ルアーのアップ写真

邪道ルアー特集!シーバスゲームを盛り上げる人気ブランドのおすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームに夢中になる人が増えていますが、ラインに結んでいるルアーが気になりますよね。

当然よく釣れるアイテムを、アングラー個々に選んでいるはず。

ここでは、関西を中心に人気のブランド・邪道ルアーを特集します。

「ヨレヨレとかレインとか使っている人多いよね!」

河口域や沖の一文字など、シーバスアングラーが集まる場所に邪道ルアーあり!といったところでしょうか。

印象深いデザインのものが多く、個性的で扱いやすいので、実際に使ってみたインプレも載せてみましょう。

邪道ルアーとは

邪道ルアーとは、兵庫県西宮市に拠点を置くバレーヒル(=谷山商事)が展開する、シーバスゲーム用ルアーブランドのことです。

藤澤周郷モデルや村岡昌憲モデル、大野ゆうきモデルなどの有名シーバスアングラーがプロデュース、個性豊かなデザインから選べるようになっていますよ。

シーバスゲームは、釣り場で刻々と変わっていくシチュエーションに対応しなければなりません。

潮や風・水の濁り・ベイトフィッシュの種類やサイズ等々、それらを加味して最も適切なルアーをラインに結ぼうとすれば、豊富な種類が無ければ難しいでしょう。

邪道ルアーブランドでは、フローティング仕様からシンキング仕様まで、流行りのスピンテールジグ系や定番のミノーフォルム系も揃っているので、該当するアイテムを見つけやすくなっていますよ。

またキャスタビリティを向上したものや、カラーバリエーションの際立ったものが充実しているので、他メーカーメインでゲームを組み立てていた人でも、カンタンに邪道ルアーに移れるメリットがあります。

まずは自分の身近にあるポイントへ出向いて、そのポテンシャルを確かめてみてください。

「めっちゃ飛ぶじゃん!」、「手元に伝わってくる振動が分かりやすいよね!」という声が聞こえてきそうです。

邪道ルアーの人気アイテム・スーサン

邪道ルアーには、人気のルアーアイテムが揃っています。

中でも外せないのは、シンプルで可愛いフォルムの『スーサン』でしょう。

リップレス系デザインで75ミリ・7グラムとひと口サイズ。

ハイピッチなローリングアクションを発生し、レンジキープして操ることが可能です。

ただ巻きだけでシーバスを誘い出せるのは嬉しいですね。

水面直下の水深50センチ辺りのレンジを丁寧に探れますし、圧倒的な飛距離も期待できるように仕上げられています。

シーバスが意識するレンジで、効果的に躍らせることが可能なコンパクトルアーといえるでしょう。

レインを使いこなしてシーバスを誘い出そう!

邪道ルアーで人気のルアーほもうひとつ挙げるとすれば、『レイン=冷音』でしょうか。

鉄板系バイブレーションで、14グラムと24グラムの2つのウエイトを用意してくれていますから、トレースしたい水深をただ巻きで通せますし、そこからロッドワークを駆使してダートアクションに切り換えていくのも容易です。

縦ジャークに対するレスポンスもよく、キルを入れてからの姿勢制御→再起動タイトアクションのキレも見事ですね。

広範囲をチェックするのに向いていますから、風の強いシチュエーションでも積極的に攻めの釣りスタイルを貫けるでしょう。

カラーバリエーションが豊富なのも、対応範囲を効果的に広げられる要因となっています。

これのコンパクトサイズ・タイニーレインのリリースも待ち遠しいですね。

邪道ルアーのおすすめアイテムをピックアップ!

それでは、邪道ルアーの中からおすすめのルアーを取り上げてみましょう。

実際にシーバスゲームの中で使ってみたインプレを交えて、詳しくご紹介します。

どれも扱いやすい印象で、よく釣れるのは間違いありません。

飛距離を伸ばしやすいのも、大きなメリットといえるでしょう。

バレーヒル(ValleyHill) ミノー 邪道 ヨレヨレ80 YU-1 ゆうきSP ルアー

バレーヒル(ValleyHill) ミノー 邪道 ヨレヨレ80 YU-1 ゆうきSP ルアー

参考価格:¥1,660

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

邪道ルアーのヨレヨレは、シーバスアングラー・藤澤周郷さんがプロデュースした硬質発泡素材ルアーです。

リップレスなので、ミノーのアクションにシーバスが反応してこないときなどに、ヨレヨレに切り替えるとバイトを誘発できますよ。

サイズは2種類、80ミリ・17グラムと、68ミリ・13グラムから選ぶことが可能です。

素早く沈めたり遠投したいケースでは、80ミリのほうが扱いやすいですし、シーバスが追いかけているベイトフィッシュが小さければ68ミリを選択したいところですね。

実際に使ってみたインプレとして、やはり素材の良さが効いていると体感できました。

中身が空洞でなく詰まっているソリッドボディですから、アクションに木製ルアーのようなキレと水押し感がありますよね。

飛距離も同サイズの他のルアーより伸びますから、広範囲を手返しよく探るのにも向いています。

ひったくっていくようなバイトが多いのですが、ロッドを立てて全体的に曲がってからリールハンドルを回してフッキングすると、バレる確率を軽減できます。

後は曲がりをキープしながら引き寄せれば、ランディングも難しくはないでしょう。

やってはいけないのは、バイトを感じてすぐにフッキング動作に移ること。

口の中でモゴモゴさせてあげる間を与えれば、フックの掛かりはより一層しっかりしたものになります。

バレーヒル(ValleyHill) スピンテールジグ 邪道 クルクル ファーストアタック 45mm 20g バーストメテオ #5 38557 ルアー

バレーヒル(ValleyHill) スピンテールジグ 邪道 クルクル ファーストアタック 45mm 20g バーストメテオ #5 38557 ルアー

参考価格:¥1,220

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

邪道ルアーからリリースされているスピンテールジグです。

飛距離の伸びと沈下速度のアップを実現していて、とても浮き上がりにくいのが特徴です。

これによりボトムトレースが可能になり、ボトム付近に張り付いている日中のシーバスなどを、効果的に誘うことができます。

スイミングしている際の姿勢は、ミノーとよく似た姿勢をキープ。

ロングワイヤー仕様なので、その先端にぶら下がっているブレードへのバイトを減らし、ボディを食わせることに徹底したデザインとなっています。

ブレードバイトは、フッキングを遅めにすることである程度防ぐことができますよ。

実際にキャストしてみましたが、20グラム・28グラムともによく飛んでくれます。

リトリーブを開始してもあまり浮き上がろうとしないのが嬉しいですね。

ボトム付近を丁寧に探っていると、マゴチやチヌに襲われることも。

日中のシーバスゲームを展開するには、欠かせない存在となってくれるでしょう。

沖の一文字防波堤などに渡って、壁際の深い水深をきっちりトレースしたいときに重宝しますよ。

バレーヒル(ValleyHill) ミノー 邪道 グラバー Hi 89S 89mm 13.5g ブラックポーション #14 ルアー

バレーヒル(ValleyHill) ミノー 邪道 グラバー Hi 89S 89mm 13.5g ブラックポーション #14 ルアー

参考価格:¥1,980

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

有名な大野ゆうきさんプロデュースのシンキングミノーです。

ロッドを立てた角度でリトリーブを開始すると、水面直下を高速でトレースすることができますよ。

スローにリトリーブすれば、幅の狭いS字を描くアクションを発生、まるでシンキングペンシルのようですね。

ミノーの定番アクションにシーバスが反応しない場合に、とても有効ですから試してみてください。

また通常ミノーでは泳がせるのが難しい速い流れの中で、安定したアクションを発生させることも可能です。

実際に使ってみると、早巻きに対してしっかりとタイトなウォブリングやローリングを発生させてくれるイメージです。

それが日中のシーバスに効果的で、まるで鼻先で当たってくるようなバイトを連発しますよ。

そういうバイトのときは、立てているロッドを前方向に倒して、ラインにややたるみを作ってリトリーブを実施します。

バイトの瞬間たるみが消えて、ラインがピーンと張りますから、それを目視してからフッキング動作に入るようにしましょう。

リアのトレブルフックを1サイズ上げてもいいのですが、その際は細軸タイプの軽量なフックにするほうが、タイトなアクションを相殺せずに済みますよ。

結構釣果に影響が出るので、注意してセッティングをするようにしましょう。

邪道ルアーを駆使してシーバスゲームを楽しもう!

邪道ルアーの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

コンパクトなひと口サイズのものが多いので、さまざまなシチュエーションで効率よく活躍してくれるでしょう。

なかなかシーバスが口を使ってくれないようなタフコンディションで、邪道ルアーを取り出してアプローチしたいですね。

コンクリート岸壁などに強く当てると、破損してしまう可能性があるので、丁寧に正確にキャストすることを心がけてください。

また周囲に他のシーバスアングラーがいないか、じゅうぶんに確認してからキャストに移るようにしましょう。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング