魚とルアーのアップ写真

川釣りを始めたいけどどうすればいいの?初心者アングラーにおすすめの釣り方&アイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

街中を流れる河川には、さまざまな魚が生息しています。

よく観察してみると、大きなコイが群れをなして泳いでいますよ。

もっと上流へ足を運べば、イワナやアマゴに出会えるかもしれません。

そんな夢を膨らませる初心者アングラーに、川釣りのハジメの一歩をご紹介しましょう。

何も難しいことはありませんが、知っておかないと河川を管理している人に迷惑がかかるかも。

必要な基本知識を携えて、川岸に立つようにしたいものです。

「どこでいつ釣ってもイイってわけじゃないの?」

その通り!定められたローカルルールに従って、川釣りを始めるようにしましょう。

川釣りのスタートラインとは

川釣りを始めるに当たって知っておきたいのは、釣り禁止期間とエリアです。

川が流れているからといって、どこで釣りをしてもいいというわけではありません。

各河川には漁協が設けられているので、詳しい情報は直接問い合わせてみるようにしましょう。

特に渓流と呼ばれる上流エリアでは、魚を保護する観点から、寒い時期に釣りをすることを禁止しているケースがあります。

具体的には、秋の10月ぐらいから年明け2月いっぱいまでは、渓流魚の産卵がおこなわれますから、釣りをしないように取り決めているのです。

鮎釣りにも釣り禁止期間が設けられていますから、河川ごとに詳しく調べる必要があるでしょう。

また釣りが解禁されている期間でも、遊漁券を購入して求められれば提示できるようにしなければなりません。

「えっ、川釣りをするのにお金を支払うの?」

その通りです!魚を放流したり管理したりするのに大きな費用がかかるので、その協力金として徴収される仕組みになっていますよ。

1年間通して使える遊漁券も用意されていますから、うまく活用したいですね。

全国内水面漁業協同組合連合会の公式サイトでは、川釣りの解禁日等の情報を公開しています。

釣りに出かける前に、しっかりと確認して当日のプランを練るようにしましょう。

小規模な水路から始める川釣り

川釣りは、難しい釣りではありません。

いきなりルアーで魚を狙おうとせず、中流から下流エリアに広がる、水路に目を向けてみましょう。

水田や畑の多い場所には、必ず灌漑用水路が設けられていますよ。

釣り禁止の看板がなければ、そこに棲む魚たちをターゲットにしてみましょう。

用意するのは、3メートル前後の延べ竿。

振出式タイプにすれば、持ち運びしやすいので便利です。

餌は、岸際の石の下にミミズが潜んでいるので、現地調達します。

「うわ、ミミズ触れないんだよ、、」

そんな人には、チューブ式の練り餌がリリースされていますから、釣行前に釣具屋さんでゲットしておきましょう。

フックの先端に絞り出して付けるだけで、魚を釣ることができますよ。

フナやハヤ・ウグイ・カワムツ・モロコなどが釣れるでしょう。

仕掛けは、延べ竿の穂先に道糸を結んで、その先端にサルカンを装着。

逆サイドにハリス付きフックを結べば完了です。

ちょっと軽くて扱いにくいかな!と感じたら、割りビシを持参しておいて、サルカンの辺りに装着すれば振り込みやすくなります。

河口域にはさまざまなルアー対象魚が生息!

餌を用いた川釣りに慣れてきたら、次はルアー釣りにもチャレンジしてみましょう。

ミノーやスプーン・スピナーをキャストしてただ巻きするだけで、さまざまな魚が釣れますよ。

おすすめは、ハゼです。

小さくて可愛いハゼは、主に河口域に数多く生息していますよ。

5グラム前後のルアーをキャスト可能なスピニングタックルを用意して、スピナーや極小クランクベイトをラインに結びます。

浅瀬に乗り込んでくる習性を持っていますから、川岸を歩きながら水深の浅いエリアを探すようにしましょう。

ルアー自体が軽めなので、ロングキャストしようと思ったら、柔らかくてよく曲がるロッドや細いエステルラインを使うといいですよ。

ボトムの地形変化を手元で感じながら、なぞるように泳がせてくると、いきなりバイトしてきます。

そばにチヌやキビレ・シーバスなども泳いでいますから、釣れる可能性は高いでしょう。

川釣り初心者におすすめのアイテムをピックアップ!

川釣りの初心者におすすめしたい、便利なアイテムをご紹介しましょう。

まずは、餌から。

携行性の高いものがいろいろ用意されているので、その中から常備しておきたいアイテムを選んでみました。

常温でも保存できてしまうのが嬉しいですね。

マルキュー(MARUKYU) ヤマベチューブハエ

マルキュー(MARUKYU) ヤマベチューブハエ

最安値価格
¥324(楽天市場)

Amazonへ ¥326

楽天市場へ ¥324

Yahoo!へ ¥324

釣り餌のマルキューから発売されている、チューブ入りの練り餌です。

ずいぶん以前から釣具店に並んでいるので、愛用者の数はかなり多いでしょう。

フタを開けてチューブを押して絞り出すだけ。

フックの先端に少し付けて、あとは水中に投入すれば魚を集めてくれますよ。

内容量は、50グラムとじゅうぶんな量。

これだけ入っていれば、次の釣行でも使えそうですよね。

川魚が好む鮮やかな赤い色に着色されていて、とても滑らかな触り心地なのが特徴です。

実際に使ってみると、粘り気もじゅうぶんあるので、ハリ持ちがいいのが分かります。

摂餌物質アミノ酸入りですから、魚の好む味に仕上げられています。

アミノ酸は、エビなどに多く含まれていますよ。

実売価格は300円台と、とても安い価格設定に収まっています。

使い切っても取り出せるように、いつもクルマに新しいものを補充しておきたいですね。

プロマリン(PRO MARINE) PG 彩流DX 270S

プロマリン(PRO MARINE) PG 彩流DX 270S

最安値価格
¥508(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,518

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥508

プロマリンブランドからリリースされている、万能延べ竿です。

全長2.7メートルで3本継ぎ、仕舞寸法は103センチとなっています。

自重は79グラムしかないので、軽々と振り回せるのがいいですね。

水路を攻めるには、短めの延べ竿のほうがヤブコギしやすく便利です。

各ポイントをチェックしながら、魚の姿を見つけたら仕掛けを投入するようにしましょう。

リール付きの竿ではないので、魚の引きが強い場合はラインを出すことができません。

竿を魚のほうへ倒しながら、曲がりを活用して耐える釣りを展開してください。

そのダイレクト感が楽しく、何度も川釣りに出かけたくなってしまう要因となるでしょう。

実際に手にしてみると、細身でよく曲がる印象です。

ウグイやオイカワなどを数多く釣り上げて、川釣りの感覚を身に着けるのに丁度いいかもしれません。

実売価格は、驚きの千円未満で、コスパ優秀の極みといえるでしょう。

仕舞寸法がもう少し短いほうが携行性は高く、より便利なアイテムになるはずです。

JACKALL(ジャッカル) エッグナッツ ピンキートリート 2.3g / 28mm

JACKALL(ジャッカル) エッグナッツ ピンキートリート 2.3g / 28mm

最安値価格
¥1,078(amazon)

Amazonへ ¥1,078

楽天市場へ ¥1,078

Yahoo!へ ¥1,078

ジャッカルから発売中の極小クランクベイトです。

フローティング仕様で全長28ミリと、かなり小粒なフォルムが特徴。

自重は2.3グラムと軽めで、水深1メートルまで潜行できるように作られています。

ハゼが群れている河口域の浅瀬エリアで、ロングキャスト+リトリーブを繰り返しながらボトムノックを繰り返してください。

地形変化をなぞることで、ハゼが追いかけてきてバイトしてくれますよ。

フックは上向きの8番シングルフックを標準で装備。

これなら根掛かりしにくいですから、大胆にボトムトレースできますよね。

実際にキャストしてみると、ウエイトの割りにはよく飛んでくれます。

ウォブリングアクションにメリハリがあり、カラーバリエーションも豊富なので、ハゼの視線は釘付けになるはずです。

実売価格は900円台と、千円を切るリーズナブルな設定。

チヌやキビレもバイトしてきますから、とても楽しい川釣りになるのは間違いなさそうです。

キャストするには、スピニングロッドにスピニングリールが必要になるので、軽いルアーが扱えるものを用意してください。

シーバスもターゲットにできるように、剛性・耐久性の高いものを選ぶようにしたいですね。

川釣りをマスターして多くの魚を釣り上げよう!

川釣り初心者におすすめの釣り方や便利アイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

川岸に立って注意したいのは、足元の状態です。

水を被ってしまうような場所なら、滑りやすい藻やコケが生えていることも。

そんな場所に普通のシューズで入り込むと、とても危険です。

ソールには滑りにくい加工を施したものを選ぶようにして、安全最優先で釣りをスタートさせてください。

また川には橋が架かっていますが、その上からの釣りは通行する人の邪魔になるので、絶対におこなわないようにしましょう。

川釣りの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング