キュウセン 写真

魚ってどうやって眠るの!?睡眠方法は3種類!それぞれの眠り方を要チェック!

FISHING JAPAN 編集部

人は健康を維持するために、1日何時間かは睡眠をとらなければいけませんよね。

同じように魚も睡眠をとらなければ生きていけません。

では、一体どうやって眠るのかご存知ですか?

なんと睡眠方法は魚それぞれで違い、大きく3つのタイプに分かれます。

どんなタイプがあるのか見ていきましょう!

昼働いて夜寝るタイプ

これは、ベラやブダイなどが当てはまります。

このタイプで一番規則正しい生活をしているのは、ベラの仲間のキュウセンです。

日が沈むと砂に潜って休み、日が昇ると起きだして活動する魚です。

曇天や雨の日は海の中が暗いために、あまり活発には活動しません。

また水温の低い冬場は、砂に潜って冬眠までします。

キュウセンが夏の魚だといわれるのはこのためです。

泳ぎ続けながら浅い睡眠をとるタイプ

カツオやマグロなどの回遊魚がこれに当てはまります。

このタイプの魚は、群れを先導している魚が眠ってしまうと統率がとれなくなります。

群れの中心にいる魚が周りを仲間に囲まれて泳ぎながらうとうと眠り、睡眠が足りたらどこかで先頭や周りにいる仲間と交代します。

まさか、ランナーのようにバトンを渡すわけでもないですし、泳ぎながらどうやって仲間と交代するのか、その判断を下すのはどの魚なのか見てみたいものですね。

夜働いて昼に眠るタイプ

こちらは、アナゴやウナギ、ハモのような夜行性の魚です。

夜行性なので、当然夜は活動的ですが、昼は寝てしまいます。

居眠り中の魚がたくさん?

魚は睡眠中といってもほとんどの種類にはまぶたがないので、起きているのか眠っているのか分かりにくいです。

もしかしたら釣りをしている最中、あなたは寝ている魚にちょっかいを出しているのかもしれませんね。

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング