魚のアップ写真

ボラの釣り方ってどうすればいいの?ニオイが気になるけど意外と美味しい魚

FISHING JAPAN 編集部

シーバスやチヌをターゲットに釣りをしていると、時折強烈な引きの魚を掛けることがあります。

ぐんぐん走っていくスタミナは、まさに大型魚そのもの!

喜んで引き寄せてみると・・・銀色で円筒型のフォルムがゆっくり浮いてきて、ボラだと判明。

ちょっとショックです、でもこのボラ、積極的に狙ってみると結構面白いのではないでしょうか。

ここでは、ボラの特徴や習性、効果的な釣り方をご紹介します。

「ニオイがダメ!って人が多いよね!」

確かにその通りで、特に夏場で水温の高い季節だとあのキツめの香りが、釣り上げた瞬間から漂ってきます。

ボラを積極的に釣ってみよう!

ボラとは、ボラ目ボラ科の海水魚のことですが、汽水域を好み、ほぼ淡水のエリアでも悠々と群れをなして泳いでいるケースがあります。

体長は50センチ前後で、成長すると80センチクラスにまで大型化しますよ。

独特の口元をしていて、底に溜まった泥ごと有機物を食べています。

極めて雑食性の強い魚で、あまりやせ細っている個体を見たことがありませんから、食欲旺盛で何でもバクバク食べるタイプの魚なのでしょう。

実際に釣り場へ出向くと、夏の暑い日なら表層に浮いてゆったりと泳いでいます。

河口域から河川へ入り込み、市街地の水路などでも見かけることが多いですね。

「ボラって食べることができるのかな?」

ハイ!じゅうぶんに食べられます。

というか、結構美味しいですよ。

河川で泳いでいるものは、ニオイが気になりますから、海の磯場や防波堤などで釣れたものを食べるようにしましょう。

水温が低くなる冬場のほうが、身は美味しくなりますね。

釣れたボラは、ポンポンと輪切りにして油で揚げてしまうと、食感も風味もとても美味しく仕上がりますよ。

天ぷらや唐揚げにして食べてみてください、白身で甘みを含んでいるので、マダイの天ぷらかな?と勘違いしてしまうくらいです。

ウロコや血合い・内臓などをしっかり取り除いて調理することを心がけるといいでしょう。

「やっぱり河川のボラはやめておいたほうがいい?」

どうしても有機物が大好きな魚なので、底に溜まった泥ごと口にしているようなのです。

藻を食べているのかもしれませんが、それらにニオイが付着していたら、ボラにも付くことになるわけで・・。

あまりおすすめできるものではありませんから、無理に食べないほうが無難でしょう。

数釣りを楽しむなら、河川に棲むボラのほうが適しているかもしれませんね。

餌を用いたボラの釣り方!

ボラを実際に釣ってみましょう。

まずは、餌釣りから。

集魚効果の高い練りダンゴを、チヌ釣りのときに使いますが、それをそのまま転用します。

ダンゴの中にオキアミを付けたフックを忍ばせておけば、ボラがカンタンに食い付いてくるでしょう。

「それって絶対チヌが釣れるじゃん!」

それはそれで嬉しい外道です、いつもと真逆になってしまいますが、釣りとしてはとても楽しいものになるでしょう。

タックルは磯竿にスピニングリール、いわゆるチヌ釣りをするセッティングでOKです。

ルアーを用いたボラの釣り方!

今度はボラをルアーで釣ってみましょう。

5センチ前後のコンパクトなミノーを用意します。

ボラの口が小さいので、ルアーもそれに合わせたほうが、フッキング効率がアップしますよ。

コンパクトなミノーをロングキャスト可能な、細身で張りのあるロッドを選んでください。

シーバスゲーム用やエギングゲーム用のスピニングロッドなら、とても扱いやすいでしょう。

3000番前後のスピニングリールを装着して、0.8号前後のPEラインを巻いておけば、ボラとのやり取りをスムーズにおこなえます。

ちなみにフライフィッシングでも、ボラを釣ることは可能ですよ。

藻に似たグリーンカラーの水面に浮き上がるフライで、じっくり誘うと好反応を見せてくれます。

ボラを釣るのにおすすめのタックルをピックアップ!

ボラを釣るのに扱いやすい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

特にルアーによるアプローチの場合、硬くて太いブランクスのロッドはあまり必要ではありません。

5センチ前後の小型ミノーをキャストしやすいものを、しっかり選ぶようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S96ML シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S96ML シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥12,936(amazon)

Amazonへ ¥12,936

楽天市場へ ¥12,936

Yahoo!へ ¥12,936

シマノから発売されている、マルチパーパスなキャスティング用スピニングロッドです。

全長は2.90メートルありますから、ロングキャストもアキュラシーキャストもこなせるように作られていますよ。

継数は2本で、仕舞寸法は148.7センチになります。

自重は151グラムとさほど重くはなく、先径は1.8ミリとやや細目に設計されています。

適合するルアーウエイトは、最大で32グラムまで。

これなら小型ミノーも扱いやすいですよね。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.5パーセントですね。

2021年にシマノから新発売されたモデルで、実際に手にしてみると、軽くて張りのあるブランクスに仕上がっています。

ショアからのキャスティングゲームなら、何でもこなせそうなロッドバランスが嬉しいですね。

ガイドの並びも優秀で、ライトなPEラインを用いても、ほとんど糸絡みが発生しません。

これにより手返しのいいアプローチを実現できるようになっています。

グリップ周りも細身で握りやすい形状にシェイブアップされていますよ。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ボラが掛かってもきっちり曲がり込んでくれるので、バラシを恐れずに大胆なやり取りを楽しめるでしょう。

60センチを超える巨大ボラが掛かった場合は、慌てずにロッドを立てて、長期戦を挑むようにしたいですね。

横に走るケースが多いので、障害物などにラインが引っ掛からないようにして、うまく表層に誘導しましょう。

2回から3回程度空気を口で吸わせたら、エラに泡が溜まって動きが鈍くなります。

そのタイミングを見計らって、用意したランディングネットですくってくださいね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 4000XG エギング フラットフィッシュ 青物 シーバス 初心者向け

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 4000XG エギング フラットフィッシュ 青物 シーバス 初心者向け

最安値価格
¥6,160(楽天市場)

Amazonへ ¥6,166

楽天市場へ ¥6,160

Yahoo!へ ¥6,160

シマノからリリースされている、汎用タイプの中型スピニングリールです。

4000番サイズなので、太いラインを用いて強引なやり取りを展開できるでしょう。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1巻きで99センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグは6.0キロで、最大ドラグは11.0キロですから、かなり大きいボラが食い付いてきても対処しやすいでしょう。

自重は295グラムとやや重めですが、実釣で負担になるほどではありませんん。

スプール寸法は、直径が51ミリでストロークが17ミリあります。

ラインキャパは、PEラインなら2号を210メートル巻けます。

実際に使ってみると、頑丈で耐久性のあるボディが頼りになる印象ですね。

キャストをひんぱんに繰り返しながら、ボラの付き場を丁寧にトレースすることができます。

ハンドルやローターの回転はスムーズてすし、ボラが掛かってからのドラグの出も滑らかですね。

大型魚でもゴリ巻きで引き寄せられるパワーを秘めていて、さまざまなシチュエーションで活用できるのが大きなメリットでしょう。

実売価格は6千円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に抑えられています。

安く手に入れられるので複数台所有しておいて、予備用リールとしてクルマに常備しておくのもいいかもしれません。

ラインローラー周りのメンテナンスはマメにおこなうようにして、注油も欠かさないのがベターです。

ボラ釣りを積極的に楽しんでみよう!

ボラの特徴や習性・釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

いつもは外道として扱われがちな魚ですが、積極的に釣ってみると、とても楽しい対象魚になるでしょう。

60センチを超える大型サイズが釣れることもあるので、ランディングネットは必ず釣り場に持参しておきたいですね。

釣り方の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング