ケースのアップ写真

ルアーローテーションケースは2024年新登場のベスト・バッグ内でルアー保管する便利アイテム!

FISHING JAPAN 編集部

よく刺さる鋭いフックの付いたルアーやメタルジグを、そのままの状態でゲームベストのポケットに入れることはできません。

ハリ先が内部に引っ掛かってしまい、素早く取り出して使うことができなくなるからです。

そこで頼りになるのが、2024年シマノから新登場の、ルアーローテーションケース。

これにルアーやメタルジグを入れた状態なら、ポケットやバッカンの中に収納して、トラブル無く取り出すことができるでしょう。

その特徴について、詳しくご紹介します。

ルアーローテーションケースとは

ルアーローテーションケースとは、2024年シマノからリリースされる、ルアー収納ケースのことです。

コンパクトで薄いデザインなので、ショアジギングゲームの際に着用するゲームベストのポケットに、丸々入ってしまいます。

その状態でルアーやメタルジグを複数本収納すれば、ポケット内部にフックを引っ掛けずに持ち歩くことができます。

ルアーをローテーションしたいときに、素早く取り出せるのは、大きな強みといえるでしょう。

ルアーローテーションケースのサイズは、外寸が16.8×14.7×4.9cm。

これなら、バッカンやタックルポックスに入れて、インナーケースとしても重宝しそうです。

ボディ素材には、耐衝撃ポリプロプレンを採用しています。

重量級のルアープラグやメタルジグを収納しても、壊れずに使い続けられるでしょう。

ルアーローテーションケースの底の部分に注目してください。

ルアーやメタルジグに付着した水が、ケースの底に溜まらないように、本体底面に排水穴を設けています。

ポケットから取り出して、真水で洗浄する際にも、底に水が残りにくいのがありがたいです。

それから内部には、インナー仕切りが付いています。

ルアーやツールを分けて収納したいときに、このインナー仕切りが2ヵ所のスペースを作り出し、ルアーやツール同士が絡むのを防いでくれます。

ルアーローテーションケースの効果的に使い方を考えてみた!

ルアーローテーションケースの使い方として、ゲームベストのポケットに入れる他に、バッカンやタックルボックスに入れて、クルマに積み込むことが可能です。

釣り場に到着したら、その日のシチュエーションをよく観察して、これがマッチしそうだな!というルアーやメタルジグの入った、ルアーローテーションケースを取り出せばいいのです。

それをゲームベストに収納して歩き出せば、とても軽装で各ポイントを周れることに。

カラーやサイズ・ウエイトの違いで、複数の組み合わせを作ってルアーローテーションケースを整えておきましょう。

そうすれば、釣り場でさほど悩まずに選ぶことができ、スピーディーに釣りを始められるでしょう。

ちょっとした工夫が、好釣果につながります。

自分なりに、ルアーローテーションケースの使い方を編み出してみてください。

ラインカッターやミニプライヤー、キーなどの大切なアイテムを収納するのにもいいかもしれません。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

ルアーローテーションケースには、全部で2種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ブラックカラー

●ブルーグレーカラー

どちらもシックな配色なので、さまざまなゲームベスト・タックルボックス・バッカンと合います。

収納しているルアーの判別も、色調が重ならないのでやりやすいでしょう。

ルアーローテーションケースを携えてショアジギングゲームを楽しみたい!おすすめのロッドを選んでみた!

ルアーローテーションケースを携えて、ショアジギングゲームを満喫しましょう。

おすすめのスピニングロッドをピックアップしてみました。

飛距離を伸ばしたいなら、長めのブランクスで張りのあるものを手にしてください。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S106M ショアジギング ショアプラッキング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S106M ショアジギング ショアプラッキング

最安値価格
¥14,724(Yahoo!)

Amazonへ ¥17,710

楽天市場へ ¥16,192

Yahoo!へ ¥14,724

シマノからリリースされているショアジギングゲーム用スピニングロッド・コルトスナイパーBBシリーズの中から、S106Mを選んでみました。

全長は3.20mと、長めのブランクスに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は164.4cmにまで縮まります。

ウエイトは276gで、ブランクスの先径は2.2mm。

適合するルアーウエイトは、最大で45gで、メタルジグなら最大で60gまで背負えます。

適合するラインは、PEラインなら最大で2.5号まで対応可能になります。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.9%になっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

こちらは、結構長めのブランクスなので、防波堤はもちろん、磯場やサーフからのロングキャストに向いています。

ルアーローテーションケースの気になる発売日はいつ?

ルアーローテーションケースの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,130円です。

複数個購入して、さまざまな中身の組み合わせを作ってみましょう。

お気に入りの配色やウエイトのメタルジグを集めては、ひとつのルアーローテーションケースに入れて、すぐに取り出せるようにしておくと便利です。

新製品の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング