イカとエギのアップ写真

エギングロッドなら万能竿として使えるってホント?おすすめロッドも選んでみた

FISHING JAPAN 編集部

アオリイカを釣るのにベストマッチなのが、エギングロッドです。

エギをキャストしやすいですし、操作もキビキビとおこなえますよ。

でもエギのウエイトって、何か別のものと似ていませんか?

ここでは、エギングロッドの可能性についてチェックしてみましょう。

「言われてみれば、ちょい投げつりの天秤仕掛けに近いかも!」

その通り!他にはロックフィッシュゲーム用のジグヘッドや、ライトショアジギング用のメタルジグなど、挙げ出したらキリがないほど。

もしかするとエギングロッドは、究極の万能竿かもしれませんよ!

エギングロッドが操作可能なウエイトをチェックしてみよう!

エギングロッドは、エギをキャストするように作られているロッドです。

ほとんどが2ピースタイプで、めっちゃ軽く設計されているのが特徴ですよね。

軽くても、イカの強烈な引きにはしっかり耐えられる剛性が与えられています。

ロッドティップが繊細でよく曲がり込み、ベリーからバットにかけてはじゅうぶんな張りがあることに。

これって、エギングゲーム以外にもかなり使える要素を含んでいると思いませんか?

例えば、ちょい投げ釣り。

サーフや防波堤でおこなうカンタンな投げ釣りのことですが、仕掛けに用いる天秤は、ウエイトが20グラム前後。

となれば、エギングゲームで用いるエギのウエイトと被ってますよね。

試しにいつも使っている8.6フィートのエギングロッドに、ちょい投げ釣り仕掛けをぶら下げてキャストしてみました。

場所は、いつもエギングゲームでお世話になっている防波堤。

ボトムは、砂地と岩場が混在しているシチュエーションなので、仕掛け引っ掛からないように操作していきます。

ちょい投げ釣りの天秤が、ちょっとした地形変化に掛かったら、ラインをリトリーブするのを止めてアタリを待ちます。

1分もしないうちに、コツコツと手元に何やら伝わってきますよ。

エギングロッドならではの高い感度が、餌をついばむ魚の微細なアタリを、確実に拾っているのです。

しかも!柔軟に曲がろうとしてくれるロッドティップが、すでにビビビッと揺れているではないですか。

これはもう魚が餌を口にしている!と確信を持ち、豪快なフッキングを決めることにつながりました。

ランディングしたのは、プリップリのシロギス。

エギングロッドで釣れてしまうなんて・・。

いや、エギングロッドのスペックがあったからこそ、釣れたシロギスだったのでは!と実感できた瞬間でした。

シーバスやメッキを釣るのに適しているエギングロッド!

ちょい投げ釣りによって、エギングロッドの万能スペックに気づいてからは、もっと他の釣りに使えないか試すことになりました。

次にやってみたのは、シーバスゲームやメッキゲームです。

小振りな5センチほどのミノーを付けて、軽めにキャスト。

着水音は静かですから、場に余計なプレッシャーは与えませんし、ミノーのウォブリングが手元にビンビン伝わってきます。

ドンッ!といきなりバイトしてきたのは、セイゴサイズのシーバス。

それでもかなりよく引いてくれて、エキサイティングなやり取りを存分に楽しめましたよ。

ルアーを鉄板系バイブレーションルアーに交換すると、今度はメッキアジが果敢にアタックしてきます。

フッキングパワーがきっちり伝わっているようで、メッキのアゴを貫通していました。

これもエギングロッドのブランクスパワーによるものでしょう。

アジングのフロートリグにもベストマッチ!

エギングロッドを使って、アジングのフロートリグをキャストすることもできます。

通常のアジングアプローチなら、エギングロッドは硬過ぎて使いにくいでしょうが、フロートリグの重さならバッチリ。

イメージ通りに飛距離を伸ばせますし、フッキングもしっかり決まりますね。

これはもうエギングロッド=万能竿といっていいのではないでしょうか。

万能竿として使ってみたいおすすめのエギングロッドを選んでみた!

それでは万能竿としてさまざまな釣り方に使えそうな、おすすめのエギングロッドを取り上げてみましょう。

あまり長くて重くないほうが、手元感度が高くて扱いやすいですよ。

細いPEラインを操ることになるので、絡みにくいガイドシステムを採用しているものにしたいですね。

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86ML・N

ダイワ(DAIWA) ロッド 21 エメラルダス MX 86ML・N

最安値価格
¥21,594(Yahoo!)

Amazonへ ¥26,646

楽天市場へ ¥22,562

Yahoo!へ ¥21,594

ダイワからリリースされている、ベーシックなエギングロッドです。

やや柔らかめの味付けなので、微細なアタリを弾いてしまわずにフッキングに持ち込めるでしょう。

全長は2.59メートルあるので、軽く振ってもよく飛んでくれますよ。

継数は2本で仕舞寸法は134センチですから、釣り場までの持ち運びはとても便利です。

標準自重は95グラムと軽めなので、感度はかなり高くなっています。

先径/元径は、1.4/10.9ミリと細いですからよく曲がり込んでくれます。

3.5号までのエギをキャスト可能なので、20グラム前後の仕掛けまで操れるでしょう。

ブランクのカーボン素材含有率は、97パーセントです。

実際に手にしてみると、とても軽くて操作性はバツグン。

ちょい投げ釣りに転用したら、ボトムの形状をカンタンに把握できました。

これなら万能竿として、ライトソルトウォーターゲーム全般に使えそうですね。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

ガイドシステムもラインの絡みにくいタイプなので、まさに理想的なスペックといえるでしょう。

エギングロッドを駆使してさまざまな釣り方を楽しもう!

エギングロッドの特徴や万能竿としてのスペック、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

お気に入りの1本を見つけ出して、ぜひ釣り場で使い込んでみてください!

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング