魚とルアーのアップ写真

ハードコア モンスターショット(S)に2024年新カラーバリエーション登場!

FISHING JAPAN 編集部

ロックショアのキャスティングゲームはもちろん、オフショアキャスティングゲームでもバッチリ役立ってくれるのが、DUELのハードコア モンスターショット(S)シリーズです。

2024年には、80mmと95mmサイズに新しいカラーバリエーションが追加ラインナップ。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ハードコア モンスターショット(S)とは

ハードコア モンスターショット(S)とは、DUELから発売中のソルトウォーターゲーム用シンペンのことです。

サイズ設定は、合計5種類から選べるようになっています。

小さいほうから、80mmで30g・95mmで40g・110mmで50g・125mmで60g・140mmで100gです。

ハードコア モンスターショット(S)は、貫通ワイヤー構造になっています。

しかも肉厚ボディですから、高強度を保持していて、海の大物が掛かってもしっかり耐えてくれるでしょう。

ボトム付近から表層まで、あらゆるレンジを探ることができます。

よく飛びますから、まるでメタルジグのような活躍を期待できるでしょう。

スキッピングアクションを積極的におこなえますし、フォール姿勢は仮死状態の弱ったベイトを演出する、水平ローリングフォールになります。

バイトを誘発するには、フォール姿勢はとても重要で、しかもローリングアクションが重なるわけですから、効果はバツグン。

オフショアのキャスティングゲームにも、積極的に使ってみましょう。

そして水をつかむフェイスデザインや、超低重心のウェイトバランスによって、ファストからスローのただ巻きリトリーブにマッチします。

加えてワンピッチジャークやスキッピングなど、あらゆるテクニックに対応できるようになっています。

ハードコア モンスターショット(S)のサイズ別使い方!

ハードコア モンスターショット(S)のサイズ別の使い方について、深掘りしてみましょう。

●80mm・・・ベイトフィッシュのサイズが小さいとき、大きいルアーにはなかなか反応しません。

そんなシチュエーションで有効となるのが、この小さなサイズ。

フォール時のローリングアクションのピッチを早くしていて、落ちる速度はやや遅めです。

ナブラ撃ちやシャローエリアのただ巻きリトリーブなど、低活性時の攻略に使ってみましょう。

●95mm・・ロックショアやサーフ・防波堤など、あらゆる場所に対応する万能モデルです。

●110mm・・・125mm/60gでは重過ぎるし、95mm/40gではアピール不足を感じてしまうときに、ラインに結びたいサイズです。

●125mm・・・ベイトフィッシュの大きさに合わせた攻略や、ルアーの存在をアピールしたい時に効果的です。

●140mm・・・大物狙いでラインを太くすると、ラインが水流の影響を受けて操作はしづらくなります。

そんなときに使いたくなるのがこのサイズで、ヘビーウェイトだからこそ、水流に流されにくく沈下速度も速いです。

合計4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ハードコア モンスターショット(S)には、2024年に新しい4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●ケイムラカタクチカラー

●シルエットブラックカラー

●ケイオレンジゴールドラメカラー

●マットチャートカラー

これらのカラーが追加されるのは、80mmサイズと95mmサイズのみとなります。

ハードコア モンスターショット(S)をキャストするのにおすすめのスピニングロッドを選んでみた!

ハードコア モンスターショット(S)の追加カラーが設定される80mm・95mmサイズをキャストするのに、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96M ショアキャスティング テクニカルモデル 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96M ショアキャスティング テクニカルモデル 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯

最安値価格
¥31,145(Yahoo!)

Amazonへ ¥31,460

楽天市場へ ¥33,880

Yahoo!へ ¥31,145

シマノからリリースされているショアジギングゲーム用スピニングロッド・コルトスナイパーXRシリーズのラインナップから、S96Mを選んでみました。

全長は2.90mと、じゅうぶんな長さのブランクスに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は149.5cmにまで縮まります。

ウエイトは275gで、ブランクスの先径は2.1mm。

適合するルアーウエイトは、最大で56gまで。

適合するラインは、PEラインなら最大で3.0号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%になっています。

実際に手に取ってみると、パワフルでトルクがあり、ロングキャストアプローチを実践するのに適していると感じました。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

ハードコア モンスターショット(S)追加カラーの気になる発売日はいつ?

ハードコア モンスターショット(S)追加カラーの気になる発売日は、2024年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、オープン価格設定です。

メタルジグや鉄板系バイブレーションルアーなどと上手くローテーションしながら、魚の居場所を見つけ出してバイトに持ち込みましょう。

フックが鈍ってきたら、早めに交換することをおすすめします。

新製品の関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング