フロートのアップ写真

アジングでフロートリグを駆使したい!おすすめの使い方やタックルを特集

FISHING JAPAN 編集部

ライトソルトウォーターゲームで流行りのアジング、実際にフィールドに足を運んでみると、あちこちでアジが掛かっているシーンを見ることができます。

仕掛けを見せてもらうと、ジグヘッドリグの単体ではなく、ウキのようなものが付いていることが。

これは、アジング用のフロートリグで、沖目のポイントまでロングキャストで届けることが可能なスグレモノなのです。

ここでは、フロートを活用したアジングゲームの組み立て方について、深掘りしてみましょう。

「ジグ単だけじゃあ、飛ばないもんね!」

その通り!飛距離が出なければ、広範囲からアジを釣り上げることができなくなります。

それをカンタンに解消してくれるのが、アジングのフロートリグなのです。

月下美人シリーズやアルカジックジャパンなどから、数多くのフロートがリリースされていますよ。

アジングに用いるフロートってどんなふうに使えばいいの?

アジングゲームにおけるメインのリグは、何といってもジグ単でしょう。

細身のストレート系ワームを極小・軽量なジグヘッドにセットして、キャストする仕掛けですが、あまりにも軽いのでデメリットも発生します。

とにかく飛ばないのです。

常夜灯周りに軽くキャストする程度ならいいのですが、少しでも風が吹くと、手前で失速。

狙っているポイントまで、まず届きません。

そうなると、釣果にももろに影響が出て、釣れない時間が過ぎていくことに・・。

そこで活用したいのが、飛ばしウキです。

ウエイトのある設計になっていて、しかも昔ながらの飛ばしウキのように、大きくはありません。

アジングで用いる飛ばしウキのことを、フロートと呼んでいます。

フロートをジグヘッドの前部分に装着して、まるでキャロのようなリグに仕上げてください。

そうすればキャストする際に必要十分なウエイトが得られますし、着水後はジグ単の部分がテンションフォールして、アジを誘ってくれます。

「常夜灯周りってアングラーがたくさん集まってくるから、別のポイントにアプローチできるフロートリグは助かるよね!」

そうなんです!飛距離の出るジグ単に切り換わることで、みんなが集まるポイントで同じようにアジングをしなくて済むのです。

これは、かなり大きなメリットですよね。

例えば、沖合いに潮目が発生しているとしましょう。

ジグ単なら到底届きませんが、10グラムを超えるフロートを付けたフロートリグなら、余裕で届けることができるかもしれませんよ。

キャストして着水したら、そのまま浮かせておくだけ。

ジグ単の部分がテンションフォールして、一定の水深まで探ることができます。

とても便利で、効率よくアジを惹き付けられるアプローチといえるでしょう。

アジング用フロートの浮力に注目!

フロートには、その名の通り水面に浮き上がるフローティングタイプや、水中に沈んでいくタイプが用意されています。

水中へ沈むのなら、表層でアタリの無いときに重宝しますよね。

「つなぐジグ単を重さを軽くすれば、サスペンド状態になるんじゃないの?」

その通り!フロートリグ自体が、浮きも沈みもしないサスペンドしている状態を作り出すことができます。

食わせのタイミングを、長い時間作り出したいときなどに、とても便利ですよね。

PEラインとショックリーダーラインを結んだ際に発生する余り糸に、直接フロートを結ぶリグも発案されています。

中通しのフロートを用いるより、ラインに負担が掛からず、ラインブレイクの危険度も抑えられるでしょう。

ただし、余り糸部分を長くし過ぎると、本ラインに絡まりやすくなるので注意してください。

フロート単体で底の地形変化を探ってみよう!

スローにダイビングしていくアジングのフロートを単体で使って、海中の地形変化を探ってみましょう。

あえてジグ単を外しておくのは、根掛かり防止のためです。

ゆっくり沈んでいくフロートなら、生えている藻の上にふわりと乗ることができますから、藻の位置を確認するのに使えますよ。

この位置は藻が濃く、ここは薄くて谷間になっているな!と分かったら、次のキャストでジグ単を装着したフロートリグを投入します。

岩や沈んでいる障害物を探すのにも長けているので、ポイントの詳細探索をしたいときに便利でしょう。

アジングのフロートリグをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではアジングゲームのフロートリグをキャストして操るのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ジグ単専用のロッドよりも、ブランクスが太目で強いものが必要です。

キャストの際に負荷がかかりますし、ロングキャストを実践しなければならないからです。

10グラム以上のルアーをキャスト可能なロッドを、選ぶようにしたいですね。

メジャークラフト アジングロッド スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI 釣り竿

メジャークラフト アジングロッド スピニング ファーストキャスト アジソリッド FCS-S682AJI 釣り竿

最安値価格
¥5,742(楽天市場)

Amazonへ ¥6,600

楽天市場へ ¥5,742

Yahoo!へ ¥6,600

メジャークラフトからリリースされている、アジングゲーム用のスピニングロッドです。

2ピース仕様で携行性が高く、軽めのブランクスに仕上げられているので、長時間振り続けてもさほど疲れずに釣りを楽しむことができます。

チューブラーモデルもラインナップされているので、好みの調子のほうを選ぶといいでしょう。

全長は6.8フィートもあるので、ロングキャストで沖合いのポイントを叩くのに向いています。

適合するルアーウエイトは、0.6グラムから10グラムまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1ポンドから5ポンドまで。

適合するPEラインは、0.1号から0.6号までとなっていますよ。

ブランクスは、エクストラファーストアクションです。

実際に手に取ってみると、ベリーからバットにかけてじゅうぶんな張りがありますから、フロートリグにも対応できますし、ジグ単へシフトすることも可能です。

釣り場のシチュエーションに合わせて、臨機応変にリグを切り換えてみましょう。

実売価格は5千円台と、とても安い価格帯に抑えられています。

スピニングリールと一緒にロッドを購入するつもりなら、この設定価格は魅力的ですよね。

メジャークラフトには、実売価格1万円台にも充実したラインナップが用意されています。

予算の範囲内で、いろいろと手に取ってブランクスの張りを確認してみてください。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 2000SH

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 2000SH

最安値価格
¥7,232(楽天市場)

Amazonへ ¥8,180

楽天市場へ ¥7,232

Yahoo!へ ¥7,232

アブガルシアブランドから発売中の、小型スピニングリールです。

2000番なので、アジングゲームに必要なラインキャパを確保できていますよ。

ウエイトは225グラムと軽めで、ギア比は6.2対1に設定されています。

ハンドル1回転につき、83センチのラインを巻き取ることができるようになっていますよ。

最大ドラグ力は3キロで、ボールベアリングの個数は4つ。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4ポンドを100メートル巻けます。

PEラインなら、0.6号を100メートルストックできますよ。

ハンドルノブはフラットタイプなので、とてもつまみやすく巻き上げ動作に移りやすいでしょう。

実際に手にしてみると、ローターの回転が滑らかなので、ステディリトリーブでリグを引っ張りながら、アタリを取りやすい印象です。

ハンドルの回転も軽やかで、リズミカルに使い続けられそうですね。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

安くて扱いやすいリールを探しているなら、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

アジングのフロートリグを使いこなして尺アジを釣り上げよう!

アジング用フロートリグの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

中通しタイプのフロートを用いる場合、道糸であるPEラインを通すのはやめましょう。

必ずモノフィラメントラインであるリーダー側に通すようにすると、ライントラブルを防ぐことができますよ。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング