ケースのアップ写真

ルアーの収納方法ってどうしてる?ケースの選び方やおすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

釣りを続けていると、自分の部屋には数多くのルアーが山積みになりがちです。

こんなに集めてしまったら、使いたいときに見つけ出すのも困難だな・・と感じている人、結構多いのではないでしょうか。

そこでここでは、ルアーの収納に役立つ方法についてチェックしてみましょう。

「最近の100均ショップには、ルアーケースに使えそうなアイテムがいっぱい販売されているよね!」

その通り!100均なので価格も安く、とても重宝する収納ケースが目白押しです。

自分なりに工夫しながら、ルアーを収納して整理してみましょう。

手持ちのルアーを収納するにはどうすればいいの?

たくさんの手持ちルアーを、きっちり整理しながら収納しておくには、やはり樹脂製のルアーケースを用いるのがベターでしょう。

「めっちゃたくさん収納できる、タックルボックスみたいなのがいいのかな?」

いやいや、最初からそれを求めてしまっては、散らかっているルアーを1ヵ所に集めただけになりますよ。

収納した状態からカンタンに取り出して使えるようにするには、まずルアーのサイズに着目することから始めましょう。

例えば、20センチ。

この長さ以内に収まるルアーをピックアップします。

ミノーやシャッド・クランクベイト・ジグと、まだまだ結構な種類が存在しますよね。

そこで用意するのは、深さ3.4センチまでの樹脂製ケースです。

さきほどの20センチと組み合わせれば、このケースに収納できるルアーは、ずいぶんと絞り込めますよ。

3.4センチならさほど高さがないので、ミノーやジグなどのスリムなもののみを集められるでしょう。

こんなふうにして、ルアーケースのサイズに合わせて、それに入るものから収納を開始していくと、入り切らないものだけが残ります。

今度はそれに合わせて、より深いルアーケースを用意して収納していけば、最終的には複数のルアーケースの中に手持ちルアーが収まってしまうはずです。

半透明なケースにすれば、フタを開けなくても中身を確認できますし、横からみてケースの厚みによって中身も予想も立てやすいですよ。

これぐらいのサイズのルアーケースにしておくと、ゲームベストの前ポケットにも入れやすいですし、持ち運びも便利に。

数多くのルアーケースを釣り場へ持ち込みたい場合は、バッカンに入れて運べばいいでしょう。

釣行ごとにバッカンの中身を変えるだけで、さまざまな釣り対象魚にアプローチ可能となります。

何度もいいますが、全部入ってしまうような大きなタックルボックスより、個別に仕分けられるルアーケースを用意するのが先です。

じっくり時間をかけて、大切なルアーの保管場所を確保してあげてくださいね。

ルアー収納ケースの仕切り板を活用しよう!

ルアーを収納するケースには、仕切り板の付いているものがあります。

これを用いてケース内部を仕切ることによって、収納したルアー同士のフックなどが絡まるのを防げますよ。

取り出す際もスムーズにおこなえますから、仕切り板を上手く活用してください。

ワームプルーフタイプのケース・仕切り板なら、ワームを直接並べてもOKです。

カラー別にワーム専用ルアーケースを用意しておけば、釣り場で慌てることもなくなっていくでしょう。

水の浸入を止めるルアー収納ケースも人気!

ルアーを収納するケースには、水の浸入をシャットアウトする機能を持ったものもあります。

水に触れないことで、フックやスプリットリングなどが錆びてしまうのを未然に防ぐことができますよ。

ただし、フタ部分にパッキンゴムなどが追加されるので、通常のルアーケースよりも重くなるデメリットが。

自分の釣りスタイルに合わせて、しっかりマッチした仕様のケースを選びたいですね。

おすすめのルアー収納ケースを選んでみた!

それでは扱いやすいおすすめのルアー収納ケースを取り上げてみましょう。

長さ20センチ+厚さ3.4センチはひとつの目安で、自分に都合のいいケースサイズを選ぶようにしてください。

釣り場への持ち運びも考えると、こちらのアイテムはいかがでしょうか。

ダイワ(Daiwa) ワーム ケース アジング メバリング 月下美人 ローテーションケース 747899

ダイワ(Daiwa) ワーム ケース アジング メバリング 月下美人 ローテーションケース 747899

最安値価格
¥247(Yahoo!)

Amazonへ ¥824

楽天市場へ ¥765

Yahoo!へ ¥247

ダイワから発売中の、極めてコンパクトなルアーケースです。

内寸が65×30×10ミリしかありませんから、ゲームベストやジャケットなどのポケットに、カンタンに収納できてしまいますよ。

簡易防水仕様でシリコンパッキンに覆われていますから、水が浸入することも外へ漏れ出ることも防いでくれます。

例えば、使ったジグヘッド+ワーム。

それを別のものに結び換えたとき、使っていたものを収納しなければなりませんよね。

海水で濡れた状態のものと未使用のもの、同じケース内に入れたくはないでしょう。

そこでこのダイワのケースを複数個ポケットに入れておけば、使用済みのみを回収するケースとして使えるわけです。

実際に釣り場へ持ち込んでみましたが、とても軽量で場所を取りません。

手のひらの上で2つ並べて、ルアーローテーションの作業をするのも便利ですね。

ジグヘッドリグ以外には、ワーム単体で保管したり、鉄板系バイブレーションルアー・スプーン・マイクロメタルジグなどを収納しておくことができます。

大きなルアーケースの仕切り板の1室程度のスペースしかありませんが、それが逆に良いのです。

さまざまな釣りスタイルで活用できますし、釣り場にゴミを残さないことにもつながるでしょう。

実売価格は700円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

複数個購入して、使用前・使用後やカラー別収納などに活用してみてください。

帰宅したらケースごと洗浄するのも、カンタンに済ませることができますよ。

COREMAN(コアマン) コンパクトルアーケース クリア

COREMAN(コアマン) コンパクトルアーケース クリア

最安値価格
¥519(amazon)

Amazonへ ¥519

楽天市場へ ¥528

Yahoo!へ ¥528

シーバスゲームでお馴染みのコアマンからリリースされている、コンパクトサイズのルアーケースです。

半透明なので中身をしっかり確認できるのがいいですね。

ボディの素材には高耐衝撃ポリマーを採用しているので、耐久性が高くて使い続けるのに向いています。

バックルの部分は、ABS樹脂で出来ています。

ボディサイズは、W145×H100×D20ミリですから、シーバスゲームで用いるミノーやテールスピンジグ・鉄板系バイブレーションルアーなどを収納することができます。

実際に使ってみると、横に長く3室用意されている状態で、カラーローテーション用に同じルアーを並べておくのに向いている印象です。

仕切り板も同梱包されていますから、室を増やして小さなルアーを並べるのもいいかもしれませんね。

何より厚みが20ミリしかありませんから、ゲームベストなどのポケットに収納しやすく、取り出しやすいですよ。

素早くルアー交換を実施したいときなどに重宝するでしょう。

実売価格は500円台と、とてもコスバ優秀な価格帯に設定されています。

これも複数個所有して、釣り方に合わせて持ち替えるのがベターといえそうですね。

第一精工 タックルケース MCケース ルアーケース ワームケース ブラック #138S 33239 146×103×25mm

第一精工 タックルケース MCケース ルアーケース ワームケース ブラック #138S 33239 146×103×25mm

最安値価格
¥360(楽天市場)

Amazonへ ¥515

楽天市場へ ¥360

Yahoo!へ ¥360

第一精工から発売されている、ジグヘッドなどを収納するためのルアーケースです。

内寸は138x84x19ミリとコンパクトで、素材にはポリプロピレンが使われています。

内部に敷かれているマットには、発泡ポリエチレンが採用されていますよ。

マットにはスリットが入っていて、とても見やすくすっきりジグヘッドを収納できます。

実際に使ってみると、これもゲームベストのポケットに入れやすく取り出しやすいメリットを持っていますね。

落としても割れにくく、とても頑丈な印象です。

実売価格は300円台と、とても安い価格帯に設定されています。

釣り場で素早くジグヘッドを選ぶのに、プラスに働くのは間違いないでしょう。

ルアー収納ケースを駆使して整理を始めよう!

ルアーの収納方法や、おすすめのルアーケースをご紹介しましたが、いかがでしたか?

手持ちのルアーを整理しながら収納し、実釣で使いやすくすることで好釣果につながるはずです。

最初は少し手間取るかもしれませんが、じっくり時間をかけて収納作業に努めてください。

ルアーケースの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング