ロッドとリールのアップ写真

釣竿の選び方ってどうすればいいの?初心者におすすめのロッドをチェック

FISHING JAPAN 編集部

これから釣りをスタートする初心者の人が、釣竿を選ぶにはどうすればいいでしょうか?

基準をどこにおいて、どんなスペックのものなら自分にマッチするのか、見極めなければなりません。

それから価格も、重要なポイントといえそうです。

ここでは、初心者アングラーが最初の釣竿を見つけ出すまでの選び方について、分かりやすくご紹介しましょう。

「細い釣竿だと折っちゃうかもしれないから、太い釣竿のほうがいいのかな?」

その考え方もありでしょうが、いろいろ複合させたほうが、より良い釣竿に出会えそうな気がしますよ。

釣竿の選び方を詳しくチェック!

釣竿の選び方を考える際に、どんなことを基準に据えればいいでしょうか。

例えば、釣り場。

海へ行くつもりなら、堤防や磯場・砂浜など、シチュエーションに応じた釣竿が用意されています。

あの釣り場で使いたいから、この釣竿にしよう!は、全然ありですよね。

具体的にピックアップしてみましょう。

海の堤防で使う釣竿に求められるスペックは何でしょうか?

「長さ、かな!」

堤防は海水面から結構高い位置に設置されていますから、足場の高いところでも扱いやすい釣竿といえば、一定の長さを持ったものがマッチしそうです。

振出式の磯竿なら、5メートル前後まで伸びるものが用意されていますし、延べ竿なら7メートルクラスも選べますよ。

初心者アングラーが使うことを考えると、長過ぎて重くなってしまっては操作性が落ちます。

おすすめは、振出式の磯竿なら4.5メートル前後、延べ竿なら5メートル前後といったところでしょう。

「堤防で磯竿の4.5メートルなら、どんな魚を狙えるの?」

ウキを使ったフカセ釣りを実践できますから、釣れる魚は多岐に渡ります。

グレやチヌ・シーバス・タチウオ・イサキ・カサゴ・メバル・アイナメ・ソイなどが挙げられるでしょう。

また4.5メートルならサビキ仕掛けを操るのにも適しています。

オキアミなどの撒き餌をコマセカゴに入れて、サビキ仕掛けを上下させると、イワシやアジ・サバなどを大量に釣り上げることができるでしょう。

リールは、スピニングリールの2500番から3000番程度の大きさのものを装着すれば、さまざまな対象魚に対応可能です。

「これはもう必ず揃えたくなってきたよ!」

延べ竿もダイレクト感があって楽しいのですが、海には潮の満ち引きがあるので、足場の高い堤防からのアプローチが不便になってしまうケースが出てきます。

リール付きでラインの送り出し・巻き取りのできる振出式の磯竿のほうが、万能タイプといえるかもしれませんね。

ルアーをキャストしてみたい!と考えているならこの釣竿!

餌釣りではなくルアーで魚にアプローチしたい人なら、手軽にキャスト可能なルアー用の釣竿を選びたいですね。

最近では、アジングゲームが脚光を浴びていて、実践しているアングラーが増えています。

持っているタックルを見てみると、細くて軽くて、コスメもカッコイイものばかり。

付いているスピニングリールはコンパクトですから、女性も扱いやすいでしょう。

初心者の人にとって、とても順応しやすい釣竿ですから、ぜひ使ってみることをおすすめします。

具体的には、自分の身長と同じくらいの長さか、それより少し長め程度のものなら、振り回しやすいですよ。

6フィート前後のアジングゲームロッドで、1万円前後の価格帯のものなら、購入を検討しやすいのではないでしょうか。

モバイル系ロッドで釣りをする機会を増やそう!

釣竿の中には、とてもコンパクトに収納できてしまう、モバイル系ロッドがラインナップされるようになりました。

具体的には、仕舞寸法が50センチを下回るような、カバンやデイパックにスッポリ入ってしまう仕様の釣竿なのです。

となれば、旅行先や出張先へも持参しやすいでしょう。

釣りをする機会をグッと増やせるアイテムとして、注目に値する釣竿といえそうです。

いつも使う釣竿ができたら、次に持つべきはこういう使い方のできる釣竿がいいかもしれませんね。

初心者アングラーにおすすめの釣竿を選んでみた!

初心者アングラーに使ってもらいたい、おすすめの釣竿を取り上げてみましょう。

まずは、振出式の磯竿から。

さまざまな餌釣りを楽しむ上で、欠かせないアイテムといえるでしょう。

結構安価なものが揃っていますから、自分の予算に合わせて購入を検討できますよ。

宇崎日新 ロッド プロステージ ナンバーISO 2号 450

宇崎日新 ロッド プロステージ ナンバーISO 2号 450

最安値価格
¥8,380(amazon)

Amazonへ ¥8,380

楽天市場へ ¥8,382

Yahoo!へ ¥8,380

宇崎日新からリリースされている、振出式の磯竿です。

全長は4.50メートルなので、取り回ししやすく設計されていますよ。

継数は5本で仕舞寸法は107センチですから、持ち運びをとてもスムーズにおこなえるのがいいですね。

自重は165グラムと軽め、長い時間釣りをしていても疲れにくくなっています。

先径は1.2ミリで元径は22.2ミリ、錘負荷は1.5号から4号に設定されています。

適合するラインは、1号から4号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、77パーセントになっていますから、グラス素材の比率がやや高めですね。

その分しなやかに曲がり込んでくれるので、思わぬ大物が掛かっても、バラシを防いでくれるでしょう。

ガイドにはFUJI製のものが使われていて、リールシートはステンレス製LSシートを搭載しています。

グリップ部やリールシート部に、滑り防止処理を施していますよ。

実際に手にしてみると、細部に渡って丁寧な作り込みが成されている磯竿だと気づかされます。

メーカーのものづぐりに対する姿勢がよく表れていて、長く使える逸品ですよ。

初心者アングラーが頼りにしながら、さまざまな釣り場で活躍してくれるはずです。

実売価格は8千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に抑えられています。

4.5メートルサイズ以外にも豊富にラインナップされているので、釣り方に合わせて少しずつ増やしていくのもいいかもしれませんね。

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 59UL-S 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 59UL-S 釣り竿

最安値価格
¥7,260(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,700

楽天市場へ ¥7,360

Yahoo!へ ¥7,260

ダイワから発売されている、ショートレングスタイプのアジングゲーム用スピニングロッドです。

全長は1.75メートルなので、軽快に振り回せるのがいいですね。

2ピース仕様で、仕舞寸法は92センチにまで収めることができます。

釣り場までの持ち込みはもちろん、ポイント間の移動もスムーズにおこなえるでしょう。

自重は98グラムと軽めですから、シングルハンドでキャストしやすいバランスです。

ピシッと鋭く振り切ることで、軽いジグ単やミノー・シャッド・シンペンなどでも、しっかりと飛距離を伸ばすことが可能になります。

オーバーヘッドキャストはもちろん、サイドハンドやバックハンドキャストを丁寧に練習して、狙ったピンポイントへルアーを送り込んでみてください。

先径/元径は、0.8/8.9ミリと細めです。

適合するルアーウエイトは、0.3グラムから5グラムまで。

適合するモノフィラメントラインは、1ポンドから3ポンドまで使えますよ。

PEラインなら、0.15号から0.3号まで活用できます。

実際に手にしてみると、とてもしなやかで軽く作られている印象ですね。

ロッドティップからベリーにかけての曲がり込みもスムーズで、魚からの負荷が掛かってもきっちり追従してくれますよ。

張りがあり過ぎて弾いてしまうイメージはなく、キャストの際の曲がりも復元も俊敏ですね。

ガイドにラインが絡むトラブルが数回ありましたが、特に問題なく釣りを続けることができました。

実売価格は7千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

最初の海用ルアーロッドとして選び、アジングゲームやメッキ・カマスゲームなどを楽しんでみてはいかがでしょうか。

初心者が活用しやすい釣竿をしっかり選んで釣りを楽しもう!

初心者にマッチした釣竿の特徴や、おすすめのアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

最初に購入した釣竿をベースにして、自分に足りない部分を補うイメージで増やしていくと、納得のいく釣竿を揃えることができますよ。

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング