ジグヘッドのアップ写真

ジグヘッドにワームをセットしてヒラメを釣りたい!おすすめアイテムはコレでキマリ

FISHING JAPAN 編集部

ジグヘッドにワームをセットしてキャストすれば、バスやアジ・メバルなどを効率よく釣ることができます。

最近では、この組み合わせをサーフ=砂浜でフルキャストして、大型のヒラメを狙っているアングラーが増えていますよ。

ここでは、サーフヒラメゲームにマッチした、ジグヘッド+ワームの使い方をご紹介しましょう。

「ヒラメって高級魚だから、カンタンには釣れないんでしょ?」

その通り!みんなと同じアプローチを繰り返していても、なかなか釣れません。

まずはヒラメの居場所を絞り込んでみましょう。

ジグヘッドとワームの組み合わせでヒラメを釣るにはどうすればいいの?

ジグヘッドとは、フックにオモリの付いたもので、オモリの部分がヘッドパーツとなって、スイミング姿勢やフォール姿勢を制御してくれるスグレモノです。

フックだけなら、このレベルまでコントロールすることは難しいでしょう。

ジグヘッドなら、意図した水深まで落とし込めますし、その水深を横方向にトレースすることもできます。

一旦ボトムまで落としてしまって、リフト&フォールでさまざまな層を同時に探ることも可能です。

その際、トレーラーとしてジグヘッドに装着したワームを、ズレずに固定した状態でスイミングさせられるのも、大きなメリットといえるでしょう。

ジグヘッドのウエイトを重くすれば、その分遠くまで届けることもできるようになります。

最近では、ヘッド部分がまるで魚の頭のようにデザインされたジグヘッドが、市販されるようになりました。

またワームをセットする部分のキーパーが発展していて、全くズレない固定も実現しています。

ラインアイの位置にも工夫が加えられ、ただ巻きするだけでボディが揺れるようなアクションを繰り出してくれますよ。

こうなると、キャストする釣り道具のほうは万全ですから、あとはヒラメの居場所を絞り込むだけになりますね。

ヒラメは、捕食対象であるベイトフィッシュの居るところに、必ず身を隠して潜んでいますよ。

釣り場に着いたら、サーフを眺めてベイトフィッシュの存在を探してみましょう。

水面にナブラが起きれば分かりやすいですが、そんな偶然は期待できません。

まず最初にやることは、あなた自身がサーフの波打ち際から離れることです。

ジグヘッド+ワームでアプローチする前にやっておきたいこと!

サーフでヒラメの居場所を探すのに、ベイトフィッシュの存在を見つけるようにしましょう。

波打ち際から少し離れるのは、アングラーの姿を水中から見られないようにするためです。

そうすると、ベイトフィッシュが緊張から解き放たれて、本来の動きをするようになりますよ。

実は波打ち際は、ヒラメやシーバスがベイトフィッシュを追い込む場所なのです。

それより先には海が無いのですから、ベイトフィッシュは逃げ場がなくなり、砂地の上へ打ち上げられるか、ヒラメやシーバスの待つ海へ戻るしかありません。

でも襲われている緊急時に、二者択一の判断はできないでしょう。

ベイトフィッシュは、舞い上がるようにして水の無い砂地へその身を晒します。

その様を確認できたら、その場からジグヘッド+ワームを波打ち際の少し沖へキャストしてください。

5メートルも沖でなくてかまいません。

もう波打ち際寸前まで、ヒラメのほうから出向いてくれているのですから。

波打ち際から離れた立ち位置でジグヘッド+ワームをキャスト!

ウェーディングスーツに身を包んでいるからといって、最初のアプローチから足を海に浸ける必要はありません。

波打ち際を狙うのに、波打ち際に立つのもおかしいですよね。

だから離れた場所に立って、場にかかるプレッシャーを極力抑えてから、ジグヘッド+ワームでアフローチするわけです。

おすすめの時間帯は、朝マズメがいいでしょう。

他の時間帯よりもベイトフィッシュが接岸している可能性が高まるからです。

丁寧にショートキャストして、砂地へ逃げ込む様子を演じてみてください。

ジグヘッドにセットしたいおすすめのワームを選んでみた!

ヒラメ狙いのジグヘッドにセットしたい、おすすめのワームを取り上げてみましょう。

シャッドテール系ワームなら、波打ち際でも艶めかしくアクションしてくれますよ。

短い移動距離で初動の素早いものが、ヒラメの食い付きを上げるでしょう。

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ルアー アバカスシャッド4.3 #005 グリパンブルーフレーク

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ルアー アバカスシャッド4.3 #005 グリパンブルーフレーク

最安値価格
¥790(楽天市場)

Amazonへ ¥1,056

楽天市場へ ¥790

Yahoo!へ ¥790

フラッシュユニオンから発売中の、シャッドテール系ワームです。

サイズは4.3インチとボリュームがあって、水中でのディスプレイスメントも高め。

ボディ全体に刻まれたリブが、ワームの周囲の水をくるりとひねり剥がしてくれるでしょう。

また独特の形状をしたテールパーツが、大きなウォブリングを発生させます。

それに呼応して2本のアームが震えるようになり、全体的な生命感が高まるようになっています。

ボトムをズル引きしてもかまいませんし、リフトして落とし込んでもいいでしょう。

ヒラメのアタリは明確に出ますから、しっかりロッドを立てながらリールハンドルを回して、フックを貫通させてください。

実売価格は800円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定しています。

ジグヘッド+ワームを使いこなして大型ヒラメを釣り上げよう!

ジグヘッド+ワームの使い方やヒラメ釣りのアプローチ方法、おすすめのワームをご紹介しましたが、いかがでしたか?

当然ジグヘッドの重さを利用して、沖合いへロングキャストしてもかまいません。

サーフのシチュエーションに合わせて、魚の位置を絞り込むようにしたいですね!

ジグヘッドの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング