魚のアップ写真

キンメダイの旬っていつなの?各地の時期や美味しい食べ方特集

FISHING JAPAN 編集部

キンメダイが釣れることで有名なのは、静岡県や千葉県・高知県でしょうか。

各地で旬の時期が変わりますから、食べて美味しいタイミングで釣行を計画したいですね。

ここでは、キンメダイの特徴や旬・美味しい食べ方などについてご紹介しましょう。

伊豆地方の乗合船で釣り上げたキンメダイを、刺身や煮付けにして食べたときの味は、絶品で忘れることができません。

キンメダイってどんな魚なの?

キンメダイとは、キンメダイ目キンメダイ科に属している海水魚のことです。

タイという名前が付いていますが、マダイとは異なる種類だと考えてください。

体長は大きくなると、50cmを超えますから、引きもじゅうぶんに楽しめる魚だといえるでしょう。

キンメダイの生息エリアは、本州の東北地方から九州・沖縄までの広範囲に散らばっています。

沖合いに岩礁帯があれば、そこに定着しているケースが多いでしょう。

太平洋・大西洋・インド洋から地中海まで、その姿を確認できますよ。

となると、市場には輸入モノのキンメダイが並ぶことになり、オールシーズンいつでも食べることができる魚になっています。

海外のキンメダイを食べた経験がありますが、冷凍されていても美味しいものは美味しいですね。

水深200mより深い層にいるので、深海魚のカテゴリーに含んでいい魚でもあります。

身体が赤いのは、深海では目立たないから。

他のフィッシュイーターに襲われる確率を抑えて生活していることになりますね。

赤い色が何故目立たないかといいますと、深海では太陽光がほぼ届かない環境になっています。

色は光の反射なので、赤い色は太陽光がないと黒っぽく色落ちして見えます。

周囲も暗くて黒いシチュエーションなので、上手く隠れ蓑に使っているわけです。

キンメダイが獲れることで有名なのは、伊豆半島・房総半島・室戸岬の周辺でしょうか。

漁の方法も、延縄や刺し網ではなく、一本釣りの形式が採用されていますよ。

美味しい旬の時期は、1年の間に2回やってきますよ。

伊豆なら、12月から春にかけてが絶品ですね。

キンメダイの産卵時期が、毎年6月ぐらいからなので、それに向けても身が美味しくなる旬といえるでしょう。

ただし、深海魚であるキンメダイは、その生活環境から水温が低いことが好影響をもたらし、旬の時期を外しても美味しく食べられます。

市場で並んでいるのを見かけたら、ぜひそのタイミングで食べてみてくださいね。

難しく考えなくてかまわないキンメダイの釣り方!

キンメダイの釣り方は、いわゆる深海魚釣りになります。

深い層を探るために、専用のロッドや電動リール・長めの胴付き仕掛け等々を揃えなければならないと思いがちでしょう。

でも安心してください。

キンメダイ釣りの乗合船を仕立てているところでは、タックルや仕掛け類を全てレンタルしてくれるケースがあります。

乗合船予約の際にきっちり確認して、レンタルタックルの予約もおこなっておけば、カンタンにキンメダイ釣りを始められますよ。

さまざまな深海の釣りスタイルがありますが、キンメダイはさほど難しい釣り方ではなく、船長さんに教えてもらいながら基礎を船上で学ぶようにしましょう。

キンメダイの美味しい食べ方もチェック!

キンメダイの美味しい食べ方は、魚体をさばくところからスタートです。

ウロコがとても硬いことが特徴なので、専用のウロコ取り器を使って全体的に剥がしてしまいましょう。

細部の仕上げは、包丁を使ってください。

おすすめの料理は、刺身・煮付け・塩焼き・しゃぶしゃぶなどになります。

塩焼きにする際に注意したいのは、身が崩れてしまうこと。

塩を多めに振っておけば身が引き締まるので、カンタンに崩れないようになるでしょう。

釣ったキンメダイを鮮度よく持ち帰りたい!おすすめのクーラーボックスを選んでみた

キンメダイを釣り上げたら、高い鮮度を保ったまま自宅へ持ち帰りたいですよね。

保冷力の強いクーラーボックスを用意しておけば、しっかり対処できるでしょう。

釣り場で活け締めをおこなっておいて、体長50cm以上でも収納可能な内容量のクーラーボックスに入れるようにします。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ リミテッド キャスター付 350HC-135M 釣り用 ピュアホワイト

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ リミテッド キャスター付 350HC-135M 釣り用 ピュアホワイト

最安値価格
¥37,282(amazon)

Amazonへ ¥37,282

Yahoo!へ ¥40,008

シマノからリリースされている、スベーザリミテッドシリーズです。

とてもよく冷えて収納量も多いので、キンメダイの持ち運びには重宝するでしょう。

内容量は35Lで、重量は7.7kgとやや重めです。

保冷時間の目安は、60時間になっていますよ。

これはクーラーボックス容量の20%分の氷を、外気温31℃で持続可能な保冷時間を指しています。

かなり冷えてくれるので、釣り場が遠征地であっても安心して持ち帰ることができますね。

内寸は、260×600×230mmもありますから、キンメダイの体長ならすっぽり入ってしまいます。

外寸法は、347×794×320mmです。

断熱材には、発泡ポリスチレンと真空3面パネルを採用していますよ。

実際にフィールドで使ってみると、とても扱いやすくて持ち運びも楽におこなえる印象です。

キャスターが底部分に装備されていますから、コロコロと転がしながらクルマまで運べるのがいいですね。

指1本でも開閉できるフタは、左右どちらからでも開けることが可能ですし、取り外してしまうことも可能です。

またサイドロック機能も付いていますから、フタと本体の隙間から水漏れするのをシャットアウトしてくれるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックモデルならではの価格帯に設定されています。

内寸が600mmもあれば、他の魚を釣りに出かけるときも活用できるので、これ1台あればさまざまな釣りに使えますね。

使用後は、真水で各部を洗浄メンテナンスしておく習慣を身につけましょう。

底にはラバーが装備されていて、滑ってしまうのをしっかり防いでくれています。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り トランク大将 SU-5000X

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り トランク大将 SU-5000X

最安値価格
¥37,962(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥37,962

ダイワから発売中の人気モデル・トランク大将です。

内容量が50Lもあるので、かなり大き目のキンメダイが数多く釣れても、じゅうぶん対応できるでしょう。

ウエイトは9.9kgと重めですが、キャスターが装備されているので、片側のハンドルで持ち上げて転がし運搬することが可能です。

内寸は、285×730×230mmで、外寸は375×860×335mmです。

断熱材には、真空1面パネルとノンフロンHPウレタンを採用していますよ。

肩ベルトが標準で付いていますから、待ち運びを他のタックルと一緒におこなえるでしょう。

実際に使ってみると、上フタが左右両側から開閉できるので、とても便利です。

メンテナンスの際には、すぐに取り外せるようになっていますよ。

底面には、ふんばるマン=滑り止めラバーが付いていますから、乗合船のデッキ上でも滑りにくく作られています。

実売価格は4万円台と、ハイスペック+大容量に見合った価格に設定されていますね。

ここまで大きいサイズのクーラーボックスを持っていたら、さまざま対象魚を収納することが可能です。

青物などの長さ・ボリュームともにある魚でも、きちんと持ち帰ることができるでしょう。

キンメダイを入れる際は、鮮度を保つために活け締め作業をおこなっておくようにしましょう。

キンメダイを大量に釣り上げて美味しく食べよう!

キンメダイの特徴や釣り方・食べ方、おすすめのクーラーボックスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

とても美味しい魚なので、数多く釣って無事に持ち帰りたいですよね。

乗合船の船上では、船長さんの言うことをよく聞いて、迅速に行動できるように心がけてください。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング