リールのアップ写真

24アドミラAは2024年新登場の船釣り用ベイトリール!【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

船釣りの乗合船から、カワハギマルイカタチウオマダイカレイなどをターゲットにするのに、ベストマッチなベイトリールの登場です。

その名は、24アドミラA。

2024年ダイワのニューアイテムは、どのようなスペックを搭載しているのでしょうか。

24アドミラAとは

24アドミラAとは、2024年ダイワからリリースされる、ロープロファイル型のベイトリールのことです。

姿勢が低く、手のひらでパーミングしやすいのが特徴で、軽いボディがロッドワークをしやすくしています。

24アドミラAは、軽さだけではなく、剛性も備えています。

初期性能を長く持続させるための、ハイパードライブデザインを採用。

船釣りで狙えるさまざまなターゲットを、幅広くカバーすることが可能です。

ハイパードライブデザインによって、滑らかな回転が長く持続するハイパードライブデジギアの搭載し、内部構造を強く支えて撓(たわ)みにくく歪(ひず)みづらい、ハイパーアームドハウジングを採用しています。

また過酷な釣り場のロケーションでも作動し続けるために、塩ガミによる固着を抑える絶縁構造のハイパータフクラッチも搭載。

これらの相乗効果が、ハイパードライブデザインの効能で、あらゆるフィールドにおいて安定した基本性能を引き出してくれます。

24アドミラAには、ダイワオリジナルのTWSを搭載しています。

TWSとは、スプールに近いラインガイドでの抵抗を大幅に削減するシステムのこと。

ラインへの抵抗部分を減らすことにより、従来以上の飛距離・コントロール性の向上に加えて、水中へのフォールも素早くなり、バックラッシュトラブルを抑えてくれます。

24アドミラAには、UTD=アルティメットトーナメントドラグも採用しています。

ドラグの効き始めに発生しがちな、初期の食い付きを解消してくれますし、ムラのない滑らかなライン送り出しを実現。

締めれば締めるほど効く最大ドラグ力を備えているドラグシステムになっています。

不意に大物が掛かっても、慌てずに対処することができるでしょう。

24アドミラAシリーズのラインナップをチェック!

24アドミラAには、全部で3種類のギア比が用意されています。

それぞれに左・右巻きハンドル仕様がありますから、合計6機種から自分の好みのものを選んでください。

●24アドミラA 150P・・・ローギアードモデルで、ギア比は5.5対1。

ハンドル1巻きにつき54cmのラインを巻き取れます。

ラインキャパは、全機種統一で、モノフィラメントラインなら3号を140m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ウエイトは全機種統一で、175g。

ハンドルの長さは110mmのダブルハンドルノブで、EVAノブになっています。

ボールベアリングも全機種統一で、4個搭載しています。

●24アドミラA 150H・・・ハイギアモデルで、ギア比は7.1。

ハンドル1巻きにつき、71cmのラインを巻き取れます。

●24アドミラA 150XH・・・エクストラハイギアモデルで、ギア比は8.1。

ハンドル1巻きにつき、81cmのラインを巻き取れます。

24アドミラAのスプールやブレーキシステムにも注目!

24アドミラAには、スプール径32mmの軽小スプールを搭載しています。

回り出しが良好で、ライン送りをスムーズにおこなえるでしょう。

ブレーキシステムには、ダイワ定番のMAGFORCEブレーキを採用しています。

20段階でブレーキの利き調整をすることができます。

TWSとの相乗効果で、船釣り仕掛けの放出の際に、バックラッシュトラブルを防いでくれます。

全てがコンパクトで剛性の高いボディの中でおこなわれるので、安心して船釣りを楽しめるでしょう。

24アドミラAを装着して船釣りを楽しむのにおすすめのロッドを選んでみた!

24アドミラAを装着して船釣りを満喫するのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

まずは、カワハギ釣りに用いる細身・軽量ロッドからピックアップ。

操作性の高いものを手にすれば、好釣果を期待できるでしょう。

冬の寒い時期には、パンパンに膨らんだカワハギを釣り上げて、肝を食べるのがおすすめです。

アタリが出てアワセを入れるのに、少しコツが要りますが、慣れてくれば問題ありません。

しっかりと防寒対策をしてから、乗合船に乗り込むようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) 船竿 カワハギ X H-180・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 カワハギ X H-180・R 釣り竿

最安値価格
¥10,030(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,870

楽天市場へ ¥13,254

Yahoo!へ ¥10,030

ダイワからリリースされている船釣りカワハギ用ロッド・カワハギXシリーズのラインナップから、H-180を選んでみました。

全長は1.80mですから、取り回ししやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は94cmにまで縮まります。

これならクルマに積み込みやすいですし、船のデッキに持ち込むのも楽におこなえるでしょう。

ウエイトは、なんと100gとかなり軽いものに仕上がっていて、長時間の釣行でも疲れをさほど感じずにいられるのではないでしょうか。

ブランクスの先径/元径は、1.0/11.4mm。

適合する錘負荷は、25号から40号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%に設計されています。

バットの部分には、ダイワオリジナルのブレーディングXが施されています。

バットの最外層をカーボンテープでX状に締め上げているので、ロッドワークを繰り出したときのパワーロスにつながるネジレを抑えてくれます。

グリップには、ダブルアルマイト金属ナットと別体回転フードを採用しています。

安定したホールド性と握りやすさにつながっていて、24アドミラAをしっかりと固定することができます。

ロッドティップは、クラスソリッドを採用していて、ショートバイトでも弾いてしまわないのが特徴です。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

手軽にカワハギ釣りを始められる、おすすめのベイトロッドといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスターヤリイカ 190 乗り 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスターヤリイカ 190 乗り 釣り竿

最安値価格
¥21,807(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,478

楽天市場へ ¥22,478

Yahoo!へ ¥21,807

ダイワから発売されている船釣りヤリイカ用ベイトロッド・アナリスターシリーズの中から、ヤリイカ190を選んでみました。

全長は、1.90mと扱いやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は100cmにまで縮まります。

ウエイトは、175gです。

ブランクスの先径/元径は、1.7/16.9mm。

適合する錘負荷は、80号から150号までです。

適合するクランプサイズは、Sです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、80%ですから、グラス素材の比率がやや高い状態になっています。

並継仕様で、8対2調子に仕上がっているのが特徴です。

実際に継いで手に持ってみると、とてもしなやかで扱いやすい印象を持ちました。

ロッドティップの曲がりがスムーズなので、ヤリイカの微小なアタリでもフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

乗合船の船長さんに釣り方や準備するもののレクチャーを受けて、ヤリイカ釣りにチャレンジしてみてください。

24アドミラAの気になる発売日はいつ?

24アドミラAの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、38,000円です。

船釣りでベイトリールを使ったら、必ず真水で洗浄メンテナンスを実施するように心がけてください。

濡れたまま放置すると、乾燥してサビが発生してしまいます。

特にレベルワインドやスプール周りにサビが付くと、スムーズな巻き上げやラインの放出ができなくなる恐れが。

しっかりと洗ってから、直射日光の当たらない場所で乾燥させてください。

新製品の関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング