魚とフィッシュグリップのアップ写真

フィッシンググリッパーに2024年新カラーバリエーション追加!【シマノ】

FISHING JAPAN 編集部

ステンレス製のブレードが配置されているシマノのフィッシュグリップが、さまざまな釣りシーンで活躍しています。

その名は、フィッシンググリッパー。

2024年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

どんな特徴を持っているのか、詳しくご紹介しましょう。

フィッシンググリッパーとは

フィッシンググリッパーとは、シマノから発売中の釣り用フィッシュグリップのことです。

設定サイズは、240×85×28mmで、全長が240mmと長めになっているのが特徴です。

これなら大きな魚の口の中に先端を突っ込みやすいですし、挟んだ魚が暴れても、尾ひれがアングラーの手に接触してしまうことはないでしょう。

フィッシンググリッパーには、内側に2枚刃が配置されています。

このブレードの形状で、釣った魚をしっかりホールドすることができます。

金属の部分は、サビにくいステンレス製です。

その先端部分のカタチに注目してください。

魚の口に差し入れて、固定しやすいカタチに設計されています。

フィッシンググリッパーを手でつかむ場所、すなわちグリップ部分は、握りやすい大きめのデザインで滑りにくく作られています。

素材には、ガラス強化樹脂が使われていて軽量です。

こういうハサミタイプのフィッシュグリップだと、ヒレやエラの先端にトゲなどの突起のある魚をつかむときに便利です。

例えば、オコゼ。

さまざまな釣り場で釣れるロックフィッシュですが、身体のトゲに毒を持っていて、刺さると激痛が走り、大きく腫れ上がってしまいます。

そんな状態になれば、釣りを続けるのは極めて困難で、早く医師に診てもらうほうがいいでしょう。

例えば、タチウオ

タチウオには毒がありませんが、代わりに鋭い歯が備わっています。

この歯に指先が少しでも触れると、いともカンタンにスパッ!と切れて、出血することに。

当然こちらも釣りを続けることは困難で、なんとかケガをせずに釣り場で過ごしたいものです。

そこで積極的に活用したいのが、このフィッシンググリッパーなのです。

フィッシンググリッパーの使い方!

フィッシンググリッパーがあれば、アジングのナイトゲームで活躍してくれるでしょう。

アジのヒレは意外と鋭く、暗闇の中で暴れられると、手にケガを負うことがあります。

持ち帰って食べることを目的にしているのなら、このフィッシンググリッパーを活用して、ランディングの際に素早く挟んでしまうことをおすすめします。

2枚刃で、なおかつアジをホールドしやすいアール形状になっていますから、しっかり挟めば逃げられることはありません。

当然手にケガを負う展開にもならないわけで、安全にアジングのナイトゲームを楽しめるでしょう。

時折カサゴやメバルなどのロックフィッシュも釣れることがあるので、その際にもこのフィッシンググリッパーを活用してみてください。

2024年に新しいカラーバリエーション・ピュアブラック登場!

フィッシンググリッパーには、2024年に新しいカラーバリエーションが、1種類追加ラインナップされます。

●ピュアブラックカラー

すぐ取り出せるように、ゲームベストなどに収納しておくようにしましょう。

フィッシンググリッパーを持参してアジングゲームを楽しみたい!おすすめのロッドを選んでみた!

フィッシンググリッパーを活用しながら、アジングゲームを楽しみましょう。

おすすめのロッドは、同じシマノからリリースされているこちらはいかがでしょう。

シマノ(SHIMANO) ライトゲームロッド 23 ソアレBB アジング S54SUL-S

シマノ(SHIMANO) ライトゲームロッド 23 ソアレBB アジング S54SUL-S

最安値価格
¥10,675(amazon)

Amazonへ ¥10,675

楽天市場へ ¥10,680

シマノから発売中のアジングゲーム用スピニングロッド・ソアレBBアジングシリーズの中から、S54SUL-Sを選んでみました。

全長は1.63mと、ショートレングスで取り回ししやすいブランクスに仕上がっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は84cmにまで縮まります。

ウエイトは48gと軽めで、ブランクスの先径は0.8mmと細め。

適合するルアーウエイトは、0.3gから6gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまでで、PEラインなら0.1号から0.4号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてしなやかな弧を描くブランクスに作られていると感じました。

これなら、アジのショートバイトにも、素早く対応して曲がることができますし、フッキングにも持ち込めるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

他のライトソルトウォーターゲーム用にも使えるので、釣り場で重宝するのは間違いありません。

フィッシンググリッパー追加カラーの気になる発売日はいつ?

フィッシンググリッパー追加カラーの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,800円です。

使った後は、ブレード部分に付着した魚のヌメリなどを、洗って取り除くようにしてください。

直射日光の当たらない場所で乾燥させておけば、次回の釣行でも活躍してくれるでしょう。

新製品の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング