シンカーのアップ写真

フリリグシンカーS・Rは2023年新登場のワームリグ用スイベル式シンカー!

FISHING JAPAN 編集部

ワームを用いたアプローチでは、ウエイトを与えてボトムを取るためのシンカーは外せません。

2023年ダイワから新発売される、フリリグシンカーS・Rなら、スイベルが標準装備されていて、糸ヨレトラブルを解消してくれるでしょう。

その特徴や有効な使い方、マッチしそうなおすすめタックルについてご紹介します。

フリリグシンカーS・Rとは

フリリグシンカーS・Rとは、2023年ダイワからリリースされる、ワームリグ用のスイベル式シンカーのことです。

ウエイトを確保するためのボディ部分には、高硬質な鉛を使っています。

そこにスイベルを内蔵し、一部ラインアイを露出させた仕様になっているのです。

こうすることで、①ラインアイにラインを結んでダウンショットリグを組むことができます。

②ラインアイとフックアイをつないで直リグ=リーダーレスダウンショットリグを組めます。

③ラインアイにラインを結ばず通すだけにすれば、流行りのフリーリグとして活用できます。

これら3種類のワームリグを駆使すれば、バス釣りはもちろん、チニングゲーム・ロックフィッシュゲーム・バチコンなどを楽しむことが可能です。

フリリグシンカーS・Rには、2つの形状がラインナップされています。

全体的に細長いフォルムなのが、フリリグシンカーS=スリムタイプ。

シンカー部分がスリムなので、ボトムの地形変化や岩の隙間などに挟まりにくく、スルスルとすり抜けてくれるメリットを持っています。

もうひとつは、フリリグシンカーR=ラウンドタイプ。

こちらはどっしりとしたダルマ型のフォルムをしていて、ボトムでステイさせるとバツグンの安定感を生みます。

シンカーウエイトをより重くしたいときにも、とても有効なフォルムといえるでしょう。

フリリグシンカーS・Rは、モスグリーンカラーに着色されています。

ボトムに同化して見えやすく、魚に気づかれにくいでしょう。

海でも河川・湖・池などでも、しっかりと保護色としての効果を発揮してくれそうです。

実は銀色のシンカーを使っていると、魚がワームではなくシンカーを齧ってくるケースが多々ありました。

せっかく魚が食い付いてくれているのに、これではフッキングすることができません。

ワームをきっちり食ってもらうためにも、シンカーには保護色系の配色を施すほうが有利でしょう。

フリリグシンカーS・Rに刻まれている数字に注目!

フリリグシンカーS・Rのボディに注目してください。

深く数字が刻まれています。

これは、そのシンカーのウエイト表記で、グラム数が個々に刻印されているのです。

とても判別しやすいので、シンカーを交換する際に便利でしょう。

スイベルの部分は、塩水などに触れ続けると、経年劣化してきます。

キャストの衝撃などで破損するケースも考えられるので、変形していると感じたときは、使用するのを止めて、新しいフリリグシンカーS・Rを使うようにしましょう。

豊富なウエイトが用意されているフリリグシンカーS・R!

フリリグシンカーS・Rには、各タイプに複数のウエイトが用意されています。

フリリグシンカーSは、3.5g・5g・7g・10g・14gの5種類から選べるようになっています。

フリリグシンカーRは、3.5g・5g・7g・10g・14g・21g・24g・28g・35g・56gの10種類から、釣り方に合わせて選んでください。

潮の流れや水深・ボトムの地形変化などに対応させながら変えていくと、好釣果につながるウエイトが見つかるはずです。

何が何でも3.5gしか使わない!というアプローチスタイルだと、攻略の難しい場面に遭遇しても打つ手がなくなってしまうでしょう。

ワームリグは、柔軟な発想をベースにしてアプローチを変えていくことが、魚に触る近道かもしれません。

フリリグシンカーS・Rを使うのにおすすめのタックルを選んでみた!

フリリグシンカーS・Rをフリーリグにセットしてチニングゲームをするのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、張りのある感度の高いブランクスのベイトロッドがマッチします。

リールは、軽量+コンパクトなベイトリールなら、長時間の釣行でも集中力をキープできるでしょう。

ダイワ(DAIWA) シルバ-ウルフAIR 72MLB-S・Q

ダイワ(DAIWA) シルバ-ウルフAIR 72MLB-S・Q

最安値価格
¥36,168(amazon)

Amazonへ ¥36,168

楽天市場へ ¥36,432

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワからリリースされているチニングゲーム用ベイトロッド・シルバーウルフAIRシリーズの中から、72MLB-Sを選んでみました。

全長は2.18mなので、ややショートレングスなブランクスになっています。

こうすることで移動距離を抑えたズル引きなどがやりやすくなり、チヌのショートバイトにも対処しやすいでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は113cmです。

これならクルマへの積み込みを、カンタンにおこなえるでしょう。

ウエイトは89gと軽めなので、一日中ロッドを振り回しても、さほど疲れを感じる展開にはなりにくいはずです。

先径/元径は、1.3/12.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、4gから18gまでですから、フリリグシンカーS・Rを用いたフリーリグを操りやすいでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから12lbまで、PEラインなら0.4号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて感度の高いブランクスに仕上がっているのが分かります。

ガイドにはラインが絡まりにくいので、手返しのいいアプローチを繰り返せるでしょう。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

チニングゲームを深く追求したい人に、ベストマッチなベイトロッドといえるのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 シルバーウルフ SV TW 1000XH PEスペシャル(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 シルバーウルフ SV TW 1000XH PEスペシャル(2022モデル)

最安値価格
¥39,838(Yahoo!)

Amazonへ ¥39,875

楽天市場へ ¥41,662

Yahoo!へ ¥39,838

ダイワから発売中のチニングゲーム用ベイトリール・シルバーウルフ SV TW PEスペシャルの中から、1000XHを選んでみました。

ギア比は8.5対1とエクストラハイギア仕様なので、ハンドル1巻きにつき90cmものラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは190g。

スプールの直径は、34mmです。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を180m巻けます。

ボールベアリングは10個搭載していて、ハンドルの長さは90mmです。

実際に手に取ってみると、とても軽くてハンドル回転は滑らかそのもの。

クラッチはしっかりと切ることができ、スプール回転はスムーズです。

極細のPEラインを巻くので、2号前後のショックリーダーラインを先端に結び、擦れ・根ズレ対策を万全にしましょう。

ショックリーダーラインには、比重の高いフロロカーボン素材のものをおすすめします。

バックラッシュトラブルは、ダイワオリジナルのTWSが抑え込んでくれます。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

レベルワインドの周辺に浮きゴミなどが付着しやすいですから、帰宅したら水道水でしっかり洗浄メンテナンスを施すようにしてください。

フリリグシンカーS・Rの気になる発売日はいつ?

フリリグシンカーS・Rの気になる発売日は、2023年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、450円から550円です。

キャストしたワームリグでボトムをとらえるのが、さまざまな釣り方の基本となります。

シンカーの役割はとても重要で、カラーや質感にこだわって選ぶようにしたいもの。

新しく発売されるフリリグシンカーS・Rなら、アングラーの要望にじゅうぶん応えてくれるでしょう。

2023年新製品関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング