サーフの遠景写真

サーフゲームでビッグフィッシュを釣りたい!秋におすすめの釣り方をチェック

FISHING JAPAN 編集部

秋が深まる時期になると、海水温が20℃前後で落ち着いてきます。

そうなれば、サーフゲームでビッグフィッシュを狙えるチャンス到来といえるでしょう。

どんな釣り方を展開すればいいのか、分かりやすくご紹介します。

秋のサーフゲームで重要なのはベイトフィッシュの位置確認!

秋のサーフに出かけて、ルアーのキャスティングゲームを実施したい!と考えたとき、何から始めればいいのでしょうか。

まずは、サーフに立って、じっくり観察してみましょう。

海鳥の群れが飛んでいたら、それが海水面に接近している場所を見つけてください。

何の用事もなしに、海鳥が海水面に降り立つことはありません。

そこにはイワシなどの、ベイトフィッシュの群れが集まっているはず。

それを捕食するために、海鳥も集まっているのです。

ということは、海中でもベイトフィッシュを捕食しようとしている魚が、たくさん集まっていると想定できます。

例えば、ヒラメ

サーフゲームの主役といえるこのフィッシュイーターは、夏の暑い間は深場に落ちています。

そして秋になり、海水温が20℃前後に下がる時期になると、一気に浅場へ上がってくる習性を持っています。

マゴチも同じような移動をおこないますし、青物やシーバスもベイトフィッシュの群れに引き付けられるでしょう。

とにかく海鳥のいるサーフを見つけ出して、サーフゲームをスタートさせてください。

ただし、海鳥の姿が無い場合も考えられます。

そんなタイミングでサーフに立ったときは、サーフの沖合いではなく、岸際に目を向けましょう。

そこに河川の河口や、雨水の流れ込みがあれば、海水と淡水が混ざり合っている場所ということになります。

そういう条件の水域には、イワシ・アジなどのベイトフィッシュが寄り付きやすいのです。

理由は、ベイトフィッシュの群れにとって、エサとなる小動物やプランクトンなどが多いからでしょう。

海水温も、淡水が混ざることで下がり傾向の強い状態に。

こういう環境を、ヒラメやマゴチなどのフィッシュイーターたちが、見逃すはずがありません。

海鳥にベイトフィッシュの位置を教えてもらうサーフゲーム!

サーフゲームにおける釣り場の絞り込みが済んだら、早速ルアーをキャストしてみましょう。

海鳥の集まるポイントは、沖合いがメインになりますから、ロングキャストの利くタックルでアプローチします。

メタルジグやミノー・バイブレーションルアーなどをラインに結んで、長めのロッドに4000番サイズのスピニングリールを装着して、キャストを繰り返しましょう。

そこに離岸流が絡んだり、底質に変化が存在するようなら、粘ってみる価値はじゅうぶんあるでしょう。

できるだけボトムまでルアーを落とし込んで、スローなただ巻きリトリーブで探っていきます。

ヒラメが居れば、いきなりガツン!という強いアタリが発生するはず。

ラインテンションを見ながら、たるみを取り除いてから強めのフッキングを敢行してください。

サーフでは、掛かった魚をそのまま足元にズリ上げれば、ランディングは完了です。

ただし、ヒラメを始めとして歯がとても鋭いので、必ず頑丈なフィッシュグリップを用意してつかむように心がけましょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー 熱砂 スピンビーム 32g OO-232M 014 キョウリンキス

シマノ(SHIMANO) ルアー 熱砂 スピンビーム 32g OO-232M 014 キョウリンキス

最安値価格
¥770(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,249

楽天市場へ ¥800

Yahoo!へ ¥770

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ SURF 40g #01イワシ JPSURF

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ SURF 40g #01イワシ JPSURF

最安値価格
¥755(楽天市場)

Amazonへ ¥835

楽天市場へ ¥755

Yahoo!へ ¥755

サーフゲームと淡水の流れ込みは切っても切れない関係!

サーフゲームにおけるもうひとつの狙ってみたいポイント、つまり淡水の流れ込みには、ジグヘッド+ワームのライトリグを投入してみましょう。

アジングゲームで用いるような、極小サイズでなくてかまいません。

10g前後のジグヘッドに、3inchから4inch程度のシャッドテールワーム・ピンテールワームがマッチします。

8ft前後のスピニングロッドに、3000番サイズ前後のスピニングリールを装着して、このジグヘッドリグをキャストしてください。

着底させてから、ロッドティップを立ててスローにリトリーブ。

リフト&フォールを時折絡めても、好釣果につながりやすいでしょう。

ボトムアップ フリッシュ 3.5in FL008デッドリーワカサギ

ボトムアップ フリッシュ 3.5in FL008デッドリーワカサギ

最安値価格
¥770(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥770

Yahoo!へ ¥770

エコギア(Ecogear) 3Dジグヘッド 7g 1/4OZ 5349

エコギア(Ecogear) 3Dジグヘッド 7g 1/4OZ 5349

最安値価格
¥352(楽天市場)

Amazonへ ¥391

楽天市場へ ¥352

Yahoo!へ ¥352

サーフゲームでおすすめのロッド&リールを選んでみた!

サーフゲームで使ってみたくなる、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

サーフと淡水の流れ込みが混ざり合う場所を攻略するなら、ロッドはさほど長いブランクスでなくてOKです。

ライトリグをキャストできるパワーがあれば、じゅうぶん釣りは成立するでしょう。

リールは、3000番サイズ前後のスピニングリールなら、軽めのジグヘッドリグに対応できます。

シマノ(SHIMANO) シーバス スピニングロッド 23 ディアルーナ S80ML

シマノ(SHIMANO) シーバス スピニングロッド 23 ディアルーナ S80ML

最安値価格
¥21,092(amazon)

Amazonへ ¥21,092

楽天市場へ ¥21,385

シマノから2023年にリリースされたシーバスゲーム用スピニングロッド・ディアルーナシリーズのラインナップから、S80MLを選んでみました。

全長は2.44mと、やや短めで扱いやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は125.8cmにまで縮まります。

ウエイトは113gと軽めですから、操作性は高く、さまざまなロッドワークを繰り出しやすいでしょう。

ブランクスの先径は、1.7mmです。

適合するルアーウエイトは、6gから28gまでです。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて張りのあるブランクスに作られていると感じました。

ライトリグにも対応しやすく、淡水の流れ込みエリアというシャローレンジを、丁寧に探ることができます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ジグヘッドリグのアプローチ方法は、まず淡水側にキャストして、着底させてください。

そこから徐々に海へ向かって、ズリ落ちていく感じのアクションがベターです。

着水してすぐにただ巻きリトリーブするのではなく、ボトムを取ってステイさせることを意識しましょう。

ヒラメやマゴチ以外に、シーバスやチヌ・キビレなども食い付いてくるので、しっかりフッキングしたいものです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

最安値価格
¥11,116(楽天市場)

Amazonへ ¥11,220

楽天市場へ ¥11,116

シマノから発売中のシーバスゲーム用スピニングリール・エクスセンスBBシリーズの中から、C3000MHGを選んでみました。

ギア比は6.0対1ですから、ハンドル1回転につき88cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは240gなので、軽くて扱いやすいでしょう。

スプール寸法は、直径/ストロークが46.5/14.5mm。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を120m、モノフィラメントラインなら12lbを85m巻けます。

ハンドルアームの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にフィールどで使ってみると、軽くて扱いやすく、ハンドルの巻き心地も滑らかな印象を持ちました。

ただ巻きリトリーブはもちろん、ジャークやトゥイッチ・シェイクなどを繰り出すのも容易なので、長い時間釣りをし続けてもさほど疲れないでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

サーフゲームでさまざまな魚と対峙するのに、丁度いいスピニングリールではないでしょうか。

サーフゲーム秋の陣を攻略してビッグフィッシュを釣り上げよう!

秋のサーフゲームの特徴やアプローチ方法、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヒラメをターゲットに、大勢のアングラーがサーフに足を運んでくる時期です。

立ち込んでロッドを振る場所はもちろん、クルマの駐車位置などにも配慮が求められるでしょう。

ルールやマナーを守って、楽しいサーフゲームを実施してください。

サーフの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング