ホキの切り身の写真

ホキってどんな魚か知ってる?白身魚フライやちくわなどに使われる深海魚をチェック

FISHING JAPAN 編集部

白身魚といえば、ドライブスルーが便利なフィレオフィッシュバーガーをイメージしてしまいます。

お弁当のおかずにもよく使われていて、身近な料理として親しまれていますよね。

そんな白身魚は、いったいどんな魚なのでしょう?

タラやメルルーサという答えを聞いたことがありますが、実はホキも含まれているとのこと。

「なにそれ?全く知らないんだけど、、」

そういう人が結構多いでしょうから、ここでは白身魚のホキについてご紹介しましょう。

イワシは魚へんに弱いと書きますが、ホキにあてがわれた漢字もあるのでしょうか?

ホキとは

ホキとは、日本近海に生息している魚ではありません。

遠く南半球、ニュージーランドのあるエリアを中心に、深海600メートルぐらいまでを生息域としている深海魚の特徴を持っています。

生まれ立てのころは、もっと浅いところにいるようですが、成魚になるしたがって深場へ落ちていくようですね。

ニュージーランドの南島周辺からオーストラリアの南部にかけて、それからアルゼンチンとチリのパタゴニア水域や、南アフリカの沖合水域に生息域は広がっていますよ。

陸棚の斜面を好むようで、漁もその辺を狙っておこなわれてきました。

その結果、かなりの乱獲が影響して数が激減しています。

現在日本に輸出されているのは、ホキの仲間のデコラであるケースがほとんどかもしれません。

見た目が良く似ているので、切り身に加工されてしまえば判別は難しいでしょう。

のり弁のフライになるために、獲り尽くすまで捕獲を繰り返されるというのは、ちょっと可哀そうですよね。

ホキを漢字で書くと、どのようなものになるのでしょうか?

ホキという言葉自体が、ニュージーランドやオーストラリアでの呼び名なので、それに対して発音の合う漢字があてがわれることはありませんでした。

ですから、日本で流通する場合でも、カタカナのホキのまま。

補器とか保木にはなっていないのです。

でも、魚屋さんでホキを名指ししている人にも、あまり出会いませんから、そもそも知られていないと考えたほうがいいでしょう。

ホキの生態

ホキの生態をチェックしてみましょう。

鋭い歯の持ち主なので、肉食魚であることは間違いありません。

深海エリアで泳いでいるイワシの仲間やエビ・カニの甲殻類、それからイカなどを主食にして暮らしていますよ。

目はまんまると大きく、他の深海魚のように退化してしまっていることはありません。

全長は、成魚で1メートルを軽く超えていき、体重は8キロ前後まで増えるとのこと。

かなり大きな体格ですから、普段切り身の姿しか見ていないのでちょっとびっくりですね。

ちなみに、アルゼンチンやチリで獲れるホキは、ホキの仲間であるデコラであり、それが日本にやってきていることになります。

ホキの産卵時期

ホキの寿命は意外と長く、20年前後も深海で暮らし続けることができる個体もあるとのこと。

産卵の時期は、6月以降の夏がメインで、秋口にかけておこなわれることが確認されていますよ。

食べる場合の旬も、それくらいになるのでしょうか。

本来は産卵を繰り返し子孫を増やし続けてきたのでしょうが、人間による乱獲によって激減しているというのは、何とも嘆かわしい限りです。

自然の中に棲む生き物に対して、度を越えた捕獲行為を繰り返してきた歴史がありますが、ひとつずつ絶滅種が増えていくことで、地球そのもののバランスは失われていきます。

もし人間がいつまでも地球で暮らし続けたいと願うなら、自らの行為に制動をかけるための覚悟が求められています。

魚は貴重な資源である以前に、自然環境を構築している必要不可欠なものですから、無くしていいピースなど存在しません。

ホキの食べ方

ホキの食べ方を見てみましょう。

ホキの身は、白身魚の中で比べてもかなり上品な味がすると評判の高いものです。

同じ白身魚のタラとよく似ていますよ。

口に入れると弾力があり、それゆえに加工しやすいというメリットにつながります。

ホキの骨は、サンマのように小骨がたくさん並ぶようなタイプでなく、とても少なくて取り除きやすい特徴を持っています。

ということは、料理すれば子供でも口に入れやすく、安心して与えられるということになります。

加熱処理しても原形のボリュームを維持してくれるので、ソテーやフライ・天ぷらなどに調理すると喜ばれるでしょう。

肉質は合格点ですが、身そのものにベースとなる味があまり伴なっていないため、多く食べると飽きるイメージがありますね。

そこでソースや香辛料を交えた食べ方・調理方法のほうが、適しているといえるかもしれません。

ホキのレシピを調べてみると、濃い味付けを付加しようとするものが多いのは、そういう理由からでしょう。

ホキの調理方法

ホキを分かりやすく調理している動画を見つけましたよ。

こちらは、ホキの切り身を天ぷらにしています。

皮付きで冷凍のものを揚げていますが、冷蔵庫に入れて解凍したもので試してみてもいいでしょう。

あまり油の温度を上げずに、じっくり時間をかけて揚げるほうが、ふっくらとした食感を楽しむことができます。

季節の野菜なども一緒に天ぷらにして、食卓を華やかに彩ってみてくださいね。

ホキの切り身を天ぷらに調理している動画はこちら

ホキの天ぷらにチャレンジしてみました。

動画の通り、冷凍カチカチのまま揚げてみたのですが、全然OKで美味しく食べられます。

ホキの肉質が、そういう調理方法に向いているのかもしれませんね。

もし、魚屋さんでホキを見つけることができなければ、ネット通販をチェックするとカンタンに発見できます。

切り身の状態のものや、フライのころもをまとった状態のものも用意されていますよ。

お好みのホキを購入して、自宅のキッチンで調理してみましょう。

ホキの調理におすすめのアイテムはこちら!

ホキの調理におすすめのアイテムをピックアップしてみました。

まずは、食材の手配から。

最寄りのスーパーへ出向いてホキを探してみてください。

販売価格は、ネット通販の価格を見て参考にしましょう。

ニュージーランド産 天然 ホキ魚の切身 1.3kg Wild-Caught Blue Hake Fish Fillets

ニュージーランド産 天然 ホキ魚の切身 1.3kg Wild-Caught Blue Hake Fish Fillets

最安値価格
¥4,980(amazon)

Amazonへ ¥4,980

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

1.3キロ分もホキの切り身が届いてしまうと、食べるのが大変そうですが、冷凍しながら少しずつ異なる調理にトライするのも楽しいかもしれません。

骨を抜くなどの下処理をしてから、ソテーやフライ・焼き魚などに仕上げてみましょう。

焼き魚の場合は、香辛料多めのほうがおすすめです。

噛み応えが素晴らしくいいので、満足感も大きいのが特徴ですね。

まだホキを食べたことのない知り合いなどを自宅へ呼んで、美味しいホキ料理を振舞ってみてはいかがでしょうか。

450グラムずつにまとめて真空包装で送られてきますから、安心して食べることができます。

お店のための 四角い白身魚フライ 800g(10枚) 【冷凍】【UCCグループの業務用食材 個人購入可】【プロ仕様】

お店のための 四角い白身魚フライ 800g(10枚) 【冷凍】【UCCグループの業務用食材 個人購入可】【プロ仕様】

最安値価格
¥1,284(amazon)

Amazonへ ¥1,284

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

こちらの白身魚フライの原材料には、ホキが用いられています。

フィッシュバーガーやフライとして活用してみてはいかがでしょうか。

外食産業用に作られて販売されていますが、ネット通販で個人購入もOKです。

衣には、パン粉・小麦粉・食塩・でん粉・粉末状大豆たん白・卵白粉末・大豆粉・植物油脂が含まれていますよ。

1個当たりのサイズは、90×110×12ミリ程度で、重さは80グラム前後に設定されています。

最終の加工地は、千葉県になっています。

ニッスイ 笹形白身魚フライSN50(袋入) 10枚(500g)【冷凍】

ニッスイ 笹形白身魚フライSN50(袋入) 10枚(500g)【冷凍】

最安値価格
¥832(amazon)

Amazonへ ¥832

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ニッスイからもホキをフライに加工したものが販売されています。

笹型になっている、ひと口サイズの食べやすいタイプですよ。

衣には、パン粉・小麦粉・でん粉・粉末状植物性たん白と食塩が含まれています。

骨抜きの心配も要りませんから、カラリと揚げて家族や仲間と一緒に食べるのが楽しいでしょう。

最終の加工地は、中国になっています。

築地魚群 白身魚のブイヨン(フュメ・ド・ポワソン) 1kg 冷凍便

築地魚群 白身魚のブイヨン(フュメ・ド・ポワソン) 1kg 冷凍便

最安値価格
¥1,836(amazon)

Amazonへ ¥1,836

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

こちらは、白身魚で作られたブイヨンです。

ホキ以外に、まだらやタイが含まれていますよ。

玉葱やセロリといった野菜類や、ワイン・マッシュルーム・バター・香辛料・食塩で仕上げられているので、ぜひ料理に使ってみてください。

ホキの料理にチャレンジしてみよう!

ホキの特徴や生態、おすすめの食べ方や関連アイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

食品メーカーのマルハニチロでは、ホキを用いてちくわなどの練り物を作っているようです。

またホキを釣るためのツアーも海外へ行けば用意されているようですが、深海を狙うので特殊なタックルが必要とのこと。

日本から持ち込んであれこれ準備するのは、ちょっと大変そうですね。

ホキの料理を日本にいながら楽しむほうが、ストレスを感じずにいられるかもしれません。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング