アブラボウズの全体写真

アブラボウズってどんな魚?釣り方や食べ方など詳細に記録された動画をチェック

FISHING JAPAN 編集部

深海にはさまざまな魚が棲み付いています。

その中のひとつ、体長180センチを超えるアブロボウズという魚をご存じですか?

体重はなんと90キロ、人間の大人サイズを軽く超えてしまっていますよね。

今回は、このアブラボウズの生態や釣り方・食べ方などについて、動画をピックアップしながら紐解いてみましょう。

アブラボウズとは

アブラボウズとはも深海に棲む巨大魚のことです。

防波堤のサビキ釣りで稀に掛かってくることなど、全く期待できません。

体長で180センチ、体重で50~60キロ、90キロを超えるものもいますから、成人並みの巨体を保持しているといえるでしょう。

漢字では脂坊主、もしくは油坊主と書き、学名・Erilepis zoniferと呼ばれていますよ。

カサゴ目ギンダラ科に属していて、北太平洋の深海エリア・水深400メートル前後の岩場に棲んでいるとのこと。

いわゆるロックフィッシュの親分的存在といえそうです。

体表に白い斑点があるのが年齢の若い個体で、年をとるにしたがって濃いグレーカラーに変わっていく特徴があります。

日本の近海でいえば、東京・伊豆大島の水深約1000メートル付近に生息が確認されていますよ。

そんな深場にいるからか、体の約40パーセントが脂肪分=トリグリセリドという中性脂肪でできています。

健康診断なら即アウトな判定が出そうですが、当人はこの比率ですこぶる元気とのこと。

30年近くも水族館で長生きした記録が残っているようですから、中性脂肪も案外悪いヤツではないのでしょう。

アブラボウズの釣り方

巨大なアブラボウズを釣るには、沖へ船で出て深海エリアへ仕掛けを投入しなければなりません。

潮の流れの影響が確実に出ますから、オフショアのバーチカルジギングスタイルが最も適した釣り方といえるでしょう。

専用船に乗り込んで、アブラボウズをフッキングするシーンから詳細にとらえている動画を見つけましたよ。

アングラーなら誰もが憧れてしまうような、アブラボウズとの格闘シーンをぜひご覧ください。

アブラボウズをオフショアジギングでとらえた動画はこちら

これはかなり大きなアブラボウズですね。

釣り終わった後に、アブラボウズが貴重な資源であると発言されているのが印象的です。

特に産卵期の成体なら、リリースしてあげるほうがこの釣りを続けられることにもつながるでしょう。

ボートデッキに上げずに、船べり=船体の側面で水に浸けながらフックを外せるスキルを、身につけておきたいものです。

クエと見た目が似ているアブラボウズ

アブラボウズは、ロックフィッシュの王様・クエと見た目がよく似ています。

それが理由で、過去にクエであると偽装表示した事件が発生したことがありました。

クエが高値で取引されているからでしょうが、アブラボウズの身は脂肪分が多いのですぐにバレと感じるのですが、とにかく残念なことではあります。

アブラボウズ自体もクエ同様に、高級魚として扱われていますよ。

ただし時価で約3倍ほど価格差があることから、犯罪=偽装事件になってしまうようです。

アブラボウズの食べ方

アブラボウズは、神奈川県や静岡県の漁港において「オシツケ」という愛称で呼ばれています。

試食するのを押し付けあったことが、その愛称の由来らしいですよ。

アブラボウズの食べ方は、水揚げして内蔵などを取り除いてから2~3日寝かせるようです。

おすすめの調理法は、鮮度のよいものなら刺身が一番でしょう。

真っ白に輝くような切り身からは、やはり脂肪分が多いことが分かります。

その他煮付けや揚げ物・焼き物に向いているでしょう。

食べ過ぎると、アブラボウズに含まれている脂肪分が消化し切れない状態に陥って、下痢などの腹痛を引き起こす可能性もあるので注意してください。

地方自治体によっては、1食につき刺身で60グラム、焼き身で120グラム以上を食べないようにとの指導を発しているところもあります。

ただし、食品衛生法に基づいて一切の販売が禁止されている、アブラソコムツなどとは扱いが異なっていますよ。

人体に害を及ぼすワックスなどがアブラボウズには含まれていないので、市場で扱うことを禁止されてはいません。

アブラボウズのさばき方

それではアブラボウズのさばき方を詳細にとらえている動画をご覧ください。

大きなお腹には、しっかり内臓が入っています。

特に肝臓の部分は、割らずにそのまま引き出して取り除き、口には入れないようにしましょう。

アブラボウズをテキパキとさばいている動画はこちら

脂分がはっきりと分かるぐらい、厚みを持っていますね。

いくら美味しいとはいえ、この身を大量に食べたらお腹を痛めるのは当然でしょう。

じゅうぶんに注意しながら口に入れたいものです。

アブラボウズを台所に持ち込んでさばいている動画はこちら

こちらは別のアブラボウズさばき方動画です。

魚をキレイにさばく動画が、ずいぶんと増えてきました。

皆さん包丁の使い方が上手く、観ている側を「自分でやってみよう!」という気持ちにさせてくれますよね。

アブラボウズを調理している動画はこちら

そしてこちらが、アブラボウズを調理している動画です。

刺身や炙り、煮付けなどが仕上げられていて、見るからに美味しそうです。

その他唐揚げにしても美味しいので、実際に料理する機会があれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

アブラボウズの生態に詳しくなって調理や釣りにチャレンジしてみよう!

アブラボウズの特徴や釣り方・食べ方について特集しましたが、いかがでしたか?

かなり巨大な深海魚なので、身近に感じるタイプではなかったでしょう。

でも釣りガイド船も出ていますし、その白身も市場で手に入れることができます。

ネット通販でも販売されているケースがあるようですから、ぜひ購入して調理してください。

その際はいくら美味しくても、ほどほどの量に抑えておくようにしましょう。

おしつけ (あぶらぼうず)冷凍 3kg 【 幻の魚・うまい 】 寿司・酢みそ和え・酢漬け・煮付け・お鍋 【 脂あります!】 【冷凍便】

おしつけ (あぶらぼうず)冷凍 3kg 【 幻の魚・うまい 】 寿司・酢みそ和え・酢漬け・煮付け・お鍋 【 脂あります!】 【冷凍便】

最安値価格
¥16,800(amazon)

Amazonへ ¥16,800

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング