ケースのアップ写真

ドライマルチケースは2024年リリースの携帯性に優れた簡易防水ケース!

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲームやメバリングゲームを楽しむときに、ジグヘッドやコンパクトサイズのルアー・フックなどの保管が必要になります。

2024年シマノから新発売される、ドライマルチケースなら、簡易防水仕様で安心してフィールドに持ち出せます。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ドライマルチケースとは

ドライマルチケースとは、2024年シマノからリリースされる、コンパクトサイズのルアー・フックケースのことです。

スリット入りの中敷きが装備されているので、フックを差し込んでカンタンに固定することができます。

見た目も整然としますから、探しているルアーやジグヘッド・フックなどを見つけ出しやすく、取り出しやすいメリットを持っています。

ドライマルチケースの設定サイズは、外寸が8.1×15.7×2.7cm。

とてもコンパクトで薄い形状なので、ゲームベストのポケットやタックルボックス・バッカンなどに収納しやすいでしょう。

ドライマルチケースは、パッキンを採用している簡易防水タイプになっています。

水に濡らしたくないフックやジグヘッドなどを、安心して収納するのに便利です。

上フタは、ワンタッチ開閉するように作られています。

手のひらに乗せて、親指で側面のボタン部分を押し込めば、カンタンに上フタが開いてくれます。

上フタそのものは、クリアで透き通っているので、中身の確認をすぐに済ませられます。

ルアー選びをする際にも、上フタを開けずに確認できるのはありがたいでしょう。

例えば、雨降りのシチュエーションなら、ドライマルチケースの中身を濡らさずに、使いたいルアーを探すことが可能です。

スピーディーな作業は、釣りの準備をおこなう効率を上げ、好釣果へ直結していきます。

ドライマルチケースを複数個用意しておけば、便利さは格段にアップするでしょう。

ドライマルチケースの有効な使い方!

ドライマルチケースの有効な使い方として、ジグ単の整理が挙げられます。

ジグ単とは、アジングゲームやメバリングゲームにおいて、ひんぱんに用いられるワームリグのこと。

軽いジグヘッドに、ストレート系やシャッドテールテール系の極細ワームを付けた状態が、ジグ単です。

ジグ単のまま、ドライマルチケースの中敷きスリットに差し込んで並べておけば、使いたいときにすぐに取り出してラインに結べます。

ワームには、さまざまなカラーバリエーションがあるので、ジグヘッドのウエイトごとにセットしておくと、釣り場でワームをジグヘッドに装着する手間が省けるでしょう。

合計3種類のカラーバリエーションをラインナップ!

ドライマルチケースには、全部で3種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ブラックカラー

●グレーカラー

●カーキカラー

どの配色も目立ち過ぎることなく、落ち着いた雰囲気を醸し出してくれそうです。

ドライマルチケースを携行してアジングゲームを楽しみたい!おすすめのロッドを選んでみた!

ドライマルチケースをゲームベストのポケットに入れて、アジングゲームを楽しみましょう。

おすすめの専用スピニングロッドをご紹介します。

ウエイトの軽いもので、負荷に対してしなやかに曲がり込むブランクスなら、アジのショートバイトを弾かずにフックアップできるでしょう。

ショートレングスなほうが、ジグ単を操りながら食わせるのに向いています。

ロングレングスで張りのあるブランクスにすると、ジグ単のフロートリグにマッチします。

シマノ(SHIMANO) ライトゲームロッド 23 ソアレBB アジング S54SUL-S

シマノ(SHIMANO) ライトゲームロッド 23 ソアレBB アジング S54SUL-S

最安値価格
¥10,675(amazon)

Amazonへ ¥10,675

楽天市場へ ¥10,680

シマノからリリースされているアジングゲーム用スピニングロッド・ソアレBBシリーズのラインナップから、S54SUL-Sを選んでみました。

全長は1.63mとショートレングスなので、ジグ単によるアプローチに向いています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は84cmにまで縮まります。

ウエイトは48gと軽くて、ブランクスの先径は0.8mmと細め。

適合するルアーウェイトは、0.3gから6gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまでで、PEラインなら0.1号から0.4号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%に設計されています。

実際に手に取って継いでみると、とてもしなやかに曲がり込むブランクスだと感じました。

ロッドティップに負荷が掛かると、一瞬で弧を描いてくれます。

軽量なジグ単のロングキャストにも向いているので、アジングゲームをやり込みたい人に丁度いいスピニングロッドでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

ドライマルチケースの気になる発売日はいつ?

ドライマルチケースの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,000円です。

濡れたままのジグ単を収納せずに、乾いたタオルなどで拭き取って、乾燥させてからケース内スリットに並べるようにしましょう。

ハリ先の鈍ったジグヘッドは、すぐに交換することをおすすめします。

新製品の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング