リールのアップ写真

23アドミラ100XH/XHLは2023年新登場の船ライトゲーム用ベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

船で遠洋に向かい、ターゲットとする魚を効果的に獲るためには、カワハギタチウオマルイカカレイなどといった魚種に特化した、PEライン使いこなしに適した専用ベイトリールが必須となります。

2023年、ダイワから発売予定の、軽量ベイトリールの新作、23アドミラ100XH/XHLを使えば、求める操作性が確実に実現します。

この新モデルの詳細なスペックを、わかりやすく解説します。

23アドミラ100XH/XHLとは

23アドミラ100XH/XHLとは、2023年ダイワからリリースされる、軽量コンパクトな船釣り用ベイトリールのことです。

手のひらにすっぽり収まるサイズ感は、さまざまな釣り方に対応できることを証明しています。

設定機種は、右巻きハンドルの100XHと、左巻きハンドルの100XHLの2種類。

カワハギタチウオマルイカカレイ釣りや、ライトソルトゲーム全般をカバーできるように作られています。

23アドミラ100XH/XHLには、ダイワオリジナルのハイパードライブデザインが搭載されています。

4つの要素に分かれていて、その中のひとつが、ハイパードライブデジギアです。

これは強く滑らかな回転をキープするための、ベイトリールにおける新しいギアシステムのことで、
ギアの歯のモジュールは小さくせず、噛み合い率アップを達成。

巻き心地の滑らかさが、長く続くようになっています。

ハイパーアームドハウジングは、ベイトリールの内部構造を高剛性・高精度でしっかりと支える筐体システムのこと。

ボディフレームに金属素材を用いていて、サイドプレートやセットプレートとの組み合わせにより、剛性感を高めています。

ハイパーダブルサポートは、滑らかさの持続と巻きの強さ・軽さを実現するための駆動サポートシステムのこと。

ピニオンギアの両端を、2つのボールベアリングで支えることで、ハンドルを回すパワーをスプール回転へときっちり伝える機構を指しています。

魚からの負荷が掛かった状態でも、力強く軽く巻き上げることが可能です。

ハイパータフクラッチは、塩分濃度の高い海水域で使い続けても、極めてトラブルの少ないクラッチシステムのこと。

クラッチの固着修理を減らし、メリハリのある使用感を味わうことができます。

23アドミラ100XH/XHLのスプールやボディフレームに注目!

23アドミラ100XH/XHLのスプールに注目してみましょう。

スプールの直径は、なんと30mm。

小さくて軽いスプールサイズに加えて、本体もとてもコンパクトに作られています。

ウエイトは、なんと155gしかありません。

外観はロープロファイルデザインなので、ホールド性はバツグンです。

ボディフレームとサイドプレートの材質は、軽いことで知られているマグネシウムを使っています。

スプールを受けるセットプレートの材質は、アルミニウムですから、軽いだけでなく強さも兼ね備えていることになります。

ギア比は8.1対1で2機種とも統一されていて、ハンドル1回転につき76cmのラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は4.5kgで、ラインキャパはPEラインなら0.8号を250m巻けます。

ハンドルの長さは100mmでEVAノブ、ボールベアリングは8個搭載しています。

TWS搭載でキャスティングも可能な23アドミラ100XH/XHL!

23アドミラ100XH/XHLには、TWSが採用されています。

ボートデッキからのキャスティングを実践しやすく、仕掛けを落とし込むのもスムーズです。

ドラグは、スムーズに作動して滑らかに効き続けると定評の、UTD=アルティメットトーナメントラグシステムを搭載。

ブレーキは、マグフォースブレーキを採用しているので、20段階で利きを調整可能です。

TWSとの相乗効果で、キャスティング時のバックラッシュを抑えることができるでしょう。

23アドミラ100XH/XHLを装着するのにおすすめのロッドを選んでみた!

23アドミラ100XH/XHLを装着して船釣りを楽しむのに適している、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

まずは、カワハギ釣り用のベイトロッドから。

軽くて操作性の高いものなら、こちらがマッチするのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスターカワハギ・E 73-175・E 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスターカワハギ・E 73-175・E 釣り竿

最安値価格
¥11,725(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,790

楽天市場へ ¥19,812

Yahoo!へ ¥11,725

ダイワからリリースされている船カワハギ釣り用ベイトロッド・アナリスターカワハギシリーズの中から、E73-175を選んでみました。

全長は1.75mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

継数は2本で、仕舞寸法は91cmです。

ウエイトは77gと軽めで、先径/元径は0.9/10.8mmになっています。

オモリ負荷は、20号から35号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、93%に設計されています。

7対3調子のブランクスで、食わせやすさ重視したスローテーパーな穂先です。

カワハギの微細なアタリを弾いてしまわずに、オートマチックに掛けられる調子といえるでしょう。

穂先が大きく動いて表現してくれますから、目感度にも優れているロッドです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

ロッド自体の軽さは、超軽量なベイトリール・23アドミラ100XH/XHLを装着することで、より一層活かされるでしょう。

ブランクスはX45で補強されており、穂先にはダイワで定番のメガトップが搭載されています。

リールシートは、軽量で握りやすいエアセンサーシートを採用し、ガイドにはKからLNガイドが整然と連なっています。

使われているガイドリングには、細いPEラインにも対応できるSiCリングを装着しています。

極めてバランスの良いスペックに仕上がっているので、タフコンディション下のカワハギをフッキングに持ち込むのに、とても適しているのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) 船竿 極鋭ヤリイカ EX 91-165 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 極鋭ヤリイカ EX 91-165 釣り竿

最安値価格
¥71,150(Yahoo!)

Amazonへ ¥75,240

楽天市場へ ¥71,688

Yahoo!へ ¥71,150

ダイワから発売されている船ヤリイカ用ベイトロッド・極鋭シリーズの中から、ヤリイカEX91-165を選んでみました。

全長は1.65mと、操作性の高い長さに設計されています。

1ピース構造なので、仕舞寸法も同じ長さとなります。

クルマから降ろす際に、ドアなどに干渉させないように注意しましょう。

ウエイトは120gと軽めで、先径/元径は0.9/13.7mmと細めです。

オモリ負荷は、80号から150号まで。

適合するクランプサイズは、SSに設定されています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97%です。

遊びを排除した、瞬間的にアワセが聞く調子に作られていて、集中力とタイトな操作が求められます。

勝負の早い調子として、アングラーに支持されるものに仕上がっています。

実売価格は7万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

AGSが搭載されていて、さらに新開発の軽量リング・Cリング=コバルト合金と、Nリング=シリコナイトか採用されているのが特徴です。

穂先には、SMT=スーパーメタルトップが使われていて、超弾性チタン合金を採用。

カーボン素材の穂先では不可能な、驚くべき感度を実現しています。

23アドミラ100XH/XHLの気になる発売日はいつ?

23アドミラ100XH/XHLの公開予定日は、2023年の7月とされています。

製造元が提示する売価は、61,000円となっています。

耐久性が高く、船釣りの環境で得意とする人にとって、最適な軽量コンパクトベイトリールと言えるでしょう。

TWSやスプールの周りの塩分は、毎回釣った後に洗浄メンテナンスを行い、除去するようにしましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング