リールのアップ写真

ジリオンTW HDの実釣インプレ特集!真鍮ドライブギア搭載のタフベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

HLCタイプがスティーズAへ移行して、ジリオンのヘビーデューティーなロングキャストモデルは、ジリオンTW HDに絞り込まれています。

昨年12月にリリースされてから使い続けてみた、実釣インプレをご紹介しましょう。

ラインキャパが多めで、各部に耐久性を向上させる工夫が組み込まれています。

ジリオンTW HDってどんなベイトリールなの?

ジリオンTW HDとは、ダイワから発売中のソルト対応ベイトリールのことです。

マグZブーストを搭載しているので、ロングキャストするのにベストなパフォーマンスを見せてくれます。

キャストの際にスプール内側のインダクトローターが、バックラッシュゾーンを通り過ぎた後、瞬時に1段階戻るようになっています。

そうすることでキャストの中盤から着水間際まで、伸びやかな弾道を得ることができるのです。

実際にキャストしてみると、確かにキャストの後半が伸びていることを体感できました。

これなら広範囲をくまなくスピーディーにチェックすることが可能になるでしょう。

バックラッシュトラブルもしっかり抑え込まれているので、安定した手返しにもつながっていきます。

キャストの数そのものが増えることで、釣れる魚の数も比例して上がっていくはずです。

またジリオンTW HDには、ハイパードライブデザインが採用されていて、新品時の滑らかさといった初期性能を高い次元で維持してくれます。

真鍮製のドライブギアを使っているので、巻き心地の安定感や軽快感はバツグン。

特に大型魚が掛かったとき、ゴリ巻きして引き寄せることが無理なく実践することができました。

真鍮素材のデメリットは、その重さ。

ジュラルミン素材などと比べると、やはり重くなってしまうのです。

ジリオンTW HDの自重が200gを超えているのは、ここに原因があるのかもしれません。

でもその代わりに耐久性や巻き心地といった、長く使い続けるためのメリットを得ることができます。

ベイトリールの何を重視するかで変わってくる視点ですが、ロングキャストしながら大型魚を狙っているアングラーなら、ジリオンTW HDが目指しているものを理解できるのではないでしょうか。

その他ダイワ独自のTWSやUTD・ゼロシャフト・ゼロアジャスターなど、ハイスペックが惜しげもなく搭載されているのが嬉しいです。

ジリオンTW HDを淡水エリアで使ってみた!

ジリオンTW HDを淡水フィールドで使ってみました。

対象魚はバスで、山間部に点在する野池でベイトロッドに組んでみます。

使うルアーは、スピナーベイト。

ウエイトを1ozまで用意して、キャスト後ボトムにタッチしてから、ただ巻きリトリーブを開始。

ブレードからの振動が消えた瞬間に、強めのフッキング。

その際にジリオンTW HDがしっかりと支えてくれますし、掛かったバスを引き寄せるのにさほど時間はかかりませんでした。

ギア比は7.1対1と8.1対1から選べるのですが、どちらも快適にバスを足元まで引っ張ってきてくれます。

100mmハンドルはとてもパワフルですし、ラウンドノブもチカラを込めて握りやすくなっています。

2kgクラスのバスがカバーに潜り込んだケースがあったのですが、リールハンドルを強引に回して引きずり出すことができました。

高い負荷がかかった後でも、ジリオンTW HDの調子は何ら変わってしまうことはありませんでした。

ラインにはフロロカーボンの14lbを使用して、破断などのライントラブルは発生していません。

ジリオンTW HDを海水エリアに持ち込んでチニングゲームを実践してみた!

ジリオンTW HDを海水エリアに投入、河口域でチニングゲームを実施してみました。

コンクリート護岸などをクランクベイトやフリーリグで、積極的に攻めます。

障害物にガツガツ当てても、そのままリールハンドルを回し続けて、ルアーでトレースすることができました。

チヌが食い付いてきても、慌てずにロッドを立てて対処し、水面まで浮かせます。

牡蠣殻が多く張り付いているエリアでは、ナイロンラインの16lbを使用。

フルキャストすると後半がイメージ以上に伸びてくれるので、飛距離にはじゅうぶん満足できるでしょう。

ジリオンTW HDを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

ジリオンTW HDを装着して使ってみたくなる、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

バス釣りを楽しむなら、ある程度の長さを持ったMパワー以上のものが適しています。

豪快にフルキャストを決めて、遠くまでルアーを運んでください。

ブランクスが長いほうが、飛距離をしっかり伸ばせるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C611H-SB 1ピース ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C611H-SB 1ピース ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥13,816(楽天市場)

Amazonへ ¥14,553

楽天市場へ ¥13,816

Yahoo!へ 取扱なし

ブレイゾンシリーズの中から、ビッグベイト対応のベイトロッドを選んでみました。

重いルアーをロングキャストして、きっちり操るのに向いています。

全長は2.11mと、振るだけでしっかり飛んでくれる長さに設計されています。

もっと長いビッグベイト用ロッドはありますが、これぐらいの長さのほうが、取り回ししやすいかもしれません。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採用しています。

仕舞寸法は、181cmと長めになっているので、クルマへの積み込みにはじゅうぶん注意してください。

自重は120gと、Hパワーロッドにしては軽めです。

先径/元径は、1.7/14.9mmとやや太目。

適合するルアーウエイトは、11gから113gまでキャストすることが可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまでで、PEラインなら最大5号まで扱えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90%です。

実際に手に取ってみると、とても軽く感じますから、ビックベイト入門用としておすすめしたい1本です。

グリップ周りは細身で握りやすく、安定したキャストフィールが得られるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

鉄板系バイブレーションルアーや大型ペンシルベイトを操るのにも、適している印象です。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベル トラベル C70M-5

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベル トラベル C70M-5

最安値価格
¥31,399(楽天市場)

Amazonへ ¥32,428

楽天市場へ ¥31,399

Yahoo!へ ¥31,399

ブラックレーベルシリーズに、モバイルパックロッドが新しくリリースされました。

チニングゲームを楽しむのに、とても適しているスペックを有しています。

自重は120gと軽めなので、操作性はバッチリ。

全長は2.13mですから、ロングキャストを楽々決めることができます。

継数は5本で、仕舞寸法はなんと49cmにまで縮まります。

先径/元径は、2.4/13.9mmと太目。

適合するルアーウエイトは、5gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでで、PEラインなら最大4号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

実際に手にしてみると、継目はしっかりしていて、曲がり込みもじゅうぶん。

美しいカーブを描いてくれますから、チヌが掛かってもバラシを抑え込んでくれるでしょう。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に収まっています。

チニングゲーム以外にもさまざまな釣りスタイルに転用できるので、自分なりに活用してみましょう。

ジリオンTW HDを駆使して大型魚を釣り上げよう!

ジリオンTW HDの特徴や実釣インプレ、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ロングキャストをメインに考えているアングラーなら、あともう少しラインキャパが欲しいと感じるかもしれません。

ワンサイズ大きなジリオンTWのHLCモデルがリリースされることも、大いに期待してしまいます。

ジリオンの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

ジリオン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング