魚 写真

キジハタを釣りたい!大人気ロックフィッシュを攻略するためのおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

キジハタは、別名アコウとも呼ばれる希少な魚です。

岩礁帯を好んで棲息しているので、ロックフィッシュゲームの対象魚として、とても人気がありますよ。

体長は30センチから40センチ前後のものなら、ショアからは釣りやすいですが、最大で60センチを超えるものにも出会うことができます。

その引きは強烈で、安易なタックルで臨めば、痛い目に遭うかもしれませんよ。

じゅうぶんに準備して釣り場へ向かうようにしたいものです。

キジハタとは

キジハタは、体色はオレンジ色で目は緑色をしている、スズキ目スズキ亜目・ハタ科ハタ亜科の魚です。

青森県より南側の海で棲息が確認されていて、6月くらいの水温の高い時期によく釣れるイメージですね。

最初はメスとして生まれてきて、体長が40センチ程度を超えると、オスに性転換することでも知られていますよ。

子孫を残すために構築された習性といえるでしょう。

群れでは行動しないので、1匹ずつ丁寧に釣っていくことになります。

ということは、同じポイントで1匹釣れば、場所移動することが余儀なくされるということでしょうか。

キジハタ釣りのエキスパートによるロックフィッシュゲームを収めた動画はこちら

キジハタなどのロックフィッシュは、確かに岩礁帯や護岸の変化に身を潜めているケースが多いですね。

回遊性が高いとは、お世辞にも言えないでしょう。

しかしながら、ロックフィッシュが居付くポイントには、大きな共通点があります。

まず第一に、潮通しが良い場所であること。

潮がよく抜けていれば、水質が澱むことなくさまざまなプランクトンが集まります。

当然それを食べる小魚や他の小動物が寄ってくることになるので、ロックフィッシュのエサ場としても有効に。

ふたつ目の要素は、我が身を隠せる場所であること。

キジハタも他のフィッシュイーターから襲われる可能性がありますから、それを未然に防ぐためにも、四方が開放されている場所には潜もうとはしません。

自分の前方や上方のみが空間となっているところに、ロックフィッシュは入り込む習性がありますから、例えば1匹釣り上げたとしても、すぐにまた別のロックフィッシュが入居する確率が高いと考えられます。

そういったポイントを複数箇所見つけておくことができれば、キジハタを釣るのに大きく場所移動する必要は無くなってくるでしょう。

キジハタ釣りにおすすめのタックル①ロッド

実際にキジハタを掛けたときの引きの強さは、他の魚と比べ物にならないほどインパクトがあります。

岩礁帯エリアや護岸のテトラエリアを好むので、障害物に入り込まれたらどうすることもできなくなりますよ。

最悪の場合は、ラインブレイクしてしまう展開になってしまうことも。

おすすめのタックルとして真っ先に挙げられるのは、やはりベイトロッドでしょう。

キジハタに釣りの主導権を渡さないためにも、硬くて張りのあるものを選んで、キジハタ専用のベイトタックルを組み上げたいものです。

釣れたらすぐに絞めて、帰宅後の料理レシピを考えてみてください。

煮付けや唐揚げなど、さまざまな食べ方を楽しめるのも、キジハタ釣りの醍醐味ですから。

キジハタ用のベイトロッドに7フィートを超えるものが多いのは、釣り場が岩礁帯などのハードカバーやストラクチャーに覆われているからでしょう。

せっかく掛けても、取り込みの最中に手前のシモリに引っ掛けて、バラしてしまうことが多々あります。

注意深くシモリを乗り越えさせようと考えたら、少しでも長いロッドのほうが、アドバンテージは高いといえるでしょう。

ヒラスズキに長いロッドを使うのは、遠投するのが目的ではなく、手前の障害物を乗り越えさせるためのものですから、キジハタ釣りにも適合する考え方になりそうですね。

キジハタ釣りにおすすめのタックル②リール

キジハタ釣りにおすすめのリールは、ベイトリールということになります。

根に潜り込まれても強引に引きずり出せるバワーが必要で、ラインを出さずにドラグをフルロック状態でやり取りできることが求められます。

ラインも太い号数のものを多めに巻けるほうが、釣りを優位に進められるでしょう。

最近のベイトリールには、ハイギアモデルが必ずラインナップされるようになりました。

リールハンドル1巻きで90センチ前後のラインを巻き取ることが可能ですから、根に潜られて逃げられてしまうトラブルは、かなり防げるようになりましたよ。

ロッドを立ててゴリゴリ巻くだけで、カンタンに引き寄せできるのはありがたいですよね。

でも、ベイトリールの寿命を長引かせたいなら、自分のヒザとロッドを上手く活用するようにしてください。

具体的には、魚が掛かった瞬間にロッドを立てます。

ラインテンションを落とさないようにしながらゆっくりとヒザを曲げ、それから伸ばしてください。

そのぶんだけ魚は岩礁帯やカバーら引き離されますから、たるんだラインを素早く巻き取りましょう。

ハンドルを回すのは、たるんだラインを回収するときだけ。

それに徹すれば、ベイトリールに内臓されたギアに極度な負担がかかることは防げますから、長い期間同じベイトリールを使い続けることが可能になるでしょう。

キジハタ釣りにおすすめのタックル③ワーム

キジハタ釣りには、ワームを使ってアプローチしてみましょう。

ボトムを取っても破損を免れますし、地形変化を丁寧に探ることができます。

カーリーテール系やシャッドテール系に実績がありますよ。

キジハタ釣りにおすすめのタックル④ジグヘッド

キジハタに使うワームをセットするのに、ジグヘッドを用います。

大型サイズが食い付いても、しっかりフッキングできるものが望ましいでしょう。

タックルにパワーがありますから、フックが伸ばされないように強度の高いものを選んでください。

キジハタ釣りをベイトタックルを駆使して楽しもう!

食べて美味しいキジハタを、ベイトタックルで釣り上げられるようになりましょう。

そのためには、足繁く釣り場へ通うことが大切。

自分なりに釣行プランを立てて、この週末から実行に移してみませんか?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング