ロッドのアップ写真

ヤマガブランクスのロッドって使ってる?ブルースナイパーシリーズでショアキャスティングゲームを楽しもう

FISHING JAPAN 編集部

ソルトウォーターゲームでショアジギングを楽しむ人が増えています。

さまざまなロッドがリリースされていますが、質実剛健なイメージなら、ヤマガブランクスのブルースナイパーシリーズは外せないでしょう。

ガイドがしっかり設置されていて、ブランクスのブレが抑えられているので、キャストの際の振り切りをとてもシャープにおこなえます。

ここでは、ヤマガブランクス・ブルースナイパーについて、インプレも交えながらご紹介しましょう。

ヤマガブランクスのブルースナイパーとは

ヤマガブランクスとは、九州・熊本県の山鹿市に拠点を置く、山鹿釣具のオリジナルブランドのことです。

2008年からスタートしていて、ブランクスの設計から巻きつけ・塗装・組み立てを丁寧におこなっていることで知られていますよ。

つまり、メイドインジャパンにこだわり続け、出荷までの全ての工程を自社工場で一貫して実施しているわけです。

そうすることで、製造・検査などの大切な部分を、設計者と職人が二人三脚でクオリティの高いものに仕上げることが可能になるのです。

実際にヤマガブランクスのロッドを手にしてみると、派手なコスメは排除されていて、釣りに必要なスペックだけが搭載されている感じがしますね。

リールをセットしたときの手持ちバランスは良好で、曲がり込みに対するガイドの配列にも納得。

魚が掛かって曲がってからの粘りは、このロッド独特の頼もしさ・扱いやすさが出ていますよ。

60センチ以上の青物を、ブルースナイパーの96MLや97MMHでよく掛けるのですが、まず初期走りをがっちり支えることができます。

美しい弧を描きつつも、魚に主導権を与えることなく、水面まで浮かせるのが非常に早いですよね。

硬くてパワーがあるからではなく、柔軟に曲がり込みながらもそれができてしまうのが、大きな強みといえるでしょう。

ブランクスがよく曲がることで、掛けた魚をバラシてしまうケースが極端に減ります。

それからキャストも安定して繰り返すことが可能になるので、手返しがバツグンによくなりますね。

もうちょっと柔らかいのがあってもいいのに!と考えていたら、103Lが追加されました。

充実したラインナップから、自分のやってみたい釣りスタイルにマッチしたものを選べます。

長く使い続けるロッドを探しているなら、ぜひ釣具店でヤマガブランクス・ブルースナイパーを手に取ってみてください。

ガイドにラインが絡み付いてしまうようなトラブルもほぼ皆無なので、テンポよくプラグやメタルジグをアプローチできるでしょう。

ヤマガブランクス・ブルースナイパーのデモンストレーション動画はこちら

ヤマガブランクス・ブルースナイパーをフィールドで使ってみた!

実際にヤマガブランクスのブルースナイパーをフィールドで使ってみました。

97MMHに関しては、とても振り切りやすいので、どんどんキャスト数を増やしながらテンポアップしたアプローチをおこなうことができます。

MパワーのティップにMHパワーのバットということですが、確かにロッドティップの柔軟な曲がり込みは使いやすいですね。

特に軽量なプラグやメタルジグをラインに結んだとき、着水してからの操作性が高まっていると体感できます。

急なバイトを弾いてしまうような展開は、皆無でしたから、安心して使い込めるロッドといえそうですね。

96MLMみたいなセッティングのロッドも、ぜひラインナップしてもらいたいところです。

サーフゲームにもバッチリ!大型ヒラメをブルースナイパーで釣りたい

ヤマガブランクスのブルースナイパーは、ひとつのモノサシのような役割を果たしています。

メイドインジャパンのクオリティならここまで出来る!というのが明確なので、海外OEM生産の他メーカーロッドと、比較しやすいのです。

もの足りなさを自分のタックルに感じているなら、ぜひヤマガブランクスのロッド群に触れてみてください。

細部の丁寧な作り込みに触れただけでも、納得できてしまうのではないでしょうか。

最近では、サーフゲームによるヒラメ・マゴチ・青物などにアプローチする人も増えてきました。

サーフでのスムーズなキャスティングを味わってしまったら、もうヤマガブランクスのロッドから離れられなくなるかもしれませんね。

ヤマガブランクス・ブルースナイパーにマッチするおすすめリールをピックアップ!

ヤマガブランクスのブルースナイパーに装着して使いたい、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

4000番から5000番クラスなら、ショアジギングゲームを展開するのに丁度いいですね。

PEラインも2号まで太くすると、少々の衝撃があっても破断に至ることは防げるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

最安値価格
¥35,329(amazon)

Amazonへ ¥35,329

楽天市場へ ¥35,420

シマノからリリースされている、新しいツインパワーの4000番です。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転で101センチのラインを巻き取れるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/ 11.0キロです。

自重は260グラムに抑えられているので、とても扱いやすいですよ。

スプール寸法は、直径52ミリでストロークは19ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら2号を240メートル巻けますよ。

実際に手にしてみると、ガッチリした剛性でハンドル・ローター回転ともにスムーズ。

実売価格は3万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ヤマガブランクスのブルースナイパーとともに使い込むのなら、この頑丈なスピニングリールがおすすめです。

ヤマガブランクス・ブルースナイパーを駆使してショアジギングを楽しもう!

ヤマガブランクス・ブルースナイパーの特徴やインプレ、マッチするおすすめリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

長くそばに置いて、使い続けられる質感がありますから、お気に入りの1本を選び出してみましょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング