エギのアップ写真

エギ王サーチが新しくなって2023年秋登場!ヤマシタの高活性イカ対応エギ

FISHING JAPAN 編集部

ヤマシタから数多くのエギがリリースされていますが、2023年に新しくなって登場するのが、エギ王サーチです。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

これかな秋のアオリイカシーズンに突入するので、高活性状態のイカを効率よく獲りたいものです。

エギ王サーチとは

エギ王サーチとは、2023年にヤマシタから新登場する、エギングゲーム用のエギのことです。

ショアからのキャスティングゲームで使用するために作られていて、サイズ設定は2種類用意されています。

小さいほうは、79mmで2.5号。

これは最後尾のカンナ=掛け針部分を省いた長さです。

ウエイトは、12gあって、沈下スピードは1mフォールするのに約3.6秒かかるセッティングです。

これは結構スピーディーなので、素早く底を取りたい人にベストマッチするでしょう。

エギングゲームそのもののアプローチが短縮されますから、さまざまなポイントをテンポアップでチェックするのに向いています。

つまり、その点がサーチ=探索するというネーミングの由来なのです。

エギ王サーチの大きいほうは、95mmで3.0号。

ウエイトは、17gもあって、沈下スピードは1mフォールするのに約3.2秒かかります。

若干早く沈みますから、探るテンポも早くできるでしょう。

エギ王サーチには、ストロボフィンが付いています。

ストロボフィンとは、背中の面に突き出している、背びれのような突起のこと。

このフィンは、アングラーが入力するロッドワークによって、強い平打ちアクションを発生させる要因となります。

平打ちアクションは、ボディ側面によるフラッシング効果を際立たせて、イカの視覚に対して強烈なアピールとなるでしょう。

元々イカの視力はかなり高めで、しっかり目で見てから抱き付くかどうかを判断している節があります。

広大な海中で、小さなエギを見つけてもらうのに、アピール度のある要素をエギに搭載するのは、当然なのかもしれません。

背中の突起が水流をとらえて、平打ちアクションのきっかけになる!というのは、ヤマシタならではの着眼点といえるでしょう。

背中側に持ってきたことで、フォールの際には直接水流に当たりにくいのも、工夫のひとつに含まれているのでしょうか。

フラットサイドボディを採用したエギ王サーチ!

エギ王サーチには、フラットサイドボディが採用されています。

ミノーやクランクベイトのデザインによく使われていますが、ボディ側面の広いフラット面は、平打ちアクションによる光の反射を、より強いものにしてくれるでしょう。

またフラットサイドは、水押し効果も期待できます。

それからボディ内部には、ラトルが封入されています。

アオリイカが最も聴き取りやすいとされている、600Hzを中心としたラトル音が発生するので、より一層発見されやすいでしょう。

そしてボディ配色には、ネオンブライトが採り入れられています。

ケイムラの紫外線発光効率を格段に向上させたもので、光の三原色にあたる発光色をラインナップしています。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

エギ王サーチには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされます。

●ハロハロアイシーカラー

●ブルームピンキーカラー

●ワイルドハウルカラー

●オリーブアッシュカラー

●ヤンニョムフィーバーカラー

●ショコラブラウンカラー

どれも個性的な発色を見せてくれるものばかりで、早く実戦投入してみたくなります。

潮の濁り具合や日照の影響などを考慮しながら、自分なりにカラーローテーションするのがベターです。

エギ王サーチのデモンストレーション動画はこちら

エギ王サーチをキャストしてみたくなるおすすめタックルを選んでみた!

エギ王サーチをキャストして操りたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、エギのウエイトに合わせて、あまり硬くないスピニングロッドがマッチします。

リールは、2500番サイズ以上のスピニングリールに、0.6号前後のPEラインを巻いて、ロッドに装着しましょう。

地形変化のあるところに沿って、きっちり落とし込んではピックアップしていけば、高活性のアオリイカが飛び出してくるはずです。

ボトムタッチする感じが分かってきたら、手返しのテンポもアップするのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ロッド 22 セフィアBB S83ML

シマノ(SHIMANO) ロッド 22 セフィアBB S83ML

最安値価格
¥13,127(amazon)

Amazonへ ¥13,127

楽天市場へ ¥14,091

シマノより発売されているエギングゲーム専用スピニングロッド、セフィアBBシリーズの一角、S83MLを選びました。

全長は2.51mで、操作性に優れた長さとなっています。

2ピースの構造で、収納時の長さは129cmまで抑えられます。

ウエイトは軽量の105gで、長期間にわたるロッドの振り動作も極めて疲労感が少ないでしょう。

ブランクスの先端径は1.8mmとなってます。

対応できるエギのサイズは、1.8号から3.8号となっています。

適合するラインは、PEライン0.4号から1号までとなっています。

ブランクスのカーボン含有量は、全体の94.7%と設定されています。

実際に持ってみると、非常にしなやかで美しい曲がり具合のブランクスだと思いました。

ロッドティップに荷重がかかると、継ぎ目含めて全体がスムーズに曲がります。

これならアオリイカの短時間のバイトでも、弾いてしまう可能性は低いと感じます。

販売価格は1万円台と、非常に手頃な価格帯で提供されています。

エギ王サーチのウエイトとも適合し、多種多様な状況で有用なアイテムであると感じました。

ロングキャストも可能なので、防波堤や磯辺などでも自由に使えそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール エギング 19 セフィア SS C3000S

シマノ(SHIMANO) スピニングリール エギング 19 セフィア SS C3000S

最安値価格
¥14,548(amazon)

Amazonへ ¥14,548

楽天市場へ ¥15,509

シマノから発売中のエギングゲーム用スピニングリール・セフィアSSシリーズの中から、C3000番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.0対1ですから、ハンドル1巻きにつき73cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力は3.5kgで、最大ドラグ力は9.0kg。

ウエイトは205gで、スプール寸法は直径が46.5mm、ストロークが14.5mmです。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽快にハンドルを回せて、ローター回転も滑らかそのもの。

ドラグのレスポンスも良好ですから、大型のアオリイカが掛かって走られても、慌てずに対処できそうです。

ハンドルノブは、細身のラウンド形状なので、しっかりとつまめて安定したリトリーブをキープできます。

アオリイカが暴れても支えられる余裕があり、常に安心してやり取りを楽しめるのではないでしょうか。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

セフィアシリーズのスピニングロッドとは、コスメに統一感があり、マッチングは良好でしょう。

エギ王サーチの気になる発売日はいつ?

エギ王サーチの気になる発売日は、3.0号モデルが2023年の秋を予定しています。

秋は数釣りのシーズン、漁港の防波堤周りには、新子がたくさん浮いている状態になるでしょう。

成長するスピードも早まるので、エギングゲームで掛かるアオリイカのサイズは、日々大きくなっていきます。

2.5号と3.0号のエギサイズなら、あらゆる釣り場で有効に使えそうです。

最後尾のカンナに藻や浮きゴミが付着していたら、フッキングが決まらずバラしてしまう要因に。

キャストのたびにカンナを確認して、付着物があれば取り除いてください。

2023年新製品関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

エギ(餌木)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング