驚く 男の子 外国人 写真

「根魚」の「ねざかな」って読み方は間違い!?あなたのその釣り用語の読み方、正しいですか?

FISHING JAPAN 編集部

釣り用語ってたくさんありますよね。

竿やルアーなどタックルの名前から、魚の名前、釣り方など色々な用語があります。

難しいものもあるので、釣りをあまりされない方は読み方がわからないものもあるかもしれません。

しかし、釣り人のみなさんが当たり前に読んでいるその釣り用語。

本当に正しい読み方をしていますか?

目次

  • 「和竿」の読み方
  • 重箱読みと湯桶読み
  • 「根魚」の読み方
  • あなたはどっち派?

「和竿」の読み方

どんな釣りの分野でも、竿といえばいまやカーボンロッドが全盛の時代、もうこれ以上の素材は見つからないのではといわれるほど。

日本の伝統産業のひとつであった和竿も今やヘラ竿など一部の竿しか作られなくなりました。 

そんな和竿とは、日本で独自に発達した竹から作られる竿のことですが、「和竿」と書いて、この字を何と読みますか?

漢字に造詣が深いシルバー世代の人たちは、大半の方が「わかん」と読まれると思います。

ところがシルバー世代よりもっと若い世代は「わかん」ではなく「わざお」と読む人が多いようなんです。

そして、次第にこの読み方が定着しつつあるような気がします。

重箱読みと湯桶読み

もちろん正解は「わかん」で「わざお」ではありません。

和竿の和を「わ」と読むのは音読みですね。

同じように竿を「さお」ではなく「かん」と読むのも音読みです。

ゆえに「わかん」と読むのはどちらも音読みなので問題はないのですが、竿という字を「かん」ではなく「さお」と読ませると訓読みになるので、「わ」の音読みのあとに「さお」の訓読みが続く「わざお」という熟語は重箱読みになってしまうのです。

ちなみに音読みのあとに訓読みの漢字が続く熟語のことを重箱読み(じゅうばこよみ)といい、逆に訓読みのあとに音読みが続く熟語のことを湯桶読み(ゆとうよみ)といいます。

湯桶の「ゆ」は訓読みで、湯桶の「とう」は音読みだからです。

このように和竿を「わざお」と読む世代が増えつつあるせいか、チヌのかかり竿のような短い竿を、短竿を「たんかん」とは読まずに「たんざお」と読む人も多いですね。

短を「たん」と読むのは音読みですので、その後ろの竿を「さお」ではなく「かん」と読めば、どちらも音読みになるので問題はないのですが、「さお」と呼んでしまうと、訓読みになるので、これは重箱読みになるんですね。

「根魚」の読み方

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY