ジグヘッドのアップ写真

ジグヘッドを自作してみよう!アジングやメバリングに活用可能なおすすめアイテム

FISHING JAPAN 編集部

アジングのジグ単アプローチで一躍注目されるようになったジグヘッド。

バス釣りやシーバスゲーム・メバリング・サーフヒラメゲーム・ロックフィッシュゲームなどでも、メインリグとしてよく用いられています。

でもよく引っ掛けてロストしてしまいがちですから、できれば安い費用で数多くキープしたいところ。

そこでおすすめなのが、ジグヘッドの自作です。

その作り方やおすすめのアイテムについて、詳しくご紹介しましょう。

ジグヘッドとは

ジグヘッドとは、フックにオモリを付加して重さを持たせた釣具のことです。

本来なら仕掛けの中で、フックとオモリは別々に離れて使われますが、一体化したほうが操作しやすいケースもあることから、ジグヘッドが開発されました。

さまざまな形や軽い・重いウエイトタイプが、各メーカーからリリースされていますよ。

自分の釣りスタイルや、ターゲットにしている対象魚に合わせて使い分けるのがベターでしょう。

例えば、アジングなら1グラムを切るような激軽+極小ジグヘッドが存在しています。

サーフヒラメゲーム用なら、40グラムを超えるような重いジグヘッドが、キャスタビリティに優れていて人気ですよ。

でもどのジグヘッドも、オープンエクスポージャータイプ、すなわちハリ先が剥き出しになっているものばかりで、岩礁帯などの複雑な地形で使ったら、カンタンに引っ掛かってしまうのです。

そういうロストのデメリットは、釣りの手返しを沈滞させますし、ストレスばかりが積み重ねられていきます。

何とか解消する方法はないものか、多くのアングラーが頭を悩ませていますよ。

ロストに対応するためにジグヘッドの自作に取り掛かろう!

ジグヘッドのロストストレスを解消するためには、ジグヘッドを自作してしまうのがいいかもしれませんね。

新しい完成品を購入するよりも安上がりですし、自分の欲しいウエイトのものを量産することができますから。

それでは、ジグヘッドの作り方について解説してみましょう。

といっても、そんなに難しいことではありません。

「ジグヘッドのヘッド部分の金型とか作って、溶かした鉛を流し込むんじゃないの?」

それだと金型作りから始めなければならないでしょう。

ずいぶんと手間がかかってしまいますから、そんな面倒なことはしませんよ。

用意するものは、ジグヘッド用にデザインされたフックとガン玉オモリ、そしてプライヤーです。

ジグヘッドの作り方

ジグヘッド用フックのラインアイに注目してください。

そこからスタートして初めて直角に近い角度で曲がっている箇所に、ガン玉を挟みます。

大きく開いてから挟んでかまいませんから装着できたらその上から、つまりガン玉にフックが挟まっている上から、プライヤーでつかみます。

しっかり留まっているのを確認できたら思いっきり力を込めて、ガン玉を潰しにかかりましょう。

鉛で出来ているガン玉が粉砕してしまうことはありませんが、フックを確実に挟み込んだ状態でガッチリ固定されてしまいます。

プライヤーを開いて取り出せば、自作ジグヘッドの完成です。

用いるガン玉のサイズを複数種類用意しておくと、ウエイトの異なるジグヘッドを量産することが可能ですよ。

フックもシャンクやゲイブの長さ・幅が異なるタイプを用意しておけば、さまざまなジグヘッドを作り出せるでしょう。

これでアジングも積極的に楽しむことができますよね。

ジグヘッドの自作をおこなうためのオススメアイテムはこちら!

ジグヘッドの自作を実際におこなってみましょう。

そのために必要なパーツは、まずはフックです。

通常のフックでは、ガン玉を装着する位置が定まりにくいですから、ジグヘッド用のフックを用いるのがおすすめです。

自作に慣れて来たら、さまざまなフックでジグヘッドにならないかどうか試してみるのもいいかもしれませんね。

オッズ(odz) レンジクロスフック 10本入り (M・4号)

オッズ(odz) レンジクロスフック 10本入り (M・4号)

最安値価格
¥330(amazon)

Amazonへ ¥330

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

土肥富マルトからリリースされている、アジング向きのジグヘッド用フックです。

フックの先端が、やや上向きにデザインされているのが特徴で、アジングのジグ単の釣りにおけるフォールアプローチに活用できますよ。

アジが食い付いた瞬間、上アゴを貫通できる仕組みになっています。

1パッケージに10本入っているので、ジグヘッドを10個作ることが可能です。

表面には流行りのフッ素コーティングが施されていますから、フッキング動作後の貫通の確率が高くなるでしょう。

バレることが減りますから、微細なアタリも積極的に掛けにいけるようになります。

挟んだガン玉の隙間に瞬間接着剤を流し込んでおくと、より強固に固定することができて安心ですよ。

実際に自作したジグヘッドを、ライトソルトゲームで試してみました。

アジはもちろん、メバルやメッキ・カマスなどをカンタンに釣ることができましたよ。

また40センチを超えるシーバスが掛かった際も、ガン玉が外れたりフックが曲がったりせずに、確実にランディングすることができました。

0.4号程度のエステルラインとの相性もバツグンですから、ぜひ使ってみてもらいたいですね。

土肥富マルトからは、他のデザインのジグヘッド用フックも発売されているので、そちらも利用しましょう。

第一精工 ガン玉100円 6B

第一精工 ガン玉100円 6B

最安値価格
¥68(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥68

第一精工からは、数多くの種類のガン玉が発売されています。

丸い形状のものから細長いものまで、重さも細かく分かれていますよ。

自分が作りたいと考えている形状・ウエイトに寄せていくことが可能ですから、理想的なジグヘッドが完成するかもしれませんね。

実売価格も100円前後と大変安く、これなら複数種類のガン玉を購入して自作と実釣テストを繰り返すことも可能です。

第一精工のガン玉は鉛製ですので、つまむと指先が汚れます。

作業が終わったらじゅうぶんに洗浄しておくことをおすすめします。

ちなみに、ガン玉をひとつだけではなく、2つ並べて装着するのも面白いですよ。

姿勢が安定して、横方向にスイミングさせると水平姿勢を保ちながら移動してくれます。

その際、ワームは通し刺しよりもゲイブにちょん掛けするほうが、スイム姿勢がより安定感を持つようになるでしょう。

またウエイトを落としたいときには、ニッパーでカンタンに削れる柔らかさも持ち合わせています。

瞬間接着剤との相性もよく、一旦接着すればなかなか外れないのも嬉しいですね。

ガン玉によく似たオモリなら、バス釣り用にスプリットショットがあります。

こちらも割れ目に凹凸が設けられていてフックに留まりやすいので、活用してみてください。

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) カハラ 6.5インチ カーボンスティールプライヤー

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) カハラ 6.5インチ カーボンスティールプライヤー

最安値価格
¥1,435(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,800

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,435

カハラジャパンからリリースされている釣り用プライヤーです。

ラバーグリップが滑りにくくて手のひらの中で安定するので、かしめ作業をするのにとても便利ですよ。

ガン玉自体が球体ですから、滑り出ないようにプライヤーの真ん中部分にしっかり置いてから、力を加えて挟み込んでください。

表面はサビに強いテフロン加工が施されていて、先端にはスプリットリングオープナーが付いています。

ラインカッターも支点近くに設けられていますから、釣り場に持ち込んであれこれと活用してみるのがいいかもしれませんね。

当然自作したジグヘッドを増締めするのにも使えますし、ジグヘッドを飲み込んだ魚から取り外すことにも使えるでしょう。

1本あれば釣りがスムーズに楽しめるようになります。

カハラジャパンからは、さまざまなサイズのプライヤーがリリースされていますから、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選んでください。

例えば、9インチのロングサイズタイプなら、大型魚のノドの奥に飲み込まれたフックでも、上手く取り出すことができるでしょう。

スプリットリングオープナータイプよりもストレートタイプのほうが、扱いやすいケースがあります。

ジグヘッドを自作して釣りを楽しもう!

ジグヘッドの作り方や、自作するのにおすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

とてもカンタンな作業なので、プライヤーなどの工具をあまり使った経験のない人でも作ることができるでしょう。

ちょっと大きくなり過ぎたかな?と感じたら、ニッパーでオモリ部分をカットすればOKです。

そうやってオリジナルのヘッド形状を生み出せますし、それがアジを爆釣するかもしれませんよ。

あらゆる可能性を秘めているのが、ジグヘッドの自作ですから、まだ未体験なら実行に移すべきでしょう。

フックの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング