ルアーのアップ写真

サイレントアサシン99Fを使ってシーバスを追いかけてみた!実釣インプレとおすすめタックル

FISHING JAPAN 編集部

シマノのシーバスゲーム用ミノー・サイレントアサシン99Fがリリースされて、すでに数年が経ちました。

実釣においてかなりの頻度でラインに結んでいますが、毎回驚かされるのは、その飛距離。

これだけコンパクトなフォルムのルアーが、遠くから飛んできてアクションし始めるのですから、シーバスにとっては刺激的でしょう。

河川を中心に使ってみた実釣インプレと、マッチングのいいおすすめタックルをご紹介します。

「最近のモデルには、人気のフラッシュブースト機能が付いたよね!」

シャローアサシン99Fフラッシュブーストですね!

リップの形状が独特で、これまた河川の河口域や干潟エリアで効果的なミノーに仕上がっています。

潜行深度がサイレントアサシン99Fとは異なりますから、ぜひ使い分けてみてくださいね。

サイレントアサシン99Fってどんなミノーなの?

サイレントアサシン99Fとは、シマノからリリースされているシーバスゲーム専用のフローティングミノーのことで、正式名は、サイレントアサシン99F AR-C。

サイズ設定は、全長が99ミリになっていて、とてもコンパクトなフォルムに仕上がっています。

ひと目見た感じでは、まさに小魚そのもの。

イナッコやイワシと見間違えるほど、よく似たボリューム感をまとっていますよ。

ウエイトは、14グラム。

ちょっと軽いかな?と感じましたが、ラインに結んでキャストしてみると、その考えは吹き飛びました。

軽くロッドを振るだけで、飛距離は40メートルを超えていきます。

コンスタントに50メートル超えを狙えるので、広範囲をくまなくチェックしたい人に適しているでしょう。

あまり硬いブランクスのロッドは、マッチしない印象ですね。

MLパワー前後なら、しっかりブランクスを曲げた状態でルアーを射出することができます。

トゥイッチやジャークなどの、ロッドワークを加えるのにも丁度いいパワーとなりそうです。

リールは、C3000番クラスのスピニングリールを用意して、PEラインの1号前後+ショックリーダーラインを巻けば扱えるでしょう。

実際にサイレントアサシン99Fを携えて、フィールドへ出向いてみました。

河川が干潟に流れ込むエリアを選定して、水深に合わせてルアーを投入していきます。

サイレントアサシン99Fの潜行深度は、最大で80センチ。

キャストしてリップがどこにもタッチしない状態を意識しながら、リトリーブを開始します。

飛距離は、AR-C重心移動システムのおかげでバッチリ。

50メートルほど飛ばしてから、定速でリトリーブを繰り返します。

独特の引き感は、ルアーがウォブリングアクションを繰り返している証しですね。

メリハリのあるウォブリングというより、ゆるゆるとボディをひねりながら泳ぐ感じでしょうか。

サイレントアサシン99Fの実釣インプレ!

サイレントアサシン99Fでトレースしたのは、干潟と干潟の間にあるミオ筋。

その真ん中ではなく、常にどちらかの干潟にボディが接触するようにして、バランスを崩す瞬間を作るように心がけました。

干潟には海苔っぽい海藻が付着していることが多く、それにボディをつかませては振りほどいていきます。

時折スピードダッシュをするような動きになるので、シーバスが反射食いすることも。

牡蠣殻などにスタックしそうになりますが、フックが引っ掛かるだけで、カンタンに外せますね。

サイレントアサシン99Fのリップに注目!

サイレントアサシン99Fのリップは、ずいぶんと頑丈になりました。

どうしても浅瀬には、障害物や地形変化があるので、接触は避けられません。

欠けない程度の頑丈さというのが、とても難しいのは分かりますが、シーバスアングラーはそこを求めてしまいます。

バルサウッドに後付けリップのミノーで、ずいぶんと鍛えられましたが、やはりリップの剛性・耐久性は不可欠な要素でしょう。

サイレントアサシン99Fのデモンストレーション動画はこちら

サイレントアサシン99Fを操るのに使ってみたいおすすめタックルをピックアップ!

サイレントアサシン99Fをキャストしてリトリーブするのに使いたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは前述の通り、柔らかめで振り切りやすいものがいいですよ。

しなやかさが、ショートバイトも確実なフッキングに持ち込んでくれるでしょう。

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド 3代目 クロステージ シーバス CRX-862ST 8.6フィート

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド 3代目 クロステージ シーバス CRX-862ST 8.6フィート

最安値価格
¥9,655(Yahoo!)

Amazonへ ¥9,680

楽天市場へ ¥9,680

Yahoo!へ ¥9,655

メジャークラフトからリリースされている、2ピースタイプのシーバスゲーム用ロッドです。

全長は8.6フィートとやや短めなので、振り切りやすくて操作性の高さが光ります。

適合するルアーウエイトは、最大15グラムまでですから、サイレントアサシン99Fなら飛ばしやすいでしょう。

適合するPEラインは、0.4号から1号まで。

実際に手に取ってみると、ロッドティップの曲がり込みはしなやかで、復元にさほど強い張りは感じられません。

これならミノーを吸い込むようなバイトでも、きっちりフッキングに持ち込めるでしょう。

飛距離を優先したい人は、もうワンランク硬いロッドを選んでみてもいいのではないでしょうか。

50センチ程度のシーバスを複数掛けてみましたが、特にランディングに手間取ることなく、バラシも皆無でした。

表層に近い水面直下をトレースしたり、アクションさせるのにとても向いていますね。

実売価格は9千円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

安いことで他のタックルに予算を回せますから、初心者アングラーにおすすめの1本といえそうです。

グリップ周りはスリムにデザインされていて、握り込みやすいですよ。

海水に濡れた状態で放置せず、グリップのEVAはもちろん、ガイド足もしっかり洗浄するようにしましょう。

ジグヘッドを用いたワームのスイミングにも、ぜひ使ってみてくださいね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

最安値価格
¥24,800(amazon)

Amazonへ ¥24,800

楽天市場へ ¥26,992

シマノから発売中の、シーバスゲーム専用スピニングリールです。

C3000番サイズなので、納得のラインキャパで釣りを楽しめるでしょう。

ギア比は6.0対1ですから、ハンドル1回転につき88センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0キロとじゅうぶん。

自重は240グラムと軽めで、スプール寸法は直径が46.5ミリ、ストロークの長さが14.5ミリです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10ポンドを110メートル巻けます。

PEラインなら1.2号を150メートルストックできますよ。

ハンドルの長さは55ミリで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手にしてみると、ハンドルの回転は滑らかそのもので、ローターもよどみなく回り続けてくれる印象です。

サイレントアサシン99Fをキャストして、定速リトリーブするのに丁度マッチする感じでしょうか。

ドラグの出もスムーズなので、ラインを細めにしてアプローチすることもできますよね。

実売価格は2万円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっていますよ。

本格的にシーバスゲームを始めたい人に、使ってもらいたい1台ですね。

ブラック基調のカラーリングが、とてもシブくてカッコイイですよ。

サイレントアサシン99Fを駆使してシーバスゲームを満喫しよう!

サイレントアサシン99Fの特徴や実釣インプレ、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

コンパクトフォルムなのによく飛んでくれるルアーですから、シーバスが釣れる確率は極めて高くなるでしょう。

丁寧なリトリーブをおこなうことを心がければ、意外と早いタイミングで1匹めに出会えるかもしれませんね。

キャストを始める際は、自分の後ろや周囲に人がいないか、確認してからスイングに入るようにしましょう。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング