ベイトリールのアップ写真

22クラドDCは2022年新登場の世界基準=200番ベイトリール!【シマノ秋の新作】

FISHING JAPAN 編集部

シマノから秋の新製品ラッシュ、アングラーに響くアイテムが続々登場します。

まず取り上げるのは、世界基準サイズの200番をベースに、DCブレーキシステムを搭載したベイトリール・22クラドDCです。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

22クラドDCとは

22クラドDCとは、2022年シマノからリリースされる、200番サイズのベイトリールのことです。

200番とは、モノフィラメントラインの20lbを100m巻けるラインキャパを持ったベイトリールを指します。

これだけのキャパがあれば、もっと太い25lbクラスのラインを使うことも容易です。

例えば、シーバスゲームでビックベイトをキャストしたいな!と考えたとき、じゅうぶん対応可能なのです。

スプールの直径は35mmで、スプールの幅は28mmに設定。

糸巻面が広くなるので、親指によるサミングに自由度が生まれます。

またラインを放出した状態でも、極端に糸巻径が減ってしまうのを抑える効果があります。

それによりフルキャストしてからの着水後や着底後において、ダイレクトな操作性が高まるでしょう。

22クラドに組み込まれているDCブレーキは、I-DC4です。

4段階のダイヤル切り換えで、幅広いウエイトのルアーをキャストすることが可能になります。

バックラッシュトラブルを抑えつつ、飛距離もしっかり伸ばせます。

メインギアには、定評のあるマイクロモジュールギアを搭載。

超小型精密ギアと精巧なボディハウジングによって、とてもシルキーな巻き心地に仕上がっています。

発生する振動レベルは確実に下がっていて、噛み合う歯数が増えたことで従来ギアを凌ぐ強度も得ることができます。

大型魚が掛かっても、ゴリ巻きで引き寄せることができるかもしれません。

その分バラシの危険性が減るので、ランディングできる魚は増えるでしょう。

XシップやHAGANEボディも採用している22クラドDC!

22クラドDCには、XシップやHAGANEボディといった、シマノオリジナルの基本構造を搭載しています。

負荷に強く、スムーズで軽快なリーリングを維持するために、外せない要素といえるでしょう。

シマノの既存モデルにも搭載されていて、実績は折り紙付きです。

放出したラインをきっちりストレスなく巻き取って、次のキャストを精度の高いものにすることができるでしょう。

CI4+素材やS3Dスプール・S A-RBボールベアリングも標準装備しています。

全ては納得のいく釣果のため、釣りを存分に楽しむために作り出されたものばかり。

22クラドDCのユーザーになる人は、高い満足感をじゅうぶん得られるのではないでしょうか。

22クラドDCはHG・XGモデルから選択可能!

22クラドDCの詳細スペックを見てみましょう。

右巻き・左巻きハンドルが選べるようになっています。

ハイギアモデルの右巻きは200HGで、左巻きは201HG。

エクストラハイギアモデルの右巻きは200XGで、左巻きは201XG。

●22クラドDC・200HG・・・ギア比7.4対1なので、ハンドル1回転につき81cmのラインを巻き取ることができます。

最大ドラグ力は5.5kgで、ウエイトは225g。

スプール寸法は、直径35mmで幅28mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

●22クラドDC・200XG・・・ギア比8.5対1ですから、ハンドル1回転につき93cmものラインを巻き取ることができます。

最大ドラグ力は5kgで、ウエイトはやや重めの230g。

スプール寸法は、直径35mmで幅28mm。

ラインキャパは、同じく20lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングを6個搭載しています。

スペックを見る限りでは、豊富なラインキャパ+高いギア比を推し続けている村田基さんの要望が、しっかり載っているベイトリールといえそうです。

22クラドDCを装着してみたいおすすめロッドを選んでみた!

22クラドDCを装着してルアーをキャストしてみたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

スコーピオンシリーズなら、バスでもシーバスでも使える機種が揃っています。

シマノ(SHIMANO) トラベルロッド スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1704R-2 ストロングスペック 磯場 ロックフィッシュ

シマノ(SHIMANO) トラベルロッド スコーピオン ベイトキャスティングモデル ワン&ハーフ2ピース 1704R-2 ストロングスペック 磯場 ロックフィッシュ

最安値価格
¥29,527(amazon)

Amazonへ ¥29,527

楽天市場へ ¥30,414

スコーピオンシリーズの中から、7ftでパワフルなブランクスのベイトロッドを選んでみました。

全長2.13mで継数は2本、仕舞寸法は130.0cmです。

自重は152gで、先径は2.1mm。

適合するルアーウェイトは、15gから80gまで。

適合するモノフィラメントラインは、16lbから40lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.1%になっています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

22クラドDCの気になる発売日はいつ?

22クラドDCの気になる発売日は、右巻きハンドルタイプが2022年の10月を予定しています。

左巻きハンドルタイプは、2022年の11月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、全機種32,000円です。

さまざまな釣りスタイルに積極的に活用したいベイトリールを探しているなら、ぜひ22クラドDCを候補に加えてみてください。

シマノの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング