カヤックのアップ写真

シーカヤックで釣りたい!ルールやマナーを理解してから海に浮かぼう

FISHING JAPAN 編集部

カヤックに乗って釣りを楽しむ人が、ずいぶんと増えてきました。

足漕ぎタイプのカヤックもリリースされていて、種類は多岐に渡っています。

河川や湖・池などの淡水エリアばかりでなく、海で浮かぶケースも。

シーカヤックで海釣りをするのに、知っておきたい注意事項について、詳しくご紹介しましょう。

「他の船にぶつからないようにしたいな!」

それは命に関わりますから、絶対防ぎたいですね。

シーカヤックで釣りを楽しむにはどうすればいいの?

シーカヤックで海に浮かんで釣りをしようと思ったら、まずエントリーする場所を決めなければいけません。

「漁港からじゃダメなの?」

シーカヤックの出船を認めていない漁港のほうが、多いのではないでしょうか。

何故なら、港内は漁船が行き交うわけで、そんな船の通り道のあるところで動力を持たないシーカヤックがうろうろしていたら、事故の原因になるからです。

漁港の管理者や漁業組合に尋ねてみて、ダメなら代わりにどこからなら浮かんでいいのか、具体的な場所の指導を受けましょう。

自分で勝手に判断するよりも、的確な意見を聞かせてもらえるはずです。

当然シーカヤックで釣りをしていい場所、いけない場所も存在します。

釣りをしたらいけない場所は、前述の通り、船の通り道です。

「そんなの道路があるわけじゃないから、分からないよ!」

分からない!では済みません。

シーカヤックは、人が乗船した状態でも、とても姿勢の低い乗り物です。

そんなものが海に浮かんでいても、漁船や貨物船からは目視できません。

相手から見えているだろう!などと、楽観していてはいけないのです。

船の通り道は、海を俯瞰すると大体予想できますよ。

まずは、港の入り口。

防波堤が左右から伸びていて、その先端付近の開口部は、間違いなく船を港内に呼び入れるスペースです。

そんなところにシーカヤックで浮いていたら、ぶつかってください!と言っているようなもの。

絶対に近づかないようにしましょう。

港の入り口を起点にして、湾内へ向かう線状もダメ。

逆に、沖合いへ向かう線状も、浮かぶべきではないでしょう。

「じゃあ、どこで浮かべばいいの?」

最も船に迷惑をかけないのは、船が入り込めないような浅瀬です。

座礁を嫌う船にとって、近寄りたくないエリアなのです。

ただし、海には波がありますから、シーカヤックも上下に揺られて、浅瀬では座礁する危険が高いですよ。

岬周りも浅いので、遠回りして座礁を防がなければなりません。

網などの仕掛けを漁師さんが設置している浅瀬にも、侵入してはいけないでしょう。

実際には、かなり釣り場が限定されるシーカヤックの釣りなのに、平気で危険なエリアで釣りを続けているアングラーを見かけます。

“そこは危ない!そこは漁師さんの仕事の邪魔になる!”

もしそういうシーカヤックアングラーを見かけたら、ひと声かけて安全なエリアへ誘導してあげましょう。

シーカヤックはどこから浮かんでスタートすればいいの?

シーカヤックのエントリーは、砂浜からおこなうのがおすすめです。

近くに駐車場があって、シーカヤックのエントリーを許されている砂浜を探してください。

砂浜を見つけたからと、勝手に路上駐車して海に浮かぶのはダメです。

地方自治体などに確認すると、場所の管理者などいろいろ丁寧に教えてくれますよ。

海へ漕ぎ出したら、あまり岸から離れないようにしましょう。

沖へ出ると、他の船と遭遇する機会が増えてしまいます。

水深でいえば5メートルもあれば、じゅうぶん魚が泳いでいますから、タイラバなどの手返しのいいルアーをキャストして、底を丁寧に叩くようにしてください。

ランディングネットは必須です。

スカリを用意して船体からぶら下げておき、釣った魚を入れましょう。

クーラーボックスはクルマに置いて、シーカヤックには積まないほうが、船体が安定しますよ。

自分に近づいてくる船の存在に気をつけよう!

シーカヤックに乗っている際に注意したいのは、接近してくる船の存在です。

その船からはこちらが見えていない可能性があるので、笛や手振りでアピールして早めに知らせましょう。

進行スピードを予測して、こちらがすみやかに移動することも選択肢のひとつとして持っておきたいものです。

自分の移動スピードが上がらない場合は、ロッドやリール・タックルなどを放棄してでも船体を軽くして、パドルを漕ぐようにしてください。

一瞬の躊躇や判断の遅れが、取り返しのつかない事故を引き起こすのです。

シーカヤックに乗る前に知っておきたい注意事項を解説している動画こちら

シーカヤックに乗り込む際に用意しておきたいおすすめアイテムを選んでみた!

シーカヤックに乗るのに用意しておきたい、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

これはもう何を差し置いても、ライフジャケットです。

必ず着込んでから、海へ漕ぎ出すようにしましょう。

トカラウ [S] NavyBlue BSJ-201ARS

トカラウ [S] NavyBlue BSJ-201ARS

最安値価格
¥5,499(楽天市場)

Amazonへ ¥5,500

楽天市場へ ¥5,499

Yahoo!へ ¥5,499

ブルーストームブランドから発売中の、ライフジャケットです。

小型船舶はもちろん、釣りやマリンレジャー・キャンプや遊びなどに幅広く活用できるようになっていますよ。

股ベルトを収納するポケットも付いています。

国土交通省の型式承認試験に合格したライフジャケットなので、安心して使えるのがいいですね。

小型船舶用救命胴衣のType Dです。

ボディの生地には、ポリエステル300Dが採用されています。

サイズは3種類用意されていて、Sサイズは身長138センチから160センチの人に適しています。

胸囲は94まで、着丈は46センチになります。

Mサイズは身長155センチから175センチの人にマッチし、胸囲100センチまで、着丈は48センチになります。

Lサイズは身長170センチから195センチの人用で、胸囲は110まで、着丈は51センチです。

ウエイトは、Sサイズが約600グラム、Mサイズが約624グラム、Lサイズが約672グラムです。

初期浮力は、約8.8キロに設定されていますよ。

実際に着用してみると、着心地は重くは感じませんが、やや圧迫感はあります。

フロントファスナーと股ベルトだけで着ることができるので、とてもカンタンにセッティングできますよ。

実売価格は5千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ヒューペ Yellow BSJ-212I

ヒューペ Yellow BSJ-212I

最安値価格
¥4,500(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,207

楽天市場へ ¥7,411

Yahoo!へ ¥4,500

同じくブルーストームブランドから発売中の、小児用ライフジャケットです。

子供の体格にマッチしたライフジャケットを選び、着用させることで、安全に釣りを楽しむことができるでしょう。

小型船舶用救命胴衣の幼児用Type Aの承認を得ていますよ。

もちろん船釣りにも対応できます。

バックルをカチッと留めてベルトを締めるだけで、セッティングは完了します。

もし、うつ伏せで落水したとしても、反転して顔を上向きにして浮き上がるように作られていますよ。

ボディの生地は、ポリエステル300Dを採用しています。

ウエイトは約295グラムと軽めで、初期浮力は約5.8キロに設定されています。

着用の目安は、身長100センチ以下で、体重15キロ未満ですね。

実売価格は5千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に抑えられています。

子供にライフジャケットを着せる習慣は、まだまだ物足りない状況でしょう。

率先して実施することで、守れる命があることを自覚したいものです。

安全に留意しながらシーカヤックで釣りを楽しもう!

シーカヤックで釣りをする際に知っておきたい注意事項をご紹介しましたが、いかがでしたか?

何でも思い通りに実行してはいけない!ということです。

シーカヤックの購入を検討しているなら、カヤック販売店へ出向いて、安全対策に関するレクチャーを受けるようにしましょう。

どのショップオーナーも、事故を未然に防ぐための努力を惜しまない人たちばかりですよ!

カヤックの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング