リールのアップ写真

ハイパワー+高耐久性能が光るレボ5SX新登場!2023年アブガルシアNEWベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

ロープロファイル系ベイトリールのアブガルシア・レボシリーズが2023年に一新。

その中でハイパワー+高い耐久性能を誇るモデルが、レボ5SXです。

どんなスペックを搭載しているのか、とても気になります。

こちらで詳しくチェックしてみましょう。

レボ5SXとは

レボ5SXとは、2023年アブガルシアブランドからリリースされる、パーミングしやすいベイトリールのことです。

設定機種は、ノーマルギアとハイギアの2種類に、それぞれ左右ハンドルが用意されています。

ノーマルギアモデルのギア比は、6.7対1。

ハンドルを1回転させると、最大で74cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

クランクベイトやスピナーベイト・バイブレーションルアーなどをロングキャストして、ステディリトリーブするのに向いているでしょう。

ウエイトは212gとやや軽めですから、長い時間の釣行でも疲労感を溜めずにあちこち周れそうです。

スプールの直径は35mmとやや大きめで、幅は22mmになっています。

それに合わせてラインキャパは多めで、モノフィラメントラインなら16lbを115mも巻くことが可能です。

PEラインの3.0号なら、120m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

ハイギアモデルのギア比は、7.3対1に設定されています。

ハンドル1巻きにつき80cmのラインを巻き取れるので、テキサスリグやフリーリグ・高比重ワームのノーシンカーリグ・ヘビダン・ネコリグなどをテンポよく撃っていくのに適しているでしょう。

ラインキャパが豊富なレボ5SXは、太いラインとのマッチングが良好なイメージです。

頑丈でパワフルなボディを活かしながら、どんどんルアーを撃ってバイトを取っていくアプローチに使ってみたくなります。

レボ5SXには、高強度なデュラメタルフレームとクランクサイドプレートを採用しています。

アルミニウムアロイ製ですから、タフで精度の高いギア周りのサポートを実現。

例えば、ビックベイトをフルキャストしてリトリーブを繰り返す釣りに向いています。

また、パワースタックカーボンマトリックスドラグを搭載している点も見逃せません。

外径部分にキー付きの大型カーボンワッシャーを採用、ドラグの摩擦面を大型化しています。

ワッシャー構成は、3面の摩擦面から成っていて、最大ドラグ力・11.2kgを叩き出す要因です。

このドラグ性能を頼りにすれば、ビッグバスはもちろん、怪魚クラスのモンスターとも対峙できるでしょう。

海外遠征などにぜひ持参して、積極的に活用したくなるベイトリールといえそうです。

エルゴノミックデザインを採用したレボ5SX!

レボ5SXには、エルゴノミックデザインが採用されています。

このデザインによって、親指を置くサムレストをハンドルアーム側にオフセットしています。

バスとのファイトの際には、深く力強く握りこむことが可能です。

力強く安定した巻き取りをおこなえますし、誤ってクラッチバーを押してしまうというトラブルを未然に防げます。

左右非対称のデザインは、これからのベイトリールの指針となってくれるかもしれません。

ちなみに、シマノの現行モデル・アンタレスシリーズも、左右非対称デザインを採り入れています。

遠心ブレーキのIVCB6ブレーキシステムを搭載したレボ5SX!

レボ5SXには、遠心ブレーキのIVCB6ブレーキシステムを搭載しています。

新開発された直径35mmスプールとの相性が良く、外側の調整ダイヤルでブレーキの利き調整がおこなえます。

例えば、フィールドで追い風・向かい風などさまざまなコンディションに切り換わっても、調整ダイヤルを回して対応することができます。

遠心ブレーキは、キャストの後半が伸びる特性を備えているので、ロングキャストを実践したい人にマッチするでしょう。

レボ5SXを取り付けてフィールドに出たくなるおすすめロッドを選んでみた!

レボ5SXを装着してさまざまな釣り場へ向かいたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

まずは、ビッグベイト用のものから。

太くて張りのあるブランクスで、重いビッグベイトを豪快にキャストしたいものです。

ラインは太めにして、大きな負荷に負けないセッティングにしてください。

アブガルシア(Abu Garcia) ビッグベイトロッド アウトサイダー ODC-75EXH. バスロッド ブラックバス 羽モノ

アブガルシア(Abu Garcia) ビッグベイトロッド アウトサイダー ODC-75EXH. バスロッド ブラックバス 羽モノ

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

アブガルシアからリリースされている、ビッグベイト用のベイトロッド・アウトサイダーシリーズです。

こちらは全長が2.26mで、仕舞寸法が191.6cmのグリップ着脱式を採用しています。

ウエイトは187gで、先径は2.35mmと太め。

適合するルアーウエイトは、最大で4ozまで背負えるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら30lbまで扱えます。

ブランクスはレギュラーファーストテーパーで、カーボン素材含有率は95%です。

実際に手に取ってみると、とても張りがあって負荷に耐えられる印象を持ちました。

ロッドティップから素直に曲がろうとする特性も見られるので、硬くてバイトを弾いてしまう感じはあまりありません。

飛距離を伸ばしつつ、ショートバイトを感知してフックアップに持ち込めるロッドではないでしょうか。

ガイドシステムは、ラインを拾いにくい並びになっています。

これなら水に濡れたPEラインでも、スルリと外れてテンポよくキャストを繰り返せそうです。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

長さがじゅうぶんありますから、バス釣りはもちろん、シーバスゲームでビッグベイトを用いたいときにも重宝するでしょう。

ガイドに付着物が残った状態でキャストを続けると、ショックリーダーラインとの結び目が引っ掛かりやすくなります。

気づいたら必ず取り除いて、次のキャスト動作へ移るようにしたいものです。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-67ML

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-67ML

最安値価格
¥16,990(Yahoo!)

Amazonへ ¥21,043

楽天市場へ ¥17,990

Yahoo!へ ¥16,990

汎用性の高いアブガルシアブランドのベルサートシリーズから、MLパワーブランクスのベイトロッドを選んでみました。

全長は2.01mなので、さまざまなシチュエーションで振り回しやすいでしょう。

1ピース仕様で、ウエイトは104gと軽めの設定になっています。

適合するルアーウエイトは、5gから15gまで。

シャロークランクベイトやミノー・ジャークベイト・トップウォータールアーなどを操るのに適しています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまでがマッチします。

ブランクスはテーパーアクションで、リールシートはEVAグリップになっています。

実際に手に持って振ってみると、とてもシャープでしなやかに曲がり込む印象です。

バックスイングを取ればしっかりしなりますから、ルアーのウエイトを感じながら押し出すキャストが可能でしょう。

太いモノフィラメントラインをスプールに巻いて、シャローカバーに接触させながらリトリーブを繰り返したくなります。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

バイトを感じたらフッキングして、一気にカバーから引き離せるパワーも持ち合わせています。

レボ5SXの気になる発売日はいつ?

レボ5SXの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、23,000円です。

大胆にフィールドで使えるベイトリールを探しているなら、おすすめの1台になってくれるはずです。

釣行後はレベルワインド周りをチェックして、ゴミなどが引っ掛かっていたら取り除くようにしましょう。

スムーズにトラブル無く使い続けることで、好釣果につながるはずです。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング