じているのでしょう。

ポイズンアドレナ166H-SBのインプレ

感度といい、軽さといい申し分無いです。
アドレナシリーズで買いそろえました。

出典:amazon

スイムベイトやビッグベイトをキャストするロッドは、どのブランドメーカーも7フィートを超える長いものばかり。

短いほうが操りやすいケースもあり、特にカヤックなどの小型ボートに乗っているときなどは、短いロッドが欲しくなるものです。

この166H-SBは、レギュラーテーパーでオーバーな硬さを感じることなく、正確にピンポイントへスイムベイトをキャストすることができますよ。

ポイズンアドレナ センターカット2ピース166ML-2のインプレ

DAIWA19スティーズCTSVTWをセットして使ってます。
ロッドがしっかりしなってくれるので軽いクランクやミノーなどが遠くへ跳んでくれます♪
それでいてバイトもしっかり分かるのでフッキングミスは今の所無いです。
それに狙った所へのキャスト精度もかなり上がりました。
ロッド自体とても軽いので1日中使っても疲れません!
買ってから、これしか使わなくなりました(笑)

出典:amazon

センターカットされた2ピースモデルのポイズンアドレナは、オカッパリアングラーの強い味方となってくれます。

電車や自転車での移動にも邪魔にならず、いざ釣りを始めれば高感度でキャストしやすい性能を提供してくれるのです。

166ML-2は、クランクベイトやジャークベイト・スピナーベイト・高比重ワームのノーシンカーリグなどを操るのに向いています。

ポイズンアドレナ173MHのインプレ

新しくなり感度が段違いに良くなり、
当たりやウィードやボトムの感じが手に取るようにわかります。
グロリアス、アルティマにも引けを劣らないぐらい感度が良くなりとても軽く1日投げて巻いても疲れづらいと感じました。
またロクマルがかかってもロッドがパワー負けする事なくしっかり魚を寄せれました。
7フィート3インチの長いレングスのおかげでルアー飛距離良く飛びますし
ショートキャストもし易いです。
また、適合ウェイトの最低の10gのルアーでもしっかりルアーの重みをロッドに乗せ投げれます。
この値段でこの性能で良いのかシマノに聞きたくなるぐらいとても良いロッドだと思います。

出典:amazon

ポイズンアドレナの手元感度の評価が高いのは、やはりフルカーボンモノコックグリップを搭載するようになったからではないでしょうか。

EVAやコルクを廃し、直にカーボンに手のひらが触れるこのグリップは、画期的な高感度を生み出しているのです。

ぜひ一度、触れてみて欲しいグリップですね。

ポイズンアドレナ266Lのインプレ

非常に軽いので、私は19バンキッシュと合わせています。
ロッドに対しての重量バランスが凄く良いと感じています。
繊細な釣りにおススメのロッドですね。

出典:amazon

スピニングロッドにもフルカーボンモノコックグリップが採用されていて、超軽量リールの19ヴァンキッシュと組み合わせれば、驚くべき高感度を得ることのできるタックルになるでしょう。

ワームのリグ全般から軽量ミノー・シャッドのトゥイッチングまで、さまざまな用途に使ってみてください。

激しく強いフッキングは必要ありませんから、ロッドを倒しながらのスイープフッキングを心がけましょう。

ポイズンアドレナ センターカット2ピース 172H-2のインプレ

本当に感度がいいので
相手が岩なのか、
藻なのかはっきりわかるので根係が激減しました。
オオモンハタ40㎝を取った時は
メッチャ曲がって 
粘りがあるなーと思いました。

出典:amazon

バス釣り用に作られたロッドですが、7フィートを超えた2ピースロッドともなると他魚種の釣りにも適応できてしまいます。

特にロックフィッシュ狙いのアングラーは、長くて高感度のベイトロッドを探していますから、このロッドを見つけるに至ったのでしょう。

岩礁帯に潜り込もうとするキジハタやアイナメを、ポイスンアドレナで豪快に引き寄せてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング