水中の景色を映した写真

水中カメラでリアルタイムの様子を見ながら釣りをしたい!おすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

いつも通っている釣り場の状況を、もっと詳しく知りたい!と考えている人は多いでしょう。

例えば、目の届かない海の中をじっくり観察することができたら・・もっと釣れそうな気がしてきませんか?

ここでは、水中カメラを用いて海の様子をリアルタイムで観ながら、実際に釣りができないか検証してみましょう。

「GoProみたいなカメラを沈めるのかな?」

そういう動画を観たことがありますよね。

魚の有無は、すぐに確認できそうな気がするのですが・・。

水中カメラにはどんなものがあるの?

水中カメラといえば、頭に思い浮かぶのが、大がかりな枠やストロボ機能の付いた防水タイプのものです。

テレビなどで昔からよく見ますよね。

あれほどのスペックのカメラを、個人で用意するのは無理があるかもしれません。

できるだけ費用を抑えて水中カメラを用意したいなら、ネット通販をチェックするのがイチバン。

早速検索してみると、かなりの数の水中撮影機能を持ったカメラが出てきましたよ。

中でも興味深いのは、内視鏡カメラです。

本来の使用目的は、配管などの狭くて濡れているような箇所を、奥まで進入して観察チェックすること。

でもその機能があれば、水中へ先端のカメラを潜り込ませて、ボトム付近の様子やテトラの隙間の奥を覗くことができるはずです。

こちらの通販アイテムをご覧ください。

ケーブルが1.5メートルから最大10メートルの長さのものまで選べて、IP67防水機能も持っていますよ。

となると、海に入れて水中の魚や生き物の観察に転用可能でしょう。

NIDAGEワイヤレス内視鏡カメラ wifi接続ファイバースコープ1080P エンドスコープ検査カメラ5.5mm極細レンズ 録画可能 防水仕様 スネークカメラ 1.5M技適認証済み 日本語取扱説明書

NIDAGEワイヤレス内視鏡カメラ wifi接続ファイバースコープ1080P エンドスコープ検査カメラ5.5mm極細レンズ 録画可能 防水仕様 スネークカメラ 1.5M技適認証済み 日本語取扱説明書

最安値価格
¥3,144(amazon)

Amazonへ ¥3,144

しかもこの内視鏡カメラは、Wi-Fiでデータを飛ばせる無線機能も付いています。

自分のスマホ画面で、水中の様子を観察できてしまうことになりますね。

片手にロッド、片手にスマホを持って釣りをするなんて、かなり刺激的といえるでしょう。

明るさ調整機能の付いたLEDライトも、カメラの先端に装備されていますから、暗い水中でもハッキリと映し出せるはず。

しかも販売価格を見てください!

なんと3千円を下回る安さですから、これは実践してみるしかないでしょう。

スマホへ映像がきちんと飛ぶように、Wi-Fiの設定を正しくおこなってくださいね。

また水中カメラは精密機械ですから、手荒に扱うのは絶対にやめましょう。

実際に水中カメラで海の中を観察してみた!

実際にケーブル付き内視鏡カメラで、水中を観てみました。

しっかりと周囲の様子は映し出されるのですが、魚はカメラの前を行き過ぎるばかり。

ポイントに定着しているのか、回遊しているのか、判別するのにひと苦労です。

しかもどアップに表示されますから、周囲の地形変化を把握するのに時間がかかってしまいます。

これでルアーや餌仕掛けを操作しながら、魚の目の前へ持っていくのは、至難の業かもしれません。

仮に魚を釣り上げることができたとしても、手返しが悪過ぎて釣れる本数が伸びないでしょう。

丁寧な観察があなたの釣りを変えてくれる!

水中カメラを釣りに利用するなら、カメラ単独で水中に沈めてみて、ボトムの地形変化や壁・穴などを個別にチェックするのがベターかもしれません。

元々内視鏡カメラなのですから、転用できっちり目的を果たすのは困難でしょう。

やはりGoProやドローンなどを用いて、水中映像を撮影するほうが、欲しい情報を手に入れられるといえそうです。

海の中は、我々が想像するよりも生命に満ち溢れています。

釣れないときは、魚がいないんじゃないか?と考えてしまいがちなのですが、そんなことはない!という事実を水中カメラが如実に伝えてくれますよ。

そういう観察経験を経た上で釣りをすると、もっと丁寧なアプローチを実践できるのではないでしょうか。

専用の水中カメラを使って海の中をじっくり撮影している動画はこちら

水中カメラで得た情報を元に釣りをしたい!おすすめのタックルをピックアップ

水中カメラで得た海の情報を元に、釣りを実践してみましょう。

ロングキャストは必要なく、接近戦で使いやすいタックルがおすすめになります。

ロッドは短くて軽いほうが、操作性をアップすることができるでしょう。

ルアーでも餌仕掛けでも使える万能タイプが、ベストマッチですね。

シマノ(SHIMANO) 振出竿 ロッド フリーゲーム S80ML-4 エギング ロックフィッシュ 根魚 タチウオ シーバス アオリイカ

シマノ(SHIMANO) 振出竿 ロッド フリーゲーム S80ML-4 エギング ロックフィッシュ 根魚 タチウオ シーバス アオリイカ

最安値価格
¥7,789(amazon)

Amazonへ ¥7,789

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥8,007

シマノから発売されている、振出式のスピニングロッドです。

携行性に優れていて、軽さが操作性も高めていますよ。

1本持っていれば、さまざまなシチュエーションで魚を釣ることができるでしょう。

全長は2.44メートルと、エギをキャストしてアオリイカを誘うのに丁度いい長さです。

シーバスゲームやチヌゲーム、ちょい投げ釣りや泳がせ釣りなどにも転用できますね。

継数は4本ですから、仕舞寸法はたったの70.5センチにまで縮まりますよ。

これならクルマに積み込みやすいですし、防波堤や磯場まで持ち運ぶのもラクチンです。

自重は135グラムと軽めなので、長い時間ロッドを振り続けても、さほど疲れは感じないでしょう。

手首やヒジなどの負担が軽ければ、集中力も維持できることにつながります。

先径は1.6ミリと細めで、よく曲がり込んでくれます。

錘負荷設定は、8号から25号までぶら下げることが可能です。

適合するルアーウエイトは、5グラムから35グラムまでですね。

エギをキャストするつもりなら、2号から3.5号までがおすすめです。

適合するPEラインは、0.4号から1.2号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90.4パーセントです。

実際に釣り場で使ってみると、伸ばしやすくて曲がり込みもスムーズな印象です。

どちらかといえば柔らかめなブランクスですが、魚が掛かってからはしっかりと引きに耐えてくれますし、軋みなどは発生しませんでした。

ロングキャストも楽におこなえますが、さまざまなロッドワークを繰り出しやすいですから、足元のディープゾーンやボトム付近を丁寧に探るのに向いています。

実売価格は8千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されていますよ。

ラインにスラックを与えながら、その変化に合わせてフッキング動作に移ってください。

シマノ(SHIMANO) 21 アルテグラ 2500SHG

シマノ(SHIMANO) 21 アルテグラ 2500SHG

最安値価格
¥18,700(amazon)

Amazonへ ¥18,700

シマノから2021年にリリースされた、汎用性の高いスピニングリールです。

番手は2500番なので、エギングやシーバスゲーム・チヌなどのライトソルトウォーターゲームなどに向いていますよ。

設定のギア比は6.0対1で、ハンドル1回転につき89センチのラインを巻き取れるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.5/4.0キロありますから、大型魚が食い付いてきてもじっくり時間をかけてやり取りできるでしょう。

自重は220グラムと軽めなので、高い感度を持って長時間の釣りに耐えられるはずです。

スプール寸法は、直径が47ミリでストロークが17ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200メートル巻けます。

実際に手にしてみると、とてもコンパクトで洗練されたデザインに仕上がっている印象ですね。

ハンドルの回転は滑らかで、それがローター回転にもつながっています。

軽やかでカチッとした剛性感が伴なっていますから、安心して釣りに集中できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ハイスペックモデルに搭載されていたモジュールギアⅡやロングストロークスプール・サイレントドライブ・Xプロテクトなどが、惜しげもなく組み込まれているのが嬉しいですね。

釣行から帰宅したら、真水でしっかり洗浄して拭き取り+乾燥をおこなってください。

ボディに付着した塩気を取り除いておけば、かなり長持ちしてくれるはずです。

水中カメラを駆使して情報を収集し釣りを楽しみたい!

水中カメラの特徴や使い方、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

目で見ると確信を持てます。

でも水中カメラで追いながら釣りをするのは、かなりのスキルが求められるでしょう。

まずは水中カメラで得た情報から有効なものを抽出し、それをベースにその日の釣り方を組み立ててみてください。

釣りの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング