救命具のアップ写真

インフレータブルライフジャケットDF-2222は2022年新発売のコンパクトな桜マーク付き救命具

FISHING JAPAN 編集部

釣りを存分に楽しむには、救命具の着用が不可欠です。

身体の動きを邪魔しないコンパクトで軽量なタイプなら、長時間の釣行でも気にならないでしょう。

2022年ダイワからリリースされるライフジャケット・インフレータブルライフジャケットDF-2222は、レールシステムを採用した最新型の救命具です。

その特徴について、詳しくご紹介しましょう。

インフレータブルライフジャケットDF-2222とは

インフレータブルライフジャケットDF-2222とは、2022年にダイワから新発売となる、自動膨張式の救命具のことです。

落水して水に触れると自動的に空気室が膨らむようになっていますが、手動でも膨らませることが可能なタイプに作られています。

設定サイズは、フリーサイズ。

ウエストが70cmから130cm程度まで調節しながら着用できるので、防寒着などの厚着した上からでも装着することができます。

表地には、ナイロンやカラーによってはポリエステルを使っていて、空気室はナイロン100%です。

膨張したときの浮力は、7.5kg/24時間以上です。

インフレータブルライフジャケットDF-2222は、国土交通省が認める強度と耐久性が備わっている救命具で、承認の証しとして桜マークが付与されています。

小型船舶用の救命胴衣・TYPE-Aとして承認されていますから、オフショアジギングやタイラバゲーム・ボートシーバスゲームなどで船に乗るときに重宝します。

また本体の外側面には、インジゲーターウィンドウが設けられています。

ボンベとカートリッジを装着している状態が一目で分かる、ダブルインジケーターの役割を果たしています。

カートリッジは定期的に交換する必要があるので、購入した釣具店に相談するようにしましょう。

今回のモデルには、レールシステムが採用されています。

レールシステムとは、腰ベルトをひとつのレールと見立てて、それに沿ってしっかりと空気室が膨らむシステムのこと。

これにより落水したアングラーの身体を、上半身が水上に出る状態で安定させることが可能になるでしょう。

腰ベルトに工夫が施されているインフレータブルライフジャケットDF-2222!

インフレータブルライフジャケットDF-2222の腰ベルトにも注目してみましょう。

身体にフィットする部分なので、捻じれにくく、ベルトのずり落ちもしにくくなっています。

長さ調整して余った部分は、クルクルと丸めてまとめておくことができます。

留め付けるためにボタンが採用されているので、ファスナーでシャツの繊維を引っかけてしまっていたデメリットを解消しています。

キャスティングやフッキングの際に、よく擦れる部分ですから、引っ掛かりトラブルが改善されているのはありがたいことです。

積極的な攻めの姿勢で、釣りを満喫することができるでしょう。

合計4種類のカラーバリエーションが用意されているインフレータブルライフジャケットDF-2222!

インフレータブルライフジャケットDF-2222には、全部で4種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ブラックカラー

●レッドカラー

●ブラックカモカラー

●リアルレイクカラー

ブラックカラーとリアルレイクカラーのみ、メーカー希望販売価格が500円高くなっています(26,500円)。

釣り当日の服装に合わせて、マッチしそうなカラーをコーディネイトしてみてください。

軽くて扱いやすいおすすめのライフジャケットを選んでみた!

軽くて扱いやすいおすすめのライフジャケットを、既存モデルの中から取り上げてみましょう。

腰周りに装着するウエストベルトタイプなら、ロッドをスイングするのに邪魔になりません。

肩への負担も無くなるので、長時間の釣行をおこなう際に快適に過ごせるでしょう。

装着位置やベルトの締まり状態をチェックしながら、自分が最も動きやすいセッティングを見つけ出してください。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット (コンパクトタイプ・膨脹式救命具) ブルー フリー VF-053U

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット (コンパクトタイプ・膨脹式救命具) ブルー フリー VF-053U

最安値価格
¥16,340(amazon)

Amazonへ ¥16,340

楽天市場へ ¥16,800

Yahoo!へ ¥16,979

シマノから発売中のコンパクトなライフジャケットです。

既存のシマノ・ラフトエアジャケットと比較すると、外観は約40%のコンパクト化が成されいます。

その分100gも軽くなっているので、釣りを存分に楽しめるでしょう。

ウエストの長さは、70cmから100cmの間で調節することができます。

冬に防寒着を重ね着している状態でも、その上から装着可能になります。

本体部分をアングラーの背中側に持ってくれば、ロッドを振り回しても邪魔になりません。

ボートデッキのような狭い場所でも、他のアングラーに接触せずにすれ違いできるのもメリットでしょう。

素材には、外カバーにナイロン・ポリエステルが使われていて、空気室にはナイロン100%で出来ています。

カラーバリエーションは4種類で、ブラックカラー・レッドカラー・ブルーカラー・グレーカラーの中から選べるようになっています。

実際に装着してみると、腰ベルトの幅が絶妙で、ウエアの上でズレてしまう展開にはなりませんでした。

背中に本体を配置した状態で、一日中ロッドを振り続けることができます。

特に干渉したり接触したりすることはなく、着けているのを忘れてしまうような感覚です。

4種類のカラーバリエーションがあるので、自分の服装にマッチさせやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

手動で膨張状態へシフトできるのも、とてもありがたいです。

ダイワ(DAIWA) DF-2709 インフレータブルライフジャケット (ウエストタイプ自動・手動膨脹式) モスグリーン

ダイワ(DAIWA) DF-2709 インフレータブルライフジャケット (ウエストタイプ自動・手動膨脹式) モスグリーン

最安値価格
¥14,784(amazon)

Amazonへ ¥14,784

楽天市場へ ¥15,520

Yahoo!へ ¥14,784

ダイワからリリースされている、ウエストタイプの定番モデルです。

カセーバリエーションは、なんと8種類から選べるようになっているので、服装とのコーディネイトも多岐に渡って楽しめるでしょう。

設定サイズは、フリーサイズで、ウエスト55cmから140cmまで調節できるようになっています。

国土交通省の型式承認を受けたライフジャケットで、小型船舶用の救命胴衣TYPE-Aに認定されています。

空気室膨張時の浮力は、7.5kg/24時間以上です。

立体裁断でデザイン・成型されているので、身体にフィットしやすく、ズレやゴワつきも発生しづらいのがメリットでしょう。

また左右非対称の空気室デザインで、身体に回りつくようなカタチに作られています。

しっかりと水中での姿勢を安定させるので、落水時にも安心して対処できます。

信頼の高いハルキーロバーツ社製の充気装置を使っていて、水分を感知して膨張がスタートするようになっています。

実際にフィールドで使ってみると、とてもスリムで扱いやすく、釣りの動作の邪魔になる感じは受けませんでした。

カラーバリエーションが豊富で、モスグリーンカラー・マスタードカラー・ブラックカラー・レッドカラー・グレーカラー・ブルーカラー・ライムイエローカラー・ホワイトカラーの中から選ぶことができます。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

インフレータブルライフジャケットDF-2222の気になる発売日はいつ?

インフレータブルライフジャケットDF-2222の気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、26,000円から26,500円です。

よりコンパクトで軽量なライフジャケットが開発されることで、釣り場で装着するアングラーが増えるでしょう。

事故は予期せぬタイミングで発生するものですから、日頃からの注意と安全確認、そして準備対策を怠らないようにしたいものです。

2022年モデルの関連記事はこちら

ライフジャケット」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング