ライン 写真

ファイヤーラインはPEを超えた!?実釣シーンやおすすめノットも徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

ファイヤーラインとは、バークレイからリリースされている、正式名称・スーパーファイヤーラインのこと。

急激にユーザーが増えていて、すでにPEラインを超えたのでは?と言われるほどになってきました。

その実力を詳しく紐解いてみましょう。

ファイヤーラインとは

ファイヤーラインとは、PEラインと同じダイニーマ素材で作られているラインです。

ただし、同じなのはそこまで。

製法は全く異なり、ファイヤーラインは原糸を加熱して糸同士を引っ付けてしまう行程を実施しています。

ということは、PEラインのような撚り糸構造にありがちだった、撚りの緩みによるライントラブルは発生しようがないことに。

これは釣りを真剣に楽しんでいるアングラーにとって朗報ですよね。

ファイヤーラインの独自コーティングは飛距離を伸ばす!

このラインには、独自のコーティングが施されています。

ラインの表面が滑らかに滑ることにより、キャスティング時のルアーの飛距離が伸びることになります。

広範囲のチェックや沖の潮目にジグを届かせたいときに、重宝しますね。

根ズレにも強い!

ファイヤーラインの独自コーティングは、根ズレに強い効果があります。

PEラインの最大の欠点は、根ズレにめっぽう弱いことでしたから、この部分で圧倒的にファイヤーラインが優位に立ちますね。

ロックフィッシュを丁寧に探りたいときでも、このラインのままルアーをキャストできてしまいます。

ファイヤーラインにおすすめのノット

ファイヤーラインとショックリーダーを結ぶノットには、FGノットがおすすめです。

この点はPEラインと同じですから、FGノットを速やかに結べるように、ファイヤーラインで反復練習をおこなうようにしましょう。

伸びの少ないファイヤーラインには、ナイロンラインのショックリーダーが向いていると言われています。

伸びのあるナイロンラインの特性が、ファイヤーラインの性能をフォローするということでしょう。

ファイヤーラインには、さまざまな種類がラインナップされています。

透明なタイプから到達深度が把握しやすい着色タイプまで、アングラーのニーズに合わせて使い分けることができるようになっていますよ。

一度使ってみて、その用途を自分自身で決めてみてはいかがでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング