仕掛けのアップ写真

ルアー釣りを始めたい!初心者が習得しておきたい仕掛けの知識をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

釣りブームの到来で、初めてルアーをキャストする人が増えています。

ロッドとリールは購入したものの、いったいどんなふうにルアーを選んでセッティングすればいいのか、不安に感じているはず。

ここでは、ルアーをキャストするまでに準備しておきたい、仕掛けの知識をご紹介します。

「えっ、ルアーをラインに直接結んで投げればいいんじゃないの?」

そんな乱暴な・・。

ルアーをラインに結ぶまでにさまざまなパーツを取り付けて、釣りの仕掛けとして成立しなければなりません。

ルアーに生命感を付加するパーツを組み込みたい!どんな仕掛けにすればいいの?

ルアーには、ラインを結ぶためのラインアイが付いています。

ここにラインを結べば、そのままキャストできてしまうのですが、水中を泳ぐルアーを観察してください。

なんだかぎこちないでしょう?

ラインの結び目は、結ぶ人によって形状や向きが若干変わります。

それがそのままルアーの泳ぎに影響を与えてしまっているのです。

せっかく選んだルアーなのに、実力を出し切れていないなんてもったいないですよね。

そこでルアー用の仕掛けとして組み込みたいのが、スナップです。

金属製で剛性・耐久性があるので、小さくても負荷に耐えられるように設計されていますよ。

何より素晴らしいのは、その丸みを帯びたカタチです。

スナップを装着すると、ラインアイも丸みでスナップも丸み。

お互いに接点は1ヵ所に絞り込まれていて、可動範囲がとても広いのが分かります。

ラインアイのところに、ひとつ滑らかに動く関節ができたような状態に。

スナップのもう一端にはラインを結びますから、このセッティングでキャストをおこなってください。

着水したルアーをリトリーブすると、左右にほぼ均等にボディを揺らし始めます。

その振り幅はワイドで、とてもキレのあるアクションを伴なっていますよ。

まさに生命感が溢れ出ているかのようなアピール度、これこそが魚がバイトしてくる要因なのです。

ルアーに用いる仕掛けパーツとして、無くてはならない存在といえるでしょう。

このスナップ、サイズが細分化されていて豊富に用意されています。

軽量なルアーには小さなスナップを、重いルアーにはその負荷に耐えられる大きいスナップを取り付けてください。

あまり大きなスナップを装着すると、ルアーのアクションが阻害されるので注意しましょう。

揃えておきたいのは、極小サイズから3番手ぐらいまでのサイズでしょうか。

ルアー用オモリ=シンカーにも注目!

ルアー用の仕掛けパーツとして、オモリも用意しておきたいてすね。

ルアー釣りではオモリのことをシンカーと呼びますが、シンカーにはさまざまな種類があります。

中通しになっているもの、噛み潰し形状になっているもの、スイベルやライン止めが突き出ているもの等々。

釘のカタチをしたものまでありますから、釣りをしながら各種リグの必要に迫られたときに、ひとつずつ買い足していくのがおすすめです。

ワームを使うときにフックも購入することになりますが、それらにマッチしたシンカーを選ぶようにしましょう。

中通しのシンカーを用いるテキサスリグから覚えると、根掛かりの心配がほぼ無いですから、積極的にポイントを攻めることができますよ。

PEラインとショックリーダーラインの結び方もマスターしよう!

ルアー釣りにPEラインを用いるようになりましたから、PEラインの先端にショックリーダーラインを結ぶ必要が生まれてきました。

ラインとラインを結ぶ作業は、ルアー釣り初心者にとってひと苦労でしょう。

こればかりは慣れるしかありませんので、自宅で時間を見つけては、結ぶ練習をおこなってください。

ショックリーダーラインの存在そのものが、ルアー仕掛けといえそうですが、なかなか高いハードルとなっています。

動画をスマホで観ながら練習すると、短時間で習得できるかもしれませんよ。

ルアーをキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

ルアーをキャストして広範囲をチェックするのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ロングキャストするなら、スピニングタックルがおすすめです。

流行りのライトソルトウォーターゲーム用なら、ウエイトの軽いものが揃っていて扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S64UL-S

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S64UL-S

最安値価格
¥8,315(amazon)

Amazonへ ¥8,315

楽天市場へ ¥8,316

Yahoo!へ ¥8,315

シマノから発売中の、ライトソルトウォーターゲーム専用スピニングロッドです。

さほど長くはないので、軽いルアーを繰り返しキャストするのに向いていますよ。

全長は1.93メートルで2ピース仕様、仕舞寸法は99.0センチにまで縮まりますから、釣り場まで持ち込むのが楽ですよね。

自重はたったの65グラムしかありませんので、長い時間釣りを満喫できます。

先径は0.8ミリと細めで、適合するルアーウェイトは最大6グラムまで。

適合するPEラインは、0.1号から0.4号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86.3パーセントです。

実際に手にしてみると、軽さは感じられるものの張りもじゅうぶんにあって、大型メバルが食い付いてきてもじっくり対処することができます。

アジはもちろん、メッキやカマスのルアー釣りにも対応できるのがいいですね。

実売価格は8千円前後と、とても安い価格帯に収まっています。

ルアーの仕掛けを適切に組んで釣りを楽しもう!

ルアーの仕掛けパーツの特徴や役割、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

まずはスナップを確保して、その使い方からマスターすると、最初の1匹を手にするのにさほど時間はかからないでしょう。

ルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング