ワラスボのアップ写真

ワラスボってどんな魚なの?干潟に棲むエイリアンそっくりな珍魚をチェック

FISHING JAPAN 編集部

これは独特な顔つきの魚で、あまり釣り場でもお目にかかったことのないタイプですね。

どちらかといえば、映画館で遭ったような・・・あのエイリアンとそっくりな風貌ですから、性格も狂暴極まりないのでしょうか?

佐賀県の干潟エリアに棲息する、ワラスボについてご紹介しましょう。

どんな生態で、カンタンに釣れるのかどうか?や、関連画像・動画をチェックしてみましょう。

「ゲームのロマサガにボスキャラでいるよね!」

うわ、そっち系はあまり詳しくないですが、確かにラスボス辺りで現れてもおかしくはない外観の持ち主ではあります。

ワラスボとは

ワラスボとは、スズキ目ハゼ科に属する魚のことです。

この見た目でハゼの仲間だといわれても、ちょっと首をかしげてしまいますよね。

全長は40センチ前後にまで成長し、オスとメスを比べると、オスのほうが大きいとされています。

外観は、ヒレがそれぞれ独立せずにつながっているので、ウナギっぽく見えます。

顔は、画像のようにイカツイ!そしてグロテスクな印象。

よく見ても目の位置が定かではありませんが、小さな点に見えるのが眼球です。

棲んでいる環境によって、小さく退化してしまったのかもしれませんね。

ワラスボを捕獲するために干潟へ出撃した動画はこちら

ワラスボの特徴

ワラスボの特徴といえば、やはり口の周りに生えている牙でしょう。

ズラリと外側に一列に並んでいますから、第一印象がエイリアンになってしまうのです。

この牙で獲物をとらえて豪快に捕食!というイメージですが、実は噛まれても痛くありませんし、ケガを負うほどの鋭さは持ち合わせていません。

見掛け倒しとはまさにこのこと、ワラスボはエイリアンのように狂暴ではないのかもしれませんよ。

その様子を克明にとらえている動画を発見しました。

アクアリウムの中で飼い主からエサを与えられていますが、なんとも優しい食い付きぶり。

一緒に入っているハゼやエビのほうが、積極的に捕食しようとしています。

水槽の中で飼われているワラスボが捕食している動画はこちら

ワラスボの棲み処

ワラスボは、どこに棲んでいるいるのでしょうか。

我々が釣りをしていても、その姿を見かけたことはありませんし、偶然釣れてしまった経験もありません。

実はワラスボは、九州地方の佐賀県にある有明海に棲息しています。

あのドロドロの干潟の中にいるんですよね。

有明海の干潟といえば、ムツゴロウが有名ですが、同じような環境で泥の穴の中に潜んでいるようです。

これでは釣り針に食い付いてくるのは、かなり難しいでしょう。

ワラスボのとらえ方

有明海の干潟では、ムツゴロウ捕獲に使う舟=潟スキーなどを用いて、ワラスボをとらえることができます。

地元の方にレクチャーを受けて、いざ泥の干潟へ!

ところどころに開いている穴に、専用の金具を突き入れてワラスボをつかまえるのですが、カンタンにはいかないようですよ。

干潟の上を自由に動き回れるようになるには、ずいぶんと修練が必要でしょう。

干潟が満潮になれば、あんこう網という仕掛けで、干潮になれば、すぼかきなどの伝統的な漁法でとらえています。

ワラスボゲットを目指した動画はこちら、果敢にチャレンジしているのが頼もしいですね。

ワラスボをとらえるために干潟へ出撃した動画はこちら

ワラスボの生態

ワラスボの生態をチェックしてみましょう。

有明海の干潟の泥に、巣穴を掘って暮らしていますよ。

海なので潮が満ちて干潟を浸すと、そこに泳ぎ出してきます。

ワラスボは肉食性で、小魚や貝類・エビやカニなどの甲殻類などの小動物を捕食しています。

以前、現地の漁業者の間では、アゲマキガイを食べて減らしているとの見解がありましたが、そういう食害に至っている事実や研究結果は、まだ出ていません。

食い荒らす習性を持ち合わせていない、優しい魚なのかもしれませんね。

ワラスボの産卵時期

ワラスボの産卵の時期は、春の終わりから夏にかけてです。

作った巣穴の壁に、小さな水滴の形をした卵を産み付けますよ。

産卵後3日ほど経てば孵化を開始、そのときの状態では普通の魚と同じように、大きな丸い目と大きく開く口が付いています。

成魚に育っていくにしたがって、まず目が退化したように小さくなり、口が上向きに切り替わってしまいます。

前述の牙は、このタイミングで外側において発達するようになるのです。

また目が小さく残っているというより、ピット器官として機能していると考えたほうがいいでしょう。

ピット器官とは、赤外線を感知する器官のことで、目が退化してしまった生き物に付いているケースが多々あります。

ワラスボの食べ方

ワラスボは、食べることができます。

ウナギだと思えば、なんてことはありませんよね。

これをエイリアンだのヘビだのとイメージしてしまうと、ちょっとムリ~っ!という感じになってしまいます。

新鮮なものなら刺身で食べられるようですが、なかなかそういう機会には恵まれそうにありませんから、唐揚げなどの揚げ物に料理してしまうのが、手っ取り早いでしょう。

頭を落としてから油に入れて、いい感じに色がついてきたら取り出してください。

試しに食べてみましたが、骨は全く気になりません。

ワラスボを調理している動画はこちら

ワラスボを干潟でとらえるのにおすすめのアイテムはこちら!

ワラスボを干潮時の干潟でとらえるのに便利な、おすすめアイテムをご紹介しましょう。

かといって、潟スキーとかさすがにネット通販では見かけないので、服装や熱中症対策グッズを中心にピックアップしてみます。

他の釣りにも当然活かせますから、参考にしてくださいね。

タカミヤ(TAKAMIYA) ウェーダー REALMETHOD ベルトレスヒップウェーダー フェルトラバーソール グレー×ブラック XL

タカミヤ(TAKAMIYA) ウェーダー REALMETHOD ベルトレスヒップウェーダー フェルトラバーソール グレー×ブラック XL

参考価格:¥6,874

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

タカミヤからリリースされている長靴、というよりウェーダーの短いバージョンですね。

股下まで長さがありますから、干潟に出て潟スキーを操るのに適しています。

実は脱いでも自立してくれるタイプなので、ベルトなどで履き口をズボンなどに留めておく必要がありません。

フェルトソールですから潟スキーを傷つけることもないですし、存分にワラスボをゲットしてみてください。

使用後の水洗いメンテナンスも、カンタンにこなせますよ。

ダイワ ウェーダー タイトフィットラジアルウェーダー RW-4301R-T ブラック LL

ダイワ ウェーダー タイトフィットラジアルウェーダー RW-4301R-T ブラック LL

参考価格:¥14,296

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワから発売中の胸までカバーしてくれるウェーダーです。

ラジアルソールなので、しっかりと干潟の泥をとらえて前進することができるでしょう。

内側は、スーパーメッシュ素材になっていて蒸れにくいですから、暑い中での作業も快適におこなえるでしょう。

専用のポケットが、内側に設置されていて、大切なスマホなどをきっちり保管してくれます。

耐久性も高いので、長く使い続けられるでしょう。

シマノ(SHIMANO) XEFO ドライシールド ストッキングウェーダー WA-224J ブラック L

シマノ(SHIMANO) XEFO ドライシールド ストッキングウェーダー WA-224J ブラック L

参考価格:¥20,107

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらは、シマノから出ているドライシールド素材を用いた、ストッキングウェーダーです。

ドライシールドとは、シマノが独自に開発した透湿・防水生地のこと。

外からの水滴は弾いて、中で発生した水蒸気は放出してくれる特徴を持っています。

これなら長時間に渡ってワラスボ獲りを実践することができますよね。

ストッキングタイプなので、アウトドア用のシューズを履いて干潟に出るようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) レインマックス 透湿防水ハットブラック フリー DC-30008

ダイワ(DAIWA) レインマックス 透湿防水ハットブラック フリー DC-30008

参考価格:¥5,280

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

強い陽射しを遮ってくれる、ツバの面積の広いハットタイプです。

レインマックス生地で防水と透湿機能に優れていますよ。

汗をかいても気にせず作業を続けられそうですね。

首の後ろ側や側頭部も直射日光を避けられるので、疲れてしまうことを避けられます。

水分補給をおこないながら、ワラスボを見つけるようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) サンプロテクション ロングスリーブシャツ IN-061Q ブラック L

シマノ(SHIMANO) サンプロテクション ロングスリーブシャツ IN-061Q ブラック L

参考価格:¥3,149

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

水泳やサーフィンの際に着用するロングスリーブシャツは、暑い季節の紫外線対策に有効です。

熱中症を防ぎたい人にもおすすめで、最初はそのフィット感から窮屈に思うかもしれませんが、着慣れるとこれほど快適なウェアはないでしょう。

首周りから手首まで、しっかりとガードしてくれるので、安心して作業に没頭できます。

ロングスリーブシャツの上から、薄手の半袖Tシャツを着ておけば、身体の線を気にする必要もなくなるでしょう。

着替え用に何着もクルマに積んでおくと、汗をかいても対処できますよ。

ワラスボを実際に調理してみよう!

ワラスボの特徴や生態・食べ方や、干潟でのおすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

なかなか有明海まで足を運ぶ機会はないでしょうし、県をまたいだ移動は避けたいところですから、近くの魚屋さんでワラスボを見つけたら、自宅で調理するのにチャレンジしてみましょう。

特に唐揚げなら、カンタンに仕上げて美味しく食べられるのではないでしょうか。

顔を見ても怖がらずに、きっちり下処理をして調理を進めてみてくださいね!

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング